【ラジオNIKKEI賞 2017 予想】石川裕紀人の弱点は致命的?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 ラジオNIKKEI賞 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)
※7/1・2日分の予想も、無料メルマガ限定で配信致します。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年7月2日分の予想を公開します。

こちらの記事では

ラジオNIKKEI賞(福島11R 発走予定時刻15:45)

についての予想および見解をお伝えします。

☆当ブログ&メールマガジン・最近の的中報告☆
今年はシルクロードステークス◎ダンスディレクターから相手5頭
メルマガ限定配信でしたが、◎△△で的中しました。
馬連2270円、馬単4710円、3連複7860円・3連単40820円とまずまずの配当。

先月はデイリー杯クイーンカップ、◎△△で3連複1170円、3連単6820円。
続く京都記念はサトノクラウンの連覇と読み、4頭だけ印を打って◎▲△3連単は16070円を的中させ・・・
さらに共同通信杯、○△◎の3連複2260円を4点で仕留めました!

裏開催のメインも好調です。2/18には斑鳩Sで▲△◎3連複8820円をバシッと獲得!
5/7 駿風S ◎○▲ 3連単22100円を4点指示1点目でガッチリ的中!

また、川崎記念でも◎オールブラッシュ→○サウンドトゥルーで
馬連1,760円、馬単4,730円を2点でズバリ的中させております。

宝塚記念は△◎△の3連複10点購入推奨で、10,330円を的中しました。
みなさま、おめでとうございます&ありがとうございます!


いよいよ重賞初制覇なるか?関東期待の若手が果敢に挑戦

あらためまして、皆様ごきげんよう。

キシュランガイドの多幸です。

ローカル3場開催で、夏競馬いよいよ本番ですね!

そして今週あたりからは、先週までとは違う傾向も出始めています。

今日のメインレース、福島ではラジオNIKKEI賞が行われますね!

前売り時点で石川裕紀人騎手が騎乗するセダブリランテスも人気をまずまず集めています。

石川裕紀人騎手がどれほどの成績なのかは、更新してあります騎手リーティング速報をご確認下さい。

【JRA騎手リーディング速報】2017.06.25終了時点

まだ、石川裕紀人騎手は重賞を勝ったことはありませんが、

昨年はこのレースで2着に入るなど、あと一歩のところまでは来ています。

明らかなクラスの壁がありながら

石川裕紀人騎手が重賞で馬券になっているケースは、

ほとんどが中山競馬場でのもの。

唯一の例外が昨年のこのレースと言う事になります。

つまり、コーナリングで紛れが置きやすいコースで無いと

石川裕紀人騎手の持ち味では重賞で通用しづらいという事になります。

それはどう言うことなのか?

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3F1位 8-4-7-54/73 11.0% 16.4% 26.0%
3F2位 5-8-8-33/54 9.3% 24.1% 38.9%
3F3位 7-3-5-50/65 10.8% 15.4% 23.1%
3F~5位 8-3-10-90/111 7.2% 9.9% 18.9%
3F6位~ 12-21-22-405/460 2.6% 7.2% 12.0%

こちらのデータは過去3年間の石川裕紀人騎手の成績を、

JRAの芝レースのみで抽出したものです。

つまり、上がりの脚を使って勝ったケースが、結構少ないのです。

逃げたり先行して何とか粘れる力がある・・・とも取れるのですが、

少しグラフにしてご説明しましょうか。

レースを多く乗るようになりましたが、芝のレースでは6割で上がり5位以内の脚を使えていません。

決めて勝負に持ち込まれるともともと強くありませんが、そこへ割って入るだけの努力がまだもう少し実っていない模様。

若手騎手ならではの悩みですね。

もうひとつグラフを見ていただきましょう。

これは芝のレースで馬券になったときの上がり順位をまとめたもの。

そう、ちゃんと末脚を出した時の方が、着実に馬券になっています。

石川裕紀人騎手は逃げ・先行しかできないのではなく、ちゃんと末脚を引き出せば通用するだけの経験を積んでいるのです。

ですが、特別戦になるとガクッと数字が悪くなってしまいます。

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3F1位 3-1-2-29/35 8.6% 11.4% 17.1%
3F2位 2-5-1-12/20 10.0% 35.0% 40.0%
3F3位 3-1-1-23/28 10.7% 14.3% 17.9%
3F~5位 0-1-2-28/31 0.0% 3.2% 9.7%
3F6位~ 4-6-9-126/145 2.8% 6.9% 13.1%

コレには何か理由があるに違いありません。

それぞれのレベルアップは必要だが、最も足りていないのは「加速力」

石川裕紀人騎手がここまで苦戦しているのには理由があります。

それは、差す競馬をしても取りこぼしが大きい事。

比較対象のため、同期で重賞を既に勝っている松若風馬騎手のデータも、

同じようにグラフにして見ました。

むしろ石川裕紀人騎手は、末脚を出せる機会は少なくても、割合としては恵まれているのです。

それでも松若風馬騎手とは通算勝利数が70勝ほど離れていますし、

芝の重賞を3つ、ダートの重賞も1つ勝っています。

この大きな違いは、割合では少ない「上がり5位以内」の脚を使った時にキッチリ馬券になっているかどうか。

松若風馬騎手が馬券(3着以内)になる時の、上がり順位別にデータを取って、同じようにグラフにしてみました。

一目瞭然ですが、石川裕紀人騎手は約58%しか占めていませんでした。

松若風馬騎手は70%を超える勢いです。

この差は大きなものがあります。

特に「加速をしようとした瞬間の反応力」は、決定的な差があります。

良い意味で石川裕紀人騎手は堅実で、ジワジワとスピードアップします。

松若風馬騎手はそのあたりは豪快で、一気にスピードアップが可能です。

結局、騎乗馬のトップスピードでの操作性は両者とも課題が山積みですが、

より時速が早い状態で操作性の課題にぶつかっているのが松若風馬騎手と言えます。

前走は上がり2位で勝ちあがった騎乗馬、やはり一瞬の脚を使えるかどうかがカギ

話をまとめますが、石川裕紀人騎手は仕掛けが早めになりやすく、

一瞬でスピードアップが難しいために、クラスが上がると苦戦してしまうのは至極当然な話なのです。

そう言ったケースが少なくなる新潟外回りの500万クラスでは、石川裕紀人騎手の弱点は長所にもなりますが、

コーナリングをしながら加速し、そこで一気に加速する実績を石川裕紀人騎手はまだ磨ききれて居ません。

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3F1位 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%
3F2位 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%
3F3位 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%
3F~5位 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0%
3F6位~ 0-2-1-37/40 0.0% 5.0% 7.5%

むしろ、石川裕紀人騎手が差し損ねる展開を想定し、差されずに粘りこめる馬や騎手、

もっと鋭い決め手で決着で勝利をもぎ取れる馬や騎手を上位に評価する必要があると考えます。

きっともう少し経験を積んだ先に、逃げ切りや豪快な追い込みで重賞の舞台でも大暴れするようになるのではないでしょうか。

<PR>夏競馬の重賞レースの有力馬も、一発で解かります!

2017年のラジオNIKKEI賞はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

吉田隼人騎手

騎乗馬:①ロードリベラル

持ちタイムだけだと正直厳しい印象はあるが、コーナー出口での加速力はなかなかのモノ。他の競馬場で3歳重賞と言う場合はここまでの評価は不可能だが、今年は復調気配のあるこの騎手ならここらで良い活躍があっても不思議ではない。本来なら能力に疑問の騎乗馬と、メインではなかなか買えない騎手の組み合わせでも、今年のメンバー&ハンデ重賞なら見直しも。

**(2つ星評価)

川田将雅騎手

騎乗馬:⑥サトノクロニクル

もともとハンデ重賞は鬼のように強い騎手だし、オーナーサイドの起用なら福島参戦もアリ。ただ、本来は小倉でこその騎手なので福島では若干割引が必要なのと、前走の勝ちタイムは芝の高速化を大外を通れたのが寄与しており、福島の小回りはやや加速力に難のある騎乗馬にはやや厳しい条件。相手なら十分考えられる。

*****************************
吉田豊騎手

騎乗馬:③ニシノアップルパイ

下手に道中のペースが上がるようだと厳しいことは確かだが、前半からあまりハイペースにならずに走れた場合はチャンスは十分。豪快な差しも印象的だが、強引にでも追ってくる腕はこの騎乗馬同様に先行押し切りの方が今はむしろ合っている可能性が高い。騎乗馬がコーナーの出口でやや外に膨れる点は気掛かり。

*(1つ星評価)

津村明秀騎手

騎乗馬:⑦ウインガナドル

今年は関東リーディングのトップ10をすぐそこまでの位置で追走にしているように、例年に無く騎乗馬にも恵まれチャンスを活かそうと必死になっている。元来ダートよりも芝でこそ持ち味が活きる騎手なので、ノーマークで先行させた時の位置取りには重賞でもセンスを感じさせる場面が幾度とあった。あっと言わせても不思議ではない。

*****************************

丸田恭介騎手

騎乗馬:⑤ライジングリーズン

牡馬相手には通用するのか?と言う疑問はあるが、中山競馬場で見せていたパフォーマンスを見る限りは軽視できないと判断。しかも人気薄で度々高配当を演出する傾向のあるこの騎手が騎乗することで、ハマッた時の威力は更に増大。夏は牝馬の格言どおりなら、かなり際どく互角以上の好勝負まで考えられる。仕掛けるタイミングによっては全く用ナシになるのがネック。

*****************************

秋山真一郎介騎手

騎乗馬:⑨バルベーラ

直線の加速度では石川裕紀人騎手よりは若干プラスでも、もともとは後半ジワジワ伸びてくるタイプで信頼度は下駄を履かせてもせいぜいここが限界か。それでも今年は冬の小倉で大暴れするなど、かつて以上に小回りコースの集中力が見られる点は救い。マークが薄くなる分だけ4コーナーの出口と直線の入り口で、どう動くかによってはチャンスが一気に拡がってくる。

*****************************

以上、ラジオNIKKEI賞の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末の開催も、各場のメインレース予想を無料でお届けします。。
日曜はCBC賞とラジオNIKKEI賞の最終判断に加えて、函館競馬場のメインレースについても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

 

今月は宝塚記念で3連複△◎△が的中しました。更なる的中を目指し、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。

来週の注目騎手・展望をお届けするメルマガも創刊しました

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)


【PR】個別サポートでもっと儲かる、ずっと儲かるサイトのご紹介です!

競馬マニアの皆さんこんにちは。町田と申します。

今回1000本超の実績を誇る競馬予想サイトを紹介したく、

この場をお借りしてPRさせていただきます。
今回ご紹介させていただくこの【すごい競馬】

なにがすごいかと言いますと

・【お客様に利益をお届けする】ことを最重要としており
創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上

・どんな小さなことでも迅速かつ丁寧に完全個別サポート
これが、【すごい競馬】をすごい!!!と言わしめるゆえんなのです。
私はこのサイト以上に対応力が優れているサイトを見たことがありません。

その対応力のおかげで先週も高配当を連発していました。

 

ーー【的中実績】ーーーーーーーーー
2017年06月25日(日)

阪神10R 花のみちステークス

3連単 08-13-09(10点勝負)

回収金額:17万1660円

 

2017年06月25日(日)

函館10R 3歳上500万

3連単 05-04-08(6点勝負)

回収金額:137万7500円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は今までいろんな競馬予想サイトを試しましたが

このサイトは間違いないと自信を持ってご紹介できます!
そして!

今週は大一番勝負のラジオNIKKEI賞予想無料で公開するみたいですよ!

ぜひこの機会にすごい競馬の対応力を感じてみてくださいね!
有益な情報を無料で受け取る

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP