【高松宮記念 2017 予想】M.デムーロに許された時間は「0秒7」

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 高松宮記念 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)
※3/26日分の六甲S・マーチSの予想は、無料メルマガ限定で配信致します。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年3月26日分の予想を公開します。

こちらの記事では

高松宮記念(中京11R 発走予定時刻15:40)

についての予想および見解をお伝えします。

☆最近の的中報告☆
今年はシルクロードステークス◎ダンスディレクターから相手5頭
メルマガ限定配信でしたが、◎△△で的中しました。
馬連2270円、馬単4710円、3連複7860円・3連単40820円とまずまずの配当。

先月は川崎記念で◎オールブラッシュ→○サウンドトゥルーで
馬連1,760円、馬単4,730円を2点でズバリ的中させております。

デイリー杯クイーンカップ、◎△△で3連複1170円、3連単6820円。
続く京都記念はサトノクラウンの連覇と読み、4頭だけ印を打って◎▲△決着。
3連複1880円ながら、3連単は16070円を的中させ・・・
さらに共同通信杯、○△◎の3連複2260円を4点で仕留めました!

チューリップ賞を3連複○▲◎の1点で的中しております。
みなさま、おめでとうございます&ありがとうございます!


レッドファルクスは強い。しかし、ひとつ懸念材料が・・・

改めまして

みなさまごきげんよう、多幸です。

POGで指名しているファンディーナが皐月賞に参戦するわ、

日経賞で2つ星評価(○とか▲と言う事)していたミライヘノツバサ・アドマイヤデウスは揃って馬券圏内へと突っ込んでくるわ、

嬉しい事もいっぱいのバタバタな一日でした。

日本時間の3/25深夜、ドバイワールドカップなどレースはありますが、

今回は騎手データがどうにも取れない騎手が何人か居ますので、今回は特集しない事にしました。(ゴメンナサイ)

でも、日本馬も外国の馬も、みんなガンバレ!って言う姿勢は変わりません。

見応えのある良いレースをしてきて欲しいです。

では、そろそろ高松宮記念の話に移りましょう。

前売り1番人気は、昨年のスプリンターズステークスを制したレッドファルクス。

しかも鞍上は、M.デムーロ騎手ですものね。

今年に入ってからの重賞成績は・・・

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
M.デムー 6-0-1-6/13 46.2% 46.2% 53.8%

いやー、もうスーパーマリオブラザーズで言うところの、スターを獲ってピカピカ光っているような状態ですよね。

こりゃあ、1番人気にもなりますよ。

でも、ちょっとだけ待った。

それならなぜ、暮れの香港スプリントで大敗したのでしょう?

つまり、何か理由があると考えないと説明が付かないと思いませんか?

海外遠征だから負けたのではなく、合わない芝が存在する

もともとレッドファルクスは、昨年の5月末までダート戦を走っていたりするなど、

オープンを含めてダートで4勝している馬でした。

それならパワーもあるはず・・・と思うのも無理は無い話ですが、パワーの要る香港の芝では良い所がありませんでした。

これには理由がありましたが芝丈が非常に長く、走りにくそうにしていたのが大きな要素として存在しています。

海外遠征の難しさも勿論ありますが、もともと右回りには不安がある馬でしたし、

パワーが上手く伝わらない馬場ではズブいところが顔を覗かせてしまいます。

だからこそこれまでの成績を振り返っておきたいのですが、オープンに上がる時を含めて芝のレースでは・・・

トリトンS 3ハロン地点差0.9 上がり最速で1着
オーロC  3ハロン地点差0.4 上がり4位で8着
CBC賞  3ハロン地点差0.7 上がり最速で1着
スプリンタ 3ハロン地点差0.7 上がり7位で1着

と言う訳で、1200m戦は3戦3勝。

1400m戦は稍重だった、距離が長かった?、騎手と会わなかった?など考えられます。

そしてその前となると、2014年に遡ります。

その時は

500万下 3ハロン地点差0.8 上がり8位で8位 (重馬場・1400m)
未勝利   3ハロン地点差0.7 上がり最速で1着 (良馬場・1400m)

と言う活躍があります。

やはり馬場が渋ると苦しいのは以前から変わっていないようですし、

前半で置いていかれると結構苦しくなりそうな結果を残していました。

こうなると気になるのは、レッドファルクスのこと・当日の天気のことに加えて、

M.デムーロ騎手の事です。

もしもの話ですが、オープンでは0秒8以上の差は詰めていない訳ですが、

前半で0秒8以上差が付くような展開になったら、M.デムーロ騎手の成績はどうなるんでしょうか。

まずは今回高松宮記念で騎乗する騎手の、過去3年間・芝1200m成績を出してみます。

トップ5は・・・

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
M.デムー 15-7-8-46/76 19.7% 28.9% 39.5%
川田将雅 18-21-14-88/141 12.8% 27.7% 37.6%
岩田康誠 30-22-29-142/223 13.5% 23.3% 36.3%
戸崎圭太 28-19-13-108/168 16.7% 28.0% 35.7%
藤岡康太 39-21-14-202/276 14.1% 21.7% 26.8%

これだけ観ると、M.デムーロ騎手の成績は1位。

しかし、複勝率が4割を超えるコースも多くあるなかで、4割を切っていると言う事からも

実は結構混戦模様だったりします。

そして過去3年間、芝1200mで前半3ハロンで先頭と「0秒8以上離された時」の成績を出してみます。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
M.デムー 3-3-2-19/27 11.1% 22.2% 29.6%
川田将雅 2-8-1-33/44 4.5% 22.7% 25.0%
岩田康誠 6-6-10-78/100 6.0% 12.0% 22.0%
戸崎圭太 4-5-4-48/61 6.6% 14.8% 21.3%
藤岡康太 9-7-4-100/120 7.5% 13.3% 16.7%

これまたM.デムーロ騎手が1位。

しかも一人だけ、勝率1割を超えています。

え?

じゃあ、前半で離されても一番強い騎手だったら、ズブイ面を出しても連覇する可能性が高まったんじゃないの?

これの何が問題なの?

そう思うのは当然。

だからこそもう一度先程の、レッドファルクスの成績を振り返ってみましょう。

0秒8以上離されるのは危険水準、1番人気過信するべからず

つまり左回りでは走りが良くなるレッドファルクスですが、

もしも何かしらの理由で前半の追走が苦労する事になったとしたら、どうなるでしょうか。

なにせ昨年のスプリンターズSは・・・

スプリンタ 3ハロン地点差0.7 上がり7位で1着

上がり7位で、差してきて、1位。

決して飛び抜けて速い足を持っているわけではありませんでした。

しかし、有力馬よりも少し前でレースを進めていたために、何とか届いたと言うレースでした。

前に行っている馬が2~4着を独占。2番手から力尽きたネロですら6着に残り、

1~9着までは0秒2差の大混戦でした。

となると、末脚だけで勝負しようとしたら・・・差し損ねる可能性が出てきます。

しかも仕掛けが遅れたり、前半少し差を付けられても何とかなってしまう騎手が乗っています。

もしも前を走る馬のペースが僅かでも速くなって、オーバーペースだと判断したら、

一体どうなるでしょうか。

そうです、連覇をしようとしたら他の馬が先にゴールを駆け抜けてしまう事が考えられるのです。

おそらくハイペースで先行する集団と、一緒になって前に行くとは考えにくいので、

その集団のすぐ後ろには付けるようにしたいはずです。

しかし、ほんの僅か遅れてしまっただけで取り返しが付かなくなってしまうのがスプリント戦の怖いところ。

その証拠に「前半3ハロンで先頭から0秒8以上離れた場合」のデータを、特別戦・重賞に限定すると

データの様相は一変します。

特別戦の芝1200mで前半3ハロンで先頭から0秒8以上離れた場合

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
戸崎圭太 3-5-1-20/29 10.3% 27.6% 31.0%
川田将雅 1-8-0-20/29 3.4% 31.0% 31.0%
岩田康誠 3-4-4-39/50 6.0% 14.0% 22.0%
国分優作 2-4-5-39/50 4.0% 12.0% 22.0%
藤岡康太 5-4-2-45/56 8.9% 16.1% 19.6%
大野拓弥 1-2-2-21/26 3.8% 11.5% 19.2%
M.デムー 2-0-0-12/14 14.3% 14.3% 14.3%

確かに勝率は10%を超えていますが、明らかに他の騎手と較べて分が悪くなっています。

7位って言う時点でも十分凄いんですけどね。

さらに・・・

重賞の芝1200mで前半3ハロンで先頭から0秒8以上離れた場合

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
国分優作 2-1-2-4/9 22.2% 33.3% 55.6%
内田博幸 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0%
大野拓弥 1-2-1-6/10 10.0% 30.0% 40.0%
岩田康誠 2-3-1-11/17 11.8% 29.4% 35.3%
四位洋文 1-0-1-4/6 16.7% 16.7% 33.3%
戸崎圭太 2-0-0-6/8 25.0% 25.0% 25.0%
菱田裕二 0-0-1-3/4 0.0% 0.0% 25.0%
藤岡康太 0-1-1-7/9 0.0% 11.1% 22.2%
石橋脩 1-0-0-4/5 20.0% 20.0% 20.0%
幸英明 0-1-0-4/5 0.0% 20.0% 20.0%

これが重賞になると、ベスト10にM.デムーロ騎手の名前はありません。

0秒7差なら、CBC賞にスプリンターズステークスも勝っている。

しかし、0秒1遅れただけで重賞では天と地ほどの差が出てしまっています。

ちなみに11位以下は・・・

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
川田将雅 0-0-0-7/7 0.0% 0.0% 0.0%
M.デムー 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%
吉田豊 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0%
藤岡佑介 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0%
石川裕紀 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%
森一馬 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%
田辺裕信 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%
A.シュタ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%

と言うわけでして、さすがのM.デムーロ騎手も重賞で前半に置かれてしまっては、

データ上では手も足も出ません。

まして開催当日に雨が降る予報が出ています。

何かの要素がひとつでもあれば、0秒1のタイムロスは容易に生まれます。

こうなると、前半からかなり早いペースで走っても問題なく、

しかも上がりの脚もすぐに止まらない馬にはかなり有利になってきます。

昨年のスプリンターズステークスで3着に好走したソルヴェイグ、

前走のオーシャンカップで先行して2着に粘ったナックビーナス、

このあたりは関係なく早いペースで飛ばし、レッドファルクスとM.デムーロ騎手にプレッシャーを掛ける事が可能です。

しかも、前日の中京は後半戦・勝ち馬も2着馬も逃げ馬・先行馬ばかり。

まさに前に行ったもん勝ちの馬場コンディションになっていました。

雨が多少降って馬場に影響が出れば、この傾向に拍車が掛かってくるはずです。

ナックビーナスは前半があまりにハイペースになると控えて競馬をする事もあるので、

純粋な逃げ・先行馬となるとソルヴェイグが浮かび上がってきますね。

差し馬有利の馬場になっていないなら、GI3着・重賞勝ちの実績がある馬を改めて見直す必要も出てきそうですね。

2017年の高松宮記念はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

田辺裕信騎手

騎乗馬:⑬ソルヴェイグ

前走は逃げたほうが強い騎手では無かっただけに、乗り変わりはマイナスにはならない。ハイレベルなGIを何とかあと少しまで粘った実力はフロックではないし、ここ最近芝でしっかりと集中して騎乗できるようになった今ならチャンス到来。無謀なほどオーバーペースにさせるような存在も居らず、マイペースが他の馬にはかなりのハイペースなので後続を完封する事も現実味を帯びてきた。

**(2つ星評価)

石川裕紀人騎手

騎乗馬:⑰ナックビーナス

ちょうど1年ほど前に、何が何でも逃げるとGIで逃げさせたら皐月賞のレコードが更新してしまうほどの逃げにしてしまった張本人。それだけに2番手や3番手で良いとなれば案外ペース配分を気にせず、実は絶好のポジションから粘りこみも可能か。持ちタイムが少し足りない分、雨でさらに先行有利の馬場ならもう少しやれても。

*****************************
戸崎圭太騎手

騎乗馬:⑫メラグラーナ

牝馬でのスプリント重賞は過去3年で3勝と、実績は文句無し。勝つか4着以下かとハッキリしているタイプだが、京阪杯のような酷い馬場ではお手上げなので、若干割り引いてこのあたり。芝1200m戦の成績は安定しているが、特にこの騎手との相性は抜群に合っている様な印象すら受ける。逆転も一考の余地アリ。

*(1つ星評価)

藤岡佑介騎手

騎乗馬:⑩クリスマス

その気になれば中団から差す競馬も出来るが、やはり真骨頂は先行して好位抜け出し。前日の日経賞でもお手本のような粘りこみを見せるなど、勝負勘の良さがここでも発揮されればかなり面白い存在。雨がバンバン降られると厳しいが、函館勝ちがあるようにパワーは十分ある騎乗で、多少の雨なら問題なし。

*****************************

M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑦レッドファルクス

前半からあまりペースが上がりすぎないことが条件だが、軸から流す相手に考えるならレースセンスの上手さは完全無視とは行かない存在。しかし、騎手にとっては僅かでも展開が向かないと脆い点があり、2・3着狙いに切り替えた途端に4・5着争いになってしまう可能性がネック。差し損ねには警戒したい。

*****************************

吉田豊騎手

騎乗馬:⑯トウショウピスト

詰めの甘いところはある騎乗馬だし、騎手の実績も1200m・中京共に強調できる程ではない。しかし、前に行ければしぶといところもあるし、何より前半タイムが少しでも落ち着いたとなれば昨冬の1600万勝ちを難なく決めた舞台だけに一発の妙味はある。前が止まらない馬場でここまで人気がないなら巻き返しも一考。

*****************************
以上、高松宮記念の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末の3日間開催も、中山・阪神・中京の各場メインレースの予想を無料でお届けします。。
日曜は高松宮記念の最終判断に加えて、中山・阪神競馬場のメインレースについても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

今年は1月にシルクロードステークスで◎△△が的中しました。更なる的中を目指し、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


来週の注目騎手・展望をお届けするメルマガも創刊しました

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)


〔PR〕トラックマンしか知らない穴馬情報が、無料であなたの元に!

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第47回 高松宮記念(G1)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【関係者・陣営の本音を大公開!】
本物の【凄穴馬情報】を無料公開

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】先月も的中を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼土日の重賞を完全的中▼
━━━━━━━━━━━
『第91回 中山記念』
2月26日 中山11R
◎サクラアンプルール
(8人気・単勝45.3倍)
△ネオリアリズム
(3人気・単勝7.1倍)
△ロゴタイプ
(7人気・単勝15.2倍)
———————
3連複 5万2870円
馬 単 2万2790円
━━━━━━━━━━━
『第35回 中山牝馬S』
3月12日 中山11R
◎クインズミラーグロ
(7人気・単勝14.4倍)
▲トーセンビクトリー
(5人気・単勝12.5倍)
△マジックタイム
———————
3連複  6300円
━━━━━━━━━━━
『第26回アーリントンC』
2月25日 阪神11R
◎レッドアンシェル
(6人気・単勝11.5倍)
◯ペルシアンナイト
△ディバインコード
(3人気・単勝7.4倍)
———————
3連単   6020円
3連複   1720円
馬 単   1050円
━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『高松宮記念(G1)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開

完全無料・高松宮記念(G1)

━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP