【弥生賞 2017 予想】田辺裕信が快進撃を続ける理由とは?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 弥生賞 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)
※大宰府特別と大阪城Sの予想は無料メルマガ限定で配信致します。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年3月5日分の予想を公開します。

こちらの記事では

弥生賞(中山11R 発走予定時刻15:45)

についての予想および見解をお伝えします。

☆最近の的中報告☆
今年はシルクロードステークス◎ダンスディレクターから相手5頭
メルマガ限定配信でしたが、◎△△で的中しました。
馬連2270円、馬単4710円、3連複7860円・3連単40820円とまずまずの配当。

先月は川崎記念で◎オールブラッシュ→○サウンドトゥルーで
馬連1,760円、馬単4,730円を2点でズバリ的中させております。

デイリー杯クイーンカップ、◎△△で3連複1170円、3連単6820円。
続く京都記念はサトノクラウンの連覇と読み、4頭だけ印を打って◎▲△決着。
3連複1880円ながら、3連単は16070円を的中させ・・・
さらに共同通信杯、○△◎の3連複2260円を4点で仕留めました!

昨日はチューリップ賞を3連複○▲◎の1点で的中しております。
みなさま、おめでとうございます&ありがとうございます!


今年は中山2000mで脅威の成績、勝率42.9%!

田辺裕信騎手が、中山の芝2000mで随分調子が良くなっています。

今年は中山のダートで勝ちすぎな印象すらありますが、例年だと東京と中山だと東京の勝ち星が多めになる事もあるぐらいなので、

中山の芝成績で極端に良い相性になるのは、結構珍しい現象でもあります。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年 3-1-0-3/7 42.9% 57.1% 57.1% 245 100
2016年 6-5-1-17/29 20.7% 37.9% 41.4% 84 86
2015年 2-3-6-22/33 6.1% 15.2% 33.3% 66 89
2014年 0-1-4-20/25 0.0% 4.0% 20.0% 0 70
2013年 5-4-0-15/24 20.8% 37.5% 37.5% 165 114
2012年 1-2-2-28/33 3.0% 9.1% 15.2% 11 26

ここ最近に限らず過去5年まで遡ってみても、中山の芝2000mで昨年の6勝でも相当凄いと言えます。

しかし今年はすでに1月ちょっとしか開催されていない中山なのに、もう3勝。

更に言えば、コマノインパルスの前走・京成杯で重賞まで勝っているし、

中山金杯でもクラリティスカイを先行させて2着に持ってくるなど、騎乗馬の実力をしっかり出し切っている騎乗がだいぶ増えています。

大きな違いは「届かなかったケースが届いている」こと

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年 2-1-0-0/3 66.7% 100.0% 100.0% 193 170
2016年 1-2-0-8/11 9.1% 27.3% 27.3% 22 68
2015年 0-2-2-6/10 0.0% 20.0% 40.0% 0 107
2014年 0-1-2-9/12 0.0% 8.3% 25.0% 0 112
2013年 2-2-0-4/8 25.0% 50.0% 50.0% 116 133
2012年 0-1-1-15/17 0.0% 5.9% 11.8% 0 23

先程の成績を特別戦に限定すると、田辺裕信騎手は今年、中山芝2000mで行われているレース。

特に特別戦(重賞を含む)で強い事がわかります。

しかし、なんでまたこうなったのか?が大事で、そこに切り込んでいきます。

まず、目立つのは上がりの脚が発揮されると馬券になりやすいという事です。

え?

そんなの普通だろって?

まぁまぁ、少しデータを見てくださいよ。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 200 110
2016年 1-1-0-1/3 33.3% 66.7% 66.7% 83 86
2015年 0-1-1-1/3 0.0% 33.3% 66.7% 0 203
2014年 0-1-1-1/3 0.0% 33.3% 66.7% 0 380
2013年 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0% 0 130
2012年 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0% 0 70

まずは特別戦で上がり最速時の成績を、年別に別けてみたものです。

以前よりも勝ちきるようになっています。

続いて、上がり2~3位の成績を見てみましょう。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 380 140
2016年 0-1-0-0/1 0.0% 100.0% 100.0% 0 490
2015年 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2014年 0-0-1-2/3 0.0% 0.0% 33.3% 0 70
2013年 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 340 130
2012年 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

つまり、今まで上がりの脚を繰り出して届いていなかったケースがあったのに、

より先頭に近い位置まで届くようになっています。

これは単純に「田辺裕信騎手の馬質が上がった」と考えるのではなく、

芝コースのエアレーション作業による、差し馬向きの馬場バイアスが大きいと考える方が自然です。

またここ最近ではよく見られる傾向ですが、最後の直線で追うときの動作を見ていると、

上下方向にぶれる様な動きが、かなり減っている事が解かるのではないかと思います。

より騎乗馬を邪魔しないフォームへと進化しているので、これまでだったら4~5着だったのが3着以上へ。

2~3着の惜敗だったレースも1着になる。

こう言う現象が起きているのです。

大事な事を忘れていました。対戦相手が弱かったのでは?

ここまでは順当に「上手くなった」+「馬場が味方した」と言う結論で良いと思いますが、

結局のところ、田辺裕信騎手が勝ち出したのは

対戦相手によるところもあるのでは?

と言う意見も当然出てくるはずです。

それを裏付けるのが中山芝2000mで、過去3年間で上がり最速時の成績を騎手別にまとめたものです。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
戸崎圭太 5-1-0-1/7 71.4% 85.7% 85.7% 214 120
C.ルメー 3-0-0-0/3 100.0% 100.0% 100.0% 193 113
田辺裕信 2-3-2-3/10 20.0% 50.0% 70.0% 45 212
川田将雅 1-1-1-0/3 33.3% 66.7% 100.0% 176 190
蛯名正義 1-0-0-1/2 50.0% 50.0% 50.0% 155 75
北村宏司 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 930 250
横山典弘 0-1-2-4/7 0.0% 14.3% 42.9% 0 117
福永祐一 0-0-1-0/1 0.0% 0.0% 100.0% 0 400

このように、上がり最速時の成績はかなりのものを残している田辺裕信騎手ですが、

勝利数や勝率・複勝率などを見てもやはり上には上が居ます。

結局、他に強いライバルが居なかったから勝ちをしっかり拾えたのであって、

力が全く同じ相手と対峙すると、騎手の差で取りこぼす状態からはまだ抜けていないと、考えていいはずです。

先程のデータを、特別戦×上がり3位以内で再度抽出し、複勝率順に並べるとこうなります。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
川田将雅 2-1-1-0/4 50.0% 75.0% 100.0% 172 170
C.ルメー 7-4-2-2/15 46.7% 73.3% 86.7% 94 107
戸崎圭太 13-7-4-8/32 40.6% 62.5% 75.0% 132 144
田辺裕信 10-7-6-10/33 30.3% 51.5% 69.7% 186 179
福永祐一 1-2-1-2/6 16.7% 50.0% 66.7% 105 163
蛯名正義 8-4-2-9/23 34.8% 52.2% 60.9% 239 170
北村宏司 3-4-6-11/24 12.5% 29.2% 54.2% 132 100
A.シュタ 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0% 0 375
横山典弘 0-4-4-15/23 0.0% 17.4% 34.8% 0 81
大野拓弥 4-0-1-11/16 25.0% 25.0% 31.3% 502 140

田辺裕信騎手は4番手。

強い相手と対戦する今回は、例え実績でリードしていても決め手較べが大きく響いてくるはずです。

勝率も4番手ですが連対率は5番手なので、連対率で上回る騎手をどのように相手にしていくのかも注目の一戦となりそうです。

そう言う点では実績のある騎乗馬に乗ってくる福永祐一騎手とは僅差。

リードを作っておきたいところではありますが、さすがにこれでは逆転は致し方ないでしょう。

2017年の弥生賞はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

福永祐一騎手

騎乗馬:⑪カデナ
前で引っ張るような馬も居ない少頭数の決戦なら、これまで見せてきた圧倒的な末脚の違いが活きてくる。近年は鞍上の成績も外枠でこそ見直したい点があり、本番を前にやや余裕残しの仕上がりだがここは通過点を無事にクリアするだけでなく、中身も濃い結果を残してくる。

**(2つ星評価)

川田将雅騎手

騎乗馬:③グローブシアター

前走よりも追走は楽になる分、巻き返してくるとしたらこの騎乗馬をエスコートするこの騎手。中山実績は十分なものがあり、この時期には毎回のように馬券に絡む活躍ぶりは昨年でも実証済み。坂路とウッドを併用して中身の濃い調整をしてきており、もう少し上の着順まで際どく迫れるだけの力を発揮してくれるはず。

*****************************
A.シュタルケ騎手

騎乗馬:⑤サトノマックス

本当に良くなるのはこれからと言う存在なのに、間に合うからと言ってクラシック路線に乗せたくなるほどの素材なのは師も認めるところ。短期免許で重用してくれる以上は結果を出さないといけないはずだし、あくまでもスローの瞬発力勝負なら新馬戦以上のものは出せる力はある。リズム良く追う事が出来れば重賞実績のある馬相手でも。

*(1つ星評価)

北村宏司騎手

騎乗馬:⑦ダイワギャグニー

実力が無ければ2連勝で重賞までは来られないとは言え、鞍上は追うと言うよりも騎乗馬を刺激するだけでもあるので、互角の脚色で同じ地点から追い始めたら流石に不利なのは否めないのが難点。だからこそ早めに4コーナーを回って押し切らないといけないが、相手が完璧に乗ってきたらひとたまりも無いのは騎乗馬の実力以上に、騎手のテクニックを発揮するタイプの違いが明確だからでしょう。

*****************************

田辺裕信騎手

騎乗馬:⑦コマノインパルス

思っている以上にタフな競馬には強く、スタミナ較べでも大丈夫な実力は示しているが今回は真逆の競馬を強いられそう。切れ負けしやすいタイプだし、先に仕掛ければ良い目標にされてしまうとなると大胆な作戦に打って出ても良い結果に直結するかどうか。相手が一気に強くなり、騎乗馬にとってはかなり不利なレース展開を自ら振り切ってしまい、押し切るだけの事が出来るか。

*****************************

戸崎圭太騎手

騎乗馬:①ベストアプローチ

相手なりに戦えるだけの力はあるし、位置取りの差で負けた前走もしっかりと脚は使っているように末脚較べならヒケはとらない。よりタフな流れになったときの脆さはあるが、少頭数の絶好枠を生かした位置取り次第では、近年のコース実績ナンバーワン騎手で、大健闘以上の着順があっても驚けない。

*****************************
以上、弥生賞の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末の土曜・日曜も、中山・阪神・小倉の各場メインレースの予想を無料でお届けします。。
日曜は弥生賞(中山)の最終判断に加えて、大阪城Sや大宰府特別についても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

今年は1月にシルクロードステークスで◎△△が的中しました。更なる的中を目指し、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


来週の注目騎手・展望をお届けするメルマガも創刊しました

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)


〔PR〕『業界初の馬券術で』あなたの競馬を“もっと簡単にもっと的中”させます。

◇──────────────◇

     【業界初!】
   的中に特化した競馬指数

    ~ コラボ指数 ~

 ■レース・買い目を絞れ
 ■3連単の的中率は30%オーバー
 ■穴馬もいとも簡単に捕えてしまう

    ↓しかも・・・↓

\買い目出しまでの時間わずか30秒/

    これさえあれば、
 競馬予想に1mmも悩む必要なし!

↓コラボ指数はこちらから閲覧可能↓


────────────────
  一刻も早く気付いてください
人間の競馬予想では稼げない事に。
────────────────

あなたは今週も競馬新聞を使って、
ウンウン唸って競馬予想をするのでしょうか?

好きな予想家の予想を参考にするのでしょうか?

確かに、

競馬予想は楽しいですよね。
知識豊富な予想家は頼りがいがありますよね。

でも・・・

「今、あなたは稼げてますか?」

恐らく堂々と“競馬で稼いでいる!”と
言える人は極々わずかでしょう。

稼げていない人は共通点があります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それは、

人間が競馬予想をしているという事。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  人人_人_人_人_人_人人 

     人間の予想では
  何億年経っても稼げませんよ

  ∨ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄∨  

なぜか?

競馬で稼ぐ事において、
最も大切な事は競馬データだからです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

結局は競馬ファンもプロの予想家も

血統
ローテーション
相手関係
調教
適正
馬場状態



このようなデータを見て予想しています。

実際、
色々な条件を見ないと的中精度は上がりません。

そんな複雑な競馬予想を
わざわざ人の頭で行う必要があるのでしょうか?

『いいえ、必要ありません。』

 〝コンピューターに任せる”

『これが正解です。』

なぜなら、
同じ量の情報を使い予想するなら、
100%コンピューターの方が正確なのですから。

     そして、

人の予想よりも
~~~~~~~~~~~~~
膨大な量の情報を扱い、
精度の高い結果を生みだす。
~~~~~~~~~~~~~

この事を実現したのが『コラボ指数』です。

どれほどの実力なのかは、
一度コラボ指数をご覧ください。

コラボ指数はきっと、

あなたの競馬人生にとって、
必要不可欠な存在となるでしょう。
↓↓↓
http://collabo-n.com/

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP