【札幌記念 2016 出走予定馬と予想オッズ】

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

こちらは「騎手で買う」で、どこまで馬券の収支に繋げられるか・・・
あなたの代わりに難しいテーマに挑戦する、そんなブログです。

それでは早速、

札幌記念 2016 の出走予定馬と予想オッズをお知らせ致します。

昨年はすでに重賞を制していながら勝ちきれず、春に中日新聞杯を制して復調。
エプソムカップで3着に好走して勢いに乗っていたディサイファが、好位抜け出しで後続を完封する勝利を挙げましたが、
今年はどのような結果になるのでしょうか。

登録馬は以下の17頭

8月21日(日)に札幌競馬場で行われる札幌記念の登録馬は以下のとおり。

【フルゲート16頭】

  • モーリス
  • ヌーヴォレコルト
  • ヒットザターゲット
  • トーセンレーヴ
  • ヤマカツエース
  • レインボーライン
  • スーパームーン
  • ロジチャリス
  • ダービーフィズ
  • レッドリヴェール
  • メイショウスザンナ
  • ネオリアリズム
  • レッドソロモン
  • マイネルフロスト
  • ダンツキャンサー
  • ハギノハイブリッド

以下、除外対象馬

  • ワールドレーヴ

騎手データ特集を掲載しました

モーリスに騎乗予定

J.モレイラ騎手のデータ特集を掲載しました。

推定単勝オッズ

  1. モーリス      2.2
  2. ヌーヴォレコルト  4.5
  3. ヤマカツエース   5.1
  4. ヒットザターゲット 12.3
  5. レインボーライン  13.6
  6. ハギノハイブリッド 17.7
  7. ロジチャリス    18.2
  8. スーパームーン   19.5
  9. ネオリアリズム   25.9
  10. トーセンレーヴ   42.5
  11. レッドリヴェール  43.9
  12. マイネルフロスト  47.0
  13. レッドソロモン   47.4
  14. ダービーフィズ   70.7
  15. ダンツキャンサー  92.7
  16. メイショウスザンナ 160.4
  17. ワールドレーヴ   250.4

※札幌・芝2000mで強い騎手※

データは過去10年の全レース(但し、先週の成績は除いております)

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
藤田伸二 16-14-7-63/100 16.0% 30.0% 37.0%
柴山雄一 12-7-8-51/78 15.4% 24.4% 34.6%
横山典弘 11-8-9-40/68 16.2% 27.9% 41.2%
三浦皇成 9-10-5-71/95 9.5% 20.0% 25.3%

抜けた成績を収めている騎手がいない中で長らくトップを守っていた藤田伸二騎手が引退。
代わって首位に躍り出たのが柴山雄一騎手
重賞で頼りに出来るかと言われると・・・正直心許無い点がある事は否めませんが、複勝率は3割4分とまずまずの成績を残しています。
よほど調教やパドックの気配が抜群な場合なら、配当妙味を含めて狙い目に上がってくるかもしれませんね。
来週以降の芝2000m戦で、どう活躍してくれるか注目してみましょう。

騎乗数が少なめではありますが、かつて札幌で大活躍していた頃の貯金が生きている横山典弘騎手も侮れない存在。
だからと言って無条件に狙えるほど単純ではなく、今年のリズムは昨年よりはるかに悪い!と、言わざるを得ません。
もともとこのコースは抜群に相性が良い騎手が現れていないのも特徴ですから、今の時点では過去の成績としてあくまでも参考程度に。

数多く乗った分だけ勝ちが回ってきた感すらある三浦皇成騎手も、着度数ならランクイン。
大事なところで勝ちきれない流れながら函館2歳ステークスこそ制しましたが、流石に古馬重賞となるとハードルがグンと上がる印象。
他の騎手に比べても2着が多いのは頭に入れておきたい傾向、平場のレースなら相手に一考と言うところが現実的な馬券戦略でしょうか。

複勝率の高い騎手にも注目!

10戦以上騎乗している騎手の中で、複勝率の高い騎手も馬券戦略に活かせるかもしれません。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ルメール 3-3-1-4/11 27.3% 54.5% 63.6%
福永祐一 6-9-3-17/35 17.1% 42.9% 51.4%
武豊 2-2-1-5/10 20.0% 40.0% 50.0%

J.モレイラ騎手が参戦しているのでスンナリと行きそうにはありませんが、もしも札幌参戦なら注目しておきたいのはC.ルメール騎手の相性の良さ。
サンプル数が少ないにしても連対率が5割を超える抜群の相性、長らく不在だった札幌芝2000mのスペシャリストと言えそうな資格を手にしているように思えます。
注意したいのは追い込み馬や差し馬では総じて成績が下がるので、1着や2着を狙うなら、せめて中団より前で競馬が出来る馬が良いでしょう。

続いて福永祐一騎手は複勝率5割と、本来なら信頼度抜群と言いたくなる好成績を残しています。
平場のレースはもちろんのこと、重賞でも侮れない存在でしょう。
ここ最近の調子の良さから考えても、重賞で逆転勝利まで一考しておきたいところではあります。

他のお手馬がいるので札幌参戦は現実的ではありませんが、実績だけなら武豊騎手も数字は優秀。
ただし、サンプル数が少なくて過去10年で2勝と言うところをどう考えるか。
このコースが得意なスペシャリストと考えるよりは、勝てそうなレースでしっかり仕事をしてきたと捉える方が自然な感じすらしてきますね。

回収率が優秀な騎手は誰なのか?

10戦以上騎乗して、回収率でも貢献している騎手を探してみました。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 複勝回収値
吉田稔 0-0-1-14/15 0.00% 0.00% 6.70% 235
大野拓弥 1-2-4-10/17 5.90% 17.60% 41.20% 220
宮崎北斗 4-4-2-27/37 10.80% 21.60% 27.00% 194
柴原央明 0-3-3-12/18 0.00% 16.70% 33.30% 166
田中博康 1-1-0-15/17 5.90% 11.80% 11.80% 145
蛯名正義 0-1-3-8/12 0.00% 8.30% 33.30% 145
小林徹弥 2-2-2-21/27 7.40% 14.80% 22.20% 137

地方から参戦していた吉田稔騎手や、引退している柴原央明騎手は除くと・・・
意外にも大野拓哉騎手が複勝率4割と言う成績に加えて穴男ぶりを発揮しています。
狙うなら穴馬と明確な戦術はありますが、果たして札幌まで遠征してくるでしょうか。

現実的なところでは、宮崎北斗騎手小林徹弥騎手が穴男候補。
率は低いですが嵌れば大きいですし、平場の芝2000mで騎乗してきたときは、是非注目してみてください。

以上、札幌記念の出走予定馬と予想オッズでした。

予想の最終見解につきましては無料のメールマガジンまたは、札幌記念の予想記事(土曜日以降アップロード予定)にて公開致します。

スポンサーリンク

出走予定

Posted by 多幸


PAGE TOP