【秋華賞 2016 データ】戸崎圭太は苦手を克服できるのか?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

こちらは「騎手で買う」で、どこまで馬券の収支に繋げられるか・・・
あなたの代わりに難しいテーマに挑戦する、そんなブログです。

重賞レースの注目ジョッキーにスポットを当てて検証するこのコーナー

今回は、10月16日に京都競馬場で行われるメインレース

秋華賞に出走予定で上位人気が予想される

「ビッシュ」に騎乗、戸崎圭太騎手のデータにスポットを当ててみたいと思います。

今年の春シーズンはフローラステークスで追い込み、上がり最速を記録するなど切れ味を武器に活躍。

オークスでもM.デムーロ騎手のアクションに応えて、3着に好走してきました。

前哨戦の紫苑ステークスでは道中で追い上げ好位に取り付き、一瞬の仕掛けで後続を置き去りにする鮮やかな勝ちっぷり。

一躍主役候補に躍り出ましたが、鞍上の戸崎圭太騎手にとっては鬼門とも言える京都の内回り・芝2000mが舞台。

果たしてどうやって攻略していくのでしょうか。

データを使って詳しく観てみましょう。

(使用するデータは主に「過去3年」=2013年以降の成績を参照したもので、データ集計は2016年10月10日終了時点までです。)

初の関西遠征となるビッシュも、輸送と言う課題がある

紫苑ステークスを制し、シンハライトが回避した事で一躍主役候補に躍り出たビッシュ。

何と言っても秋華賞出走予定では、オークス最先着馬ですからね。無理もありません。

ビッシュはディープインパクト産駒の牝馬に見られる傾向ですが、馬体重があまり増えない

オークス時に416kgで3着、夏を挟んで秋初戦の前走時で420kgと小さな馬体。

追い切り後に発表された体重も420kgでしたので、馬体が維持できるのかと言う懸念が生まれます。

・・・とまぁ、馬の情報は他のブログやスポーツ紙・競馬専門誌でこれからも出てくるでしょうから、そちらもご参照下さい。

京都の内回りで成績が下がる傾向がある

さて、ここからが本題。

戸崎圭太騎手が京都競馬場でどれだけの成績を残しているのか。

これが少し問題になってきます。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 0-2-1-18/21 0.00% 9.50% 14.30%
函館 2-1-3-7/13 15.40% 23.10% 46.20%
福島 13-9-6-57/85 15.30% 25.90% 32.90%
新潟 23-16-15-87/141 16.30% 27.70% 38.30%
東京 64-52-44-240/400 16.00% 29.00% 40.00%
中山 51-50-28-176/305 16.70% 33.10% 42.30%
中京 3-4-2-27/36 8.30% 19.40% 25.00%
京都 8-7-5-36/56 14.30% 26.80% 35.70%
阪神 12-10-5-48/75 16.00% 29.30% 36.00%

これは牡馬に限定した成績ですが、東京や中山、新潟に較べたら若干劣るにしても、

乗り慣れていない割に、まずまず健闘しているのはお分かり頂けるかと思います。

まず、これまで制した重賞ですがいずれも外回りでのもの。

  • 2015年きさらぎ賞(ルージュバック)
  • 2015年京都記念(ラブリーデイ)
  • 2016年京都新聞杯(スマートオーディン)

内回りでは昨年、2歳重賞の京都2歳ステークスで2着になったのが最高。

ダートコースでも2戦しかしていないとは言え、重賞で馬券になったことはありません。

美浦所属の騎手ですし、これまでそんなに多く騎乗していない京都コースではありますが、

内回りのコースでは目立った成績を残せていません。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟芝内 11-5-5-37/58 19.00% 27.60% 36.20%
新潟芝外 10-10-6-46/72 13.90% 27.80% 36.10%
京都芝内 3-4-2-17/26 11.50% 26.90% 34.60%
京都芝外 5-3-3-19/30 16.70% 26.70% 36.70%
阪神芝内 5-6-1-25/37 13.50% 29.70% 32.40%
阪神芝外 7-4-4-23/38 18.40% 28.90% 39.50%

振り返ればもともと南関東で騎乗していた時に、大井の内回りでカラキシ駄目だった訳ではありません。

もちろん、新潟の内回りとかは大きく成績が落ちているわけでもありません。

阪神はまだ2015年の鳴尾記念を制しているからまだしも、京都ではまだ重賞勝ちがありません。

やや落ち気味になるのが京都と阪神の内回り、ここを克服してこないとGIを制するには至らないでしょう。

特別戦では京都でも成績アップ。なのに、内回りは・・・?

先程からご紹介している牡馬の成績を特別戦に限定して抽出してみます。

(牝馬のデータは、のちほど)

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 0-0-0-12/12 0.00% 0.00% 0.00%
函館 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00%
福島 8-6-4-27/45 17.80% 31.10% 40.00%
新潟 8-7-6-36/57 14.00% 26.30% 36.80%
東京 24-25-23-126/198 12.10% 24.70% 36.40%
中山 22-29-13-86/150 14.70% 34.00% 42.70%
中京 1-2-2-13/18 5.60% 16.70% 27.80%
京都 3-4-2-15/24 12.50% 29.20% 37.50%
阪神 6-4-2-19/31 19.40% 32.30% 38.70%

乗り慣れている競馬場でも成績が落ちやすい特別戦のデータ。

もうざっくり言うとこんな感じでして

(勝率・連対率・複勝率ともに成績ダウン)

札幌
函館
新潟
東京

(どれかしら成績ダウン)

中山
中京
京都

(勝率・連対率・複勝率ともに成績アップ)

福島
阪神

あれ?

京都では勝率が少し落ちるだけで、連対率や複勝率は、言うほど悪くないんじゃない?と思うんですが、

これが内回り・外回りで分ければ・・・

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟芝内 5-2-2-14/23 21.70% 30.40% 39.10%
新潟芝外 2-4-4-20/30 6.70% 20.00% 33.30%
京都芝内 1-1-0-4/6 16.70% 33.30% 33.30%
京都芝外 2-3-2-11/18 11.10% 27.80% 38.90%
阪神芝内 4-3-1-10/18 22.20% 38.90% 44.40%
阪神芝外 2-1-1-9/13 15.40% 23.10% 30.80%

京都の内回り、牡馬なら苦手にしていませんでした。

むしろ、得意にしていませんか?

こうなれば牝馬の成績が気になるところ。

牝馬での成績はさらに下がる傾向がある

牡馬のデータでは、京都競馬場はそんなにマイナス要素にならなそうでしたが、

これを牝馬のデータに限定するとどうなるのでしょうか。

まずは、全クラスの成績を見てみましょう。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 2-1-2-7/12 16.70% 25.00% 41.70%
函館 1-1-0-8/10 10.00% 20.00% 20.00%
福島 8-8-8-46/70 11.40% 22.90% 34.30%
新潟 19-13-12-60/104 18.30% 30.80% 42.30%
東京 31-28-20-139/218 14.20% 27.10% 36.20%
中山 26-21-10-102/159 16.40% 29.60% 35.80%
中京 3-3-1-18/25 12.00% 24.00% 28.00%
京都 4-3-3-24/34 11.80% 20.60% 29.40%
阪神 6-7-7-34/54 11.10% 24.10% 37.00%

京都競馬場の牡馬での成績が、勝率=14.30%、連対率=26.80%、複勝率=35.70%だったのを考えれば、

牝馬の成績は少し物足りないレベルです。

先程までと同じように、全クラスでの内回り・外回り別の成績を見て見ましょう。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
新潟芝内 7-5-3-23/38 18.40% 31.60% 39.50% 64 80
新潟芝外 10-7-5-23/45 22.20% 37.80% 48.90% 141 97
京都芝内 1-1-1-14/17 5.90% 11.80% 17.60% 30 33
京都芝外 3-2-2-10/17 17.60% 29.40% 41.20% 81 85
阪神芝内 3-3-3-16/25 12.00% 24.00% 36.00% 151 108
阪神芝外 3-4-4-18/29 10.30% 24.10% 37.90% 92 131

・・・随分、極端に下がりましたね。

京都の内回りは、牡馬で何とか善戦もしていたのに歯が立たなくなりつつあります。

一応言いますけど、昨年の全国リーディングジョッキーですよ?

京都内回り・牝馬の特別戦では、未だ馬券になった事なし

特別戦の成績を競馬場毎に観てみますと

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00%
函館 1-1-0-5/7 14.30% 28.60% 28.60%
福島 2-3-1-12/18 11.10% 27.80% 33.30%
新潟 3-3-8-22/36 8.30% 16.70% 38.90%
東京 12-10-6-38/66 18.20% 33.30% 42.40%
中山 13-13-3-44/73 17.80% 35.60% 39.70%
中京 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50%
京都 2-1-1-13/17 11.80% 17.60% 23.50%
阪神 4-2-2-20/28 14.30% 21.40% 28.60%

と言う訳で、牡馬とは大きく傾向が異なりました。

(勝率・連対率・複勝率ともに成績ダウン)

新潟(牡馬も特別戦は成績ダウン)

(どれかしら成績ダウン)

札幌
福島
中京
京都
阪神

(勝率・連対率・複勝率ともに成績アップ)

函館←これワケ分からん(笑)
東京
中山

決して、牝馬の特別戦で京都をメチャメチャ苦手にしているわけではありません。

なのに、芝の内回りでの成績は・・・

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟芝内 2-1-2-6/11 18.20% 27.30% 45.50%
新潟芝外 1-2-4-8/15 6.70% 20.00% 46.70%
京都芝内 0-0-0-5/5 0.00% 0.00% 0.00%
京都芝外 2-1-1-8/12 16.70% 25.00% 33.30%
阪神芝内 2-1-1-10/14 14.30% 21.40% 28.60%
阪神芝外 2-1-1-10/14 14.30% 21.40% 28.60%

もう、なんだか可哀想になってきます。

つまり今回は、上位人気で恐ろしく不利なコースで闘うことになりそうです。

でも、その前に・・・

京都の内回りで成績がばらつく理由は、差しにムラがあるため?

牝馬で成績があまり良くない理由もあると思うんですが、これは仮説。

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
牡・逃げ 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 240
牡・先行 1-2-0-3/6 16.70% 50.00% 50.00% 73 105
牡・中団 2-1-2-8/13 15.40% 23.10% 38.50% 31 72
牡・後方 0-0-0-6/6 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
牝・逃げ 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
牝・先行 1-1-1-2/5 20.00% 40.00% 60.00% 102 114
牝・中団 0-0-0-6/6 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
牝・後方 0-0-0-5/5 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

これは京都内回りでの成績のみを抽出したものですが、牝馬では差しや追い込みが届いていません。

ある程度前に行かなくては勝負にならず、直線も平坦なので前が止まりにくいのが響いているようです。

ビッシュは前走こそ道中で捲って行きましたが、勝負どころで後方のままではかなり厳しい戦績を考えると、

前走の紫苑ステークスは強気の競馬でとても良い予行練習は出来ていました。

確かにラップ以上に前へ行った馬には少し厳しいペースで、交わせば良かっただけと言う恵まれたレース内容ではありましたが、

新たな可能性を見出せたのは大きいです。

レース映像を見ているともう1つ懸念材料はありますが、このあたりは日曜日のメールマガジンでお伝えするとして、

あとは、前哨戦の勝ち方をどう生かせるかでしょう。

結論としては楽勝ムードは無くなった。2・3着候補にするのか、条件次第では消して正解

ビッシュはディープインパクト産駒にしては「貯めてもそんなにキレない」のが特徴です。

これまで上がり最速を記録することもありましたが、上がりのタイムだけを見るとそんなに早くありません。

その欠点を補完する為に、秋華賞も途中から追い上げるなりして、やや前目の位置で最終コーナーをまわってくることになりそうです。

前で驚異的に粘る馬が出現するケースも考えられますが、伏兵に差されると言う負け方は今のビッシュなら十分に考えられます。

こうなると、1着固定で行くのは少し危険なように思います。

また、差し馬が台頭しやすい馬場に変貌していたとしても、過信は出来ません。

春に差して結果の出ていない騎手&切れ味で劣ってオークス3着だった馬のコンビですから、

対戦する馬の調子や展開次第では差しが届かないだけではなく、馬券圏内に届かないことにもなりそうです。

前哨戦を叩いて調子を上げてきた馬が多く、瞬発力勝負だけは避けなければいけないでしょう。

以上、秋華賞のデータ特集「戸崎圭太は苦手を克服できるのか?」でした。

※秋華賞の予想も公開しております。

スポンサーリンク

データ

Posted by 多幸


PAGE TOP