【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.02.05

スポンサーリンク

このページは、先週日曜日(2/5)に行われた競馬の成績を、
騎手にフォーカスしてお伝えする「騎手成績回顧」を行います。

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

2月5日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
田中勝春 2-0-0-0/2 100.00% 100.00% 100.00% 2580 495
北村宏司 1-2-1-3/7 14.30% 42.90% 57.10% 137 144
戸崎圭太 1-2-0-6/9 11.10% 33.30% 33.30% 34 42
M.デム 1-1-0-2/4 25.00% 50.00% 50.00% 160 147
大野拓弥 1-1-0-5/7 14.30% 28.60% 28.60% 52 65
内田博幸 1-0-3-6/10 10.00% 10.00% 40.00% 28 105
吉田隼人 1-0-1-2/4 25.00% 25.00% 50.00% 1100 422
柴山雄一 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 65 33
横山和生 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 11515 1885
津村明秀 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 97 23
横山典弘 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 73 36
武豊 0-2-1-0/3 0.00% 66.70% 100.00% 0 150
柴田大知 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 230
田辺裕信 0-1-1-6/8 0.00% 12.50% 25.00% 0 47
石橋脩 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 43
伴啓太 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 260
蛯名正義 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 45
松岡正海 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 113
藤岡佑介 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 0
村田一誠 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 1040

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
福永祐一 3-0-1-3/7 42.90% 42.90% 57.10% 241 95
松若風馬 2-1-0-3/6 33.30% 50.00% 50.00% 461 120
小崎綾也 2-0-0-1/3 66.70% 66.70% 66.70% 296 120
ルメール 1-1-1-4/7 14.30% 28.60% 42.90% 97 51
松山弘平 1-1-0-2/4 25.00% 50.00% 50.00% 130 267
鮫島克駿 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 92 42
中井裕二 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 190 60
白浜雄造 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 150 110
川田将雅 0-2-0-0/2 0.00% 100.00% 100.00% 0 145
北村友一 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 234
浜中俊 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 40
川島信二 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 143
三津谷隼 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 220
小坂忠士 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 160
畑端省吾 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 1200
竹之下智 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 110
藤岡康太 0-0-2-4/6 0.00% 0.00% 33.30% 0 93
幸英明 0-0-2-5/7 0.00% 0.00% 28.60% 0 48
和田竜二 0-0-1-9/10 0.00% 0.00% 10.00% 0 39
フォーリ 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 43
古川吉洋 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 80
池添謙一 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 40
平沢健治 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 220

本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

東京12R(4歳上1000万下) 1着 ②リュクサンブール 田中勝春騎手

2戦2勝。

正直、内容を褒めるだけで良いなら他の騎手にも当てはまるレースはありました。

しかし、この日はあまりにもメインレースがだらしなかった。

京都はまだ3歳同士で馬場も悪かった点を考慮するべきでしょうが、

東京は2年連続で重賞から格下げを切望したくなるようなレース。

いくらこの時期のガチンコ勝負が少ないとは言え、世界とのレベルをわざと拡げるようなレースを、

アッパーレベルで行われては、生産者が報われません。

そんな空気を引き締める意味でも、最終レースで勝った内容を併せてベテランの技を選出したいと思います。

田中勝春騎手は直線で馬を御せなくて周囲に迷惑をかけることもしばしばありますが、

一貫しているのは「前に進める作業を諦めないこと」でしょう。

これは現役の美浦・栗東に限らず、地方に所属する騎手にも言えますが、

本当にハナ差であっても良いから、先着しようとしているのか?と疑問に思わせるような騎乗が多くなっています。

見るからに(騎乗馬に原因があって)追うのが難しくなっているケースならまだしも、

制裁を課されないとタカを括って油断しているケースは、ちょくちょく見受けられます。

その点では、肩・肘から先をしっかりと前後に動かして、最低限度勝利を掴もうとする意思を表示してくれるだけでも、

ベテランの騎乗振りはお手本になると言っても良いでしょう。

つまり、これすら出来ていないヘタクソな騎手がゴマンと居るのに、

田中勝春騎手は不当にヘタクソ扱いされているなと感じさせるに十分な仕事ぶりだったと言えます。

勝てないと嘆く若手に問いたい。

左手でムチを打っているとき、右腕は田中勝春騎手よりも的確に動かしているのか。

リーディングを取っている戸崎圭太騎手ですら、追い始めてムチを打ったらここまでは腕は動いていないのですよ?

トレセンで一体何をしているのですか。あなた自身のトレーニングをしない理由は何ですか?

時間が生み出せない要因をつぶして、勝つために練習する時間を作らないといけないのではないですか?

手元にあるスマホ一台あれば、あなたのフォームはいくらでも録画してその場で検証できる。

それでも何故、腕を動かすのを勝手に緩めてしまうんですか?

騎手になろうとしている諸君にも問いたい。

目標を高く掲げる前に、目標に辿り着くために最低限身について欲しいことが、

身についていると実感しているのでしょうか。

自分の騎乗フォームを見ても、その実感は本当に疑いようのない事実なのか。

エージェントの力量ではなく、あなた自身の力量で勝負できる器にまで、育っているのでしょうか。

その模範を示してくれたベテランの技術に、1日も早く追いつき・追い越してくれることを願っております。

以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.02.05でした。
目次に戻る

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)

スポンサーリンク


PAGE TOP