【シリウスS 2016 予想】秋山真一郎はダート界に新たな風を吹き込めるか

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2016年10月1日分の予想を公開します。

こちらの記事では
シリウスステークス(11R 15:35発走予定)
についての予想および見解をお伝えします。

なお、中山競馬場のメインレース「秋風ステークス」の予想と、
1ヶ月限定の連載企画「1200mに賭けろ」最終週、中山1200m戦の狙い目については、
当ブログのメールマガジンにて、レース当日の朝9時以降に公開致しております。

ダート路線は実力馬が凌ぎを削る大混戦!

かつては絶対的な王者が居て、ダートGIは堅い決着が多かった時期もありました。

しかし、今は様相がかなり違います。

コパノリッキーやモーニン、アウォーディーやノンコノユメ、サウンドトゥルーなどスターホースが次から次へと登場。

毎回どの馬が勝つのか、どの騎手が持ち味を引き出すのか。

予想が難しくなってきていますが、それ以上に見応えがあるレースが増えています。

今年後半のダート重賞・ダートGIは、本当に目が離せない好カードばかり。

特に1800m~2100mのクラシックディスタンス近辺は、ライバル対決が非常に熱く繰り広げられています。

秋山真一郎騎手はJRAダート重賞を3勝しています

今年不振に喘いでいる秋山真一郎騎手ですが、かつてはダート重賞を3勝するなど、実績を残している騎手です。

今回出走しているカゼノコとのコンビでは、2014年のジャパンダートダービーも制しているGIジョッキーです。

芝の成績がより目立っていますが、ここ4年ほどはダート戦での実績も顕著で芝より多く勝っていたり良い成績を残している傾向が見られます。

通算成績も(2016.9.30現在)芝434勝に対して、ダート448勝とリード。

ダート戦でリズム良く勝てているかどうかは、買えるかどうかの大きな判断材料にもなります。

それだけに重賞に乗れるチャンスで、みすみす勝機を逃すのは勿体無さすぎます。

ここは今後に向けても、今まで以上に勝負を賭けてくるのではないでしょうか。

阪神ダート2000mではまずまずの好成績

過去3年間、阪神ダート2000mの成績を参照してみましょう。

なお、今回騎乗する騎手の中で実績上位5名を挙げると、このような形になります。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
福永祐一 5-1-3-9/18 27.8% 33.3% 50.0%
岩田康誠 4-3-3-14/24 16.7% 29.2% 41.7%
北村友一 4-1-1-10/16 25.0% 31.3% 37.5%
松山弘平 2-3-3-14/22 9.1% 22.7% 36.4%
和田竜二 1-6-2-21/30 3.3% 23.3% 30.0%

勝利数では福永祐一騎手が一歩リードしています。

しかし、勝率を考慮すると北村友一騎手がかなり肉薄しており、コース相性の良さを感じさせます。

これは未勝利から重賞に至るまで全クラスの成績となります。

当然、得意なクラスもあれば苦手なクラスも存在しますが、全体の傾向で言うと秋山真一郎騎手はそこまで飛び抜けた実績ではありません。

・・・しかしこれを複勝率で考えると少し様相が変わってきます。

騎手 着別度数 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
M.デム 0-4-2-4/10 60.00% 0 99
福永祐一 5-1-3-9/18 50.00% 368 148
秋山真一 1-2-1-5/9 44.40% 93 141
岩田康誠 4-3-3-14/24 41.70% 93 79
北村友一 4-1-1-10/16 37.50% 139 120

秋山真一郎騎手は、複勝率では3位に喰い込んで来ます。

しかも、複勝回収率が141と申し分の無いレベルになっています。

このコースではイマイチ勝ちきれていないのかもしれませんが、実は秋山真一郎騎手はコース巧者振りを発揮しているのです

実は特別戦に限定すると、もっと成績が良くなります。

秋山真一郎騎手は、阪神ダート2000mではまずまず良い成績を残しているのですが、

過去3年間の成績を重賞を含む「特別レース」に限定すると、また一段と良い成績になる傾向を持っています。

詳しいデータをまとめてありますが、このあたりは当ブログのメールマガジンにて公開しております。

ちなみに複勝回収率ですが、全クラス通算の141から上昇するのですが、

500万以上に限定すると158に。

特別戦に限定すると225まで上昇します。

過去は過去、未来は未来で別物ではあります。

ですが、これまでの傾向どおりなら秋山真一郎騎手がしっかりと馬券に絡んでくると考えるのは、

決して無理や無茶を言っている訳ではないのが、お分かりになるでしょうか。

ここを勝って地方交流重賞にも殴りこみ!モチベーションは高まるはず

ここで賞金を加算することにより、1800m~2100mの重賞に今後も出走できる可能性が高まります。

来月にはJBCクラシックが川崎で、12月にはチャンピオンズカップが中京で開催されますが、

其処に出られなくとも地方を含めて賞金をしっかり稼いでいく路線は充実しています。

まずは強いライバルと凌ぎを削ることにはなりますが、実力をしっかり付けて行きながら賞金を加算したいはずでしょう。

みやこステークス(京都・11月中旬)
浦和記念(浦和・11月下旬)

来年なら
東海ステークス(中京・1月下旬)
佐賀記念(京都・2月中旬)

こう行った路線へ進み、更に活躍するためにも良い騎乗をしたいのは馬主さんも騎手も同じ気持ちでしょう。

その為のステップとして大事な一戦、相手に不足はありません。

秋山真一郎騎手にとっても比較的得意としている舞台でもありますし、騎乗馬の良い走りと鞍上のファインプレーが噛み合ってくれることに、期待してみましょう。

シリウスステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

秋山真一郎騎手

騎乗馬:①マスクゾロ

ココ何年かの稼ぎ頭になるだけの騎乗馬と、重賞制覇のビッグチャンスがやってきた。他が苦にする分付け入る隙は十分、善戦ではなく勝利を狙ってもらいたい。

**(2つ星評価)

松山弘平騎手

騎乗馬:⑪ミツバ

このコンビでこそ狙ってみたいが、若干距離が長いか。それでも3走前には阪神の重馬場でぶっちぎり勝利、コース相性の良さをこの距離でも出せれば逆転の可能性も。

*****************************
和田竜二騎手

騎乗馬:⑨アポロケンタッキー

どちらかと言えばパワーがある馬なので、スピード勝負には若干の不安要素がある。長丁場では力を出せる騎手で上手くチャンスを掴んでこられるか。

*(1つ星評価)

福永祐一騎手

騎乗馬:⑧ピオネロ

ここを勝ったら次は?と言われると相当分が悪いのだが、相手なりに走れる騎乗馬。鞍上の重巧者ぶりが存分に発揮されれば、強敵相手でも良い勝負になる。
*****************************
岩田康誠騎手

騎乗馬:⑩メイショウイチオシ

逃げられた時の粘り越しは、いくら不振とは言え見限れないものがある。鞍上にとってはかつての得意コースで「この秋最大のヤマ場」になる可能性すらあり、いつも以上に警戒しておきたい。

*****************************
北村友一騎手

騎乗馬:⑦カゼノコ

雨が降ったり馬場が高速化したほうが良い騎乗馬だしチャンスは十分、馬名以上に「雨の子」ぶりは顕著だしこのチャンスで鞍上が燃えないワケが無い

*****************************
以上、シリウスステークスの予想でした。

無料メールマガジンの御案内

買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

通常朝9時以降に、メールにて配信しております。

10月1日号は、シリウスステークスの他にも

  • 秋風ステークス(中山)
  • 1200mに賭けろ!のコーナー(中山)

10月2日号は、スプリンターズステークスの他にも、

  • ポートアイランドステークス(阪神)
  • 1200mに賭けろ!のコーナー(中山)

を掲載予定。全部無料で購読いただけます。

各レースでは、騎手データを用いた予想を公開。
「騎手で買う」がどこまで出来るか、挑戦しております。

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」の登録は、こちらからお願いします。

 

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP