【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.02.19

スポンサーリンク

このページは、先週日曜日(2/19)に行われた競馬の成績を、
騎手にフォーカスしてお伝えする「騎手成績回顧」を行います。

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

2月19日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
ルメール 3-2-1-4/10 30.00% 50.00% 60.00% 87 105
M.デム 2-1-0-3/6 33.30% 50.00% 50.00% 123 80
内田博幸 2-0-0-8/10 20.00% 20.00% 20.00% 97 41
岩田康誠 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 255 51
横山典弘 1-0-0-8/9 11.10% 11.10% 11.10% 53 20
石川裕紀 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 175 38
北村宏司 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 28 13
吉田豊 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 716 163
戸崎圭太 0-3-0-7/10 0.00% 30.00% 30.00% 0 72
武豊 0-2-1-4/7 0.00% 28.60% 42.90% 0 70
ムーア 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 75
蛯名正義 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 23
柴山雄一 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 70
嘉藤貴行 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 60
石橋脩 0-0-2-5/7 0.00% 0.00% 28.60% 0 62
津村明秀 0-0-2-1/3 0.00% 0.00% 66.70% 0 353
野中悠太 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 242
幸英明 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 80
田中勝春 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 25
和田竜二 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 45
井上敏樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 255

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
川田将雅 2-3-1-2/8 25.00% 62.50% 75.00% 41 95
四位洋文 2-0-2-4/8 25.00% 25.00% 50.00% 793 171
荻野極 2-0-1-3/6 33.30% 33.30% 50.00% 465 150
池添謙一 1-2-1-4/8 12.50% 37.50% 50.00% 150 102
中谷雄太 1-1-1-5/8 12.50% 25.00% 37.50% 151 100
鮫島良太 1-1-0-3/5 20.00% 40.00% 40.00% 176 128
坂井瑠星 1-0-1-4/6 16.70% 16.70% 33.30% 1041 360
森裕太朗 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 448 66
高田潤 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 510 270
国分恭介 0-2-0-6/8 0.00% 25.00% 25.00% 0 108
酒井学 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 71
義英真 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 21
山本康志 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 3960
小崎綾也 0-0-1-8/9 0.00% 0.00% 11.10% 0 37
筒井勇介 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 85
畑端省吾 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 280
白浜雄造 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 210

小倉競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
浜中俊 2-1-1-5/9 22.20% 33.30% 44.40% 136 81
松若風馬 2-0-0-8/10 20.00% 20.00% 20.00% 136 51
木幡初也 2-0-0-5/7 28.60% 28.60% 28.60% 400 60
吉田隼人 1-1-1-6/9 11.10% 22.20% 33.30% 47 67
丸田恭介 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 67 135
丸山元気 1-0-0-9/10 10.00% 10.00% 10.00% 98 26
原田和真 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 121 32
武士沢友 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 390 160
二本柳壮 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 330 150
柴田大知 0-1-2-6/9 0.00% 11.10% 33.30% 0 135
秋山真一 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 136
高倉稜 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 123
菱田裕二 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 90
古川吉洋 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 38
藤懸貴志 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 37
鮫島克駿 0-1-0-8/9 0.00% 11.10% 11.10% 0 14
丹内祐次 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 45
横山和生 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 120
黛弘人 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 60
北村友一 0-0-2-4/6 0.00% 0.00% 33.30% 0 68
太宰啓介 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 38
田辺裕信 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 43
小牧太 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 54

本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

小倉11R(小倉大賞典) 1着 ⑦マルターズアポジー 武士沢友治騎手

GIを早々と抜け出し、押し切ったM.デムーロ騎手の騎乗も十分すぎるほど内容は濃いものでしたが、

押し切って勝った点では、別格でこちらでしょう。

武士沢友治騎手が21年目で初めて、小倉で勝利したレースが重賞。

しかも長くコンビを組むマルターズアポジーのマイル戦よりも早いタイムで、道中をこなしての勝利。

小回りでありながらスタミナも要求される、難易度の高いコースを押し切った要因は

「掛かるところもありペースは早かったですけど、この馬ならと思っていきました」と言う思い切りの良さでしょう。

これまでこのコンビで1600m以上は、最速ラップタイムが前半1000m=57.7と言うものでしたが、0.1秒更新と言うハイラップ。

3歳夏に新潟競馬場の1400m戦で逃げて、前半1000mが57.3と言う記録がありますが、

小倉と新潟の馬場差を考えれば、実質同じか上回るような超ハイペースと言って良いでしょう。

そのまま残り200mまで突き進んだのが功を奏し、後続も済し崩しに脚を使わされていきました。

この作戦で押し通すと覚悟を決められては、スローペースでこそ持ち味が出る人気上位馬は手も足も出ません。

攻める姿勢を貫き通し、関東馬として小倉大賞典を43年ぶりに制する快挙を成し遂げたのです。

差す競馬で勝つのも、最後にハナ差でも先着して勝つのも、同じ1勝です。

しかし、数字以上の重みを持たせる1勝を求めるなら、

恐怖心に打ち勝ち、勇気を出して作戦を遂行したその先にあるのです。

ベテランの好騎乗には、場内アナウンスも思わず

「まさに、肉を切らせて骨を切るような逃げ」

と最大級の賛辞を送ってくれました。

今の中央競馬に足りない、強い勝ち方を追及してくれた今年の小倉大賞典は、

直後に行われたGIレース以上に、騎手の度胸を試されたレースだったと言っても、過言ではないはずです。

以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.02.19でした。


無料メルマガの別冊版、週刊で騎手買いのポイントをお知らせします。

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)

スポンサーリンク


PAGE TOP