【スプリンターズS 2016 予想】福永祐一よ、包囲網を突破せよ!

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2016年10月2日分の予想を公開します。

こちらの記事では
スプリンターズステークス(11R 15:40発走予定)
についての予想および見解をお伝えします。

阪神競馬場のメインレース「ポートアイランドステークス」の予想と、
1ヶ月限定の連載企画「1200mに賭けろ」最終回では、中山1200m戦の狙い目については、
当ブログのメールマガジンにて、レース当日の朝9時以降に公開致しております。

持ち味が似たもの同士の名コンビ、GI連覇へ

前売り一番人気も納得の、ビッグアーサーと福永祐一騎手のコンビ。

データ特集でも触れていますが、本来なら勝たなくてはいけない存在でもあるでしょう。

加えて今回は経済コースを通れる1枠1番と文句のつけようが無い好枠も引きました。

包まれる心配があると言いますが、むしろ包めるほどスピードで勝る馬はどれなのか。

抜け出すのに苦労するよりはあっさり抜け出してくれると考えています。

それに、高松宮記念でも福永祐一騎手は「(馬場がよかったので)スタートだけはしっかり決めなくては、と思ってレースをしました」とコメント。

まさにその通りのレースをしてくれました。

持ち前のスピードを最初から最後まで、存分に生かせた方が良いビッグアーサー。

スタートは余程の事が無ければ失敗しない福永祐一騎手。

お互いの長所が上手く噛み合って、結果を出している名コンビ。

GI連覇を達成するのはむしろ「使命」では無いでしょうか。

ライバルは強力。でも、福永祐一騎手の勢いも強力!

2013年以降、中山の芝1200mの成績は出走予定馬のページでもご紹介しています。

このデータを、重賞を含む特別戦に限定すると、このように変化します。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
横山典弘 7-4-7-19/37 18.9% 29.7% 48.6%
戸崎圭太 5-7-3-28/43 11.6% 27.9% 34.9%
内田博幸 2-4-2-32/40 5.0% 15.0% 20.0%

相性としては横山典弘騎手が実績でリードしていますし、高い勝率を残しています。

勝負強さは戸崎圭太騎手を凌ぐほどで、サクラゴスペルで昨年2着したのは偶然ではありませんでした。

しかし、このデータを「複勝率」で並べ替えると、様相は一変します。

騎手 着別度数 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
福永祐一 1-1-2-2/6 66.70% 43 95
武豊 2-2-1-3/8 62.50% 96 166
川田将雅 1-1-1-2/5 60.00% 76 112
池添謙一 0-0-1-1/2 50.00% 0 590
横山典弘 7-4-7-19/37 48.60% 94 128
戸崎圭太 5-7-3-28/43 34.90% 65 77
M.デム 2-0-0-4/6 33.30% 118 50
松山弘平 0-1-0-2/3 33.30% 0 393

実は、福永祐一騎手はコース実績のある横山典弘騎手を抑えているどころか、

今回出走する他の騎手よりも遥かに高い複勝率を残しているのです。

これだけの相性を何時の間に作り上げたのか?と思うほど、高い数字には調べている私達も驚かされました。

もはや中山1200m戦は美浦所属騎手ではなく、福永祐一騎手をはじめ「栗東所属騎手の庭」になりつつあります。

だから栗東所属馬が多く出走するのはもちろんですが、栗東所属騎手がこれほど多く遠征してくるのは、

オーバーに言えば「栗東所属騎手じゃないと勝負できない」ぐらいに、相性の良さが年々良くなっている傾向が物語っています。

相手本線も栗東所属騎手で、中山の回収率も優秀な松山弘平騎手を配してきたミッキーアイル。

捲土重来を期す舞台ですし、逆転はどうか?も差の無い競馬は十分可能ではないかと思います。

スプリンターズステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

福永祐一騎手

騎乗馬:①ビッグアーサー

スピードの絶対値が違っていて、前日の降雨は馬場を其処まで極端に悪くさせないなら人気も納得。単勝オッズはもっと買われても不思議ではなく、1.5倍付けば美味しいぐらい。

**(2つ星評価)

松山弘平騎手

騎乗馬:⑮ミッキーアイル

昨年抱えて居た気性面の問題もクリアし、春は僅差の2着。能力の確かさは証明済みだし騎手の相性も文句なし。休み明けでも全てが噛み合えば、再び善戦以上の競馬は出来る。
*****************************
M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑬レッドファルクス

差し足を炸裂させても前を捕まえられるかはさておき、重賞勝ちで存在感はしっかりと示してきた。鞍上が夏の王者ではなくこちらを選んだあたりに、勝負気配が強く感じられる起用も見逃せない。

*(1つ星評価)

浜中俊騎手

騎乗馬:⑪ダンスディレクター

欲を言えばもう少し内枠が欲しかったのかもしれないが、つい最近まで相棒だったミッキーアイル陣営を見返すためにも、鞍上は夏場に付けた勢いで見せ場以上の競馬はしたいはず。

*****************************
内田博幸騎手

騎乗馬:⑯ネロ

揉まれずに他の出方を観ながら競馬が出来る分、大外枠は却って大きくプラスに働く可能性もある。鞍上はコース相性こそ高くないにしても、この馬との相性の良さでカバーは可能で見せ場のひとつぐらいは作りたい。

*****************************
武豊騎手

騎乗馬:②ブランボヌール

昨年はベルカントで惨敗するも、同系オーナーから再度オファー。この信頼には結果で応えたいはずだし、斤量の恩恵とコース相性を最大限に生かして強力なライバルに肉薄したいところ。

*****************************
以上、スプリンターズステークスの予想でした。

無料メールマガジンの御案内

買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

スプリンターズステークスの他にも、

阪神競馬場のメインレース「ポートアイランドS」の予想も無料公開予定。

さらに1ヶ月の連載企画「1200mに賭けろ」では、中山1200m戦の狙い目を厳選して公開中。

果たして、月間通してトータルプラスに届くことは出来るのでしょうか?

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」の登録は、こちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP