【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.01.29

スポンサーリンク

このページは、先週日曜日(1/29)に行われた競馬の成績を、
騎手にフォーカスしてお伝えする「騎手成績回顧」を行います。

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

1月29日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

目次

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
田辺裕信 3-2-0-5/10 30.00% 50.00% 50.00% 181 94
シュミノ 2-0-0-4/6 33.30% 33.30% 33.30% 171 70
ルメール 1-3-0-4/8 12.50% 50.00% 50.00% 23 75
津村明秀 1-1-0-4/6 16.70% 33.30% 33.30% 133 63
福永祐一 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 60 84
大野拓弥 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 98 38
横山典弘 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 153 60
北村宏司 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 138 40
丹内祐次 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 116 46
戸崎圭太 0-2-0-5/7 0.00% 28.60% 28.60% 0 44
柴山雄一 0-1-1-6/8 0.00% 12.50% 25.00% 0 112
野中悠太 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 40
黛弘人 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 84
武士沢友 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 275
内田博幸 0-0-2-5/7 0.00% 0.00% 28.60% 0 61
柴田大知 0-0-2-6/8 0.00% 0.00% 25.00% 0 142
石川裕紀 0-0-2-4/6 0.00% 0.00% 33.30% 0 110
岩田康誠 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 36
蛯名正義 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 41
勝浦正樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 290

目次に戻る


京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
M.デム 4-2-1-4/11 36.40% 54.50% 63.60% 88 86
武豊 4-1-1-3/9 44.40% 55.60% 66.70% 168 181
池添謙一 1-2-0-8/11 9.10% 27.30% 27.30% 22 35
森裕太朗 1-0-1-7/9 11.10% 11.10% 22.20% 111 120
酒井学 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 20 15
武幸四郎 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 170 70
フォーリ 0-2-1-6/9 0.00% 22.20% 33.30% 0 65
浜中俊 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 44
鮫島克駿 0-1-1-6/8 0.00% 12.50% 25.00% 0 56
岩崎翼 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 268
松田大作 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 35
小林徹弥 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 105
岡田祥嗣 0-0-2-2/4 0.00% 0.00% 50.00% 0 192
和田竜二 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 15
幸英明 0-0-1-9/10 0.00% 0.00% 10.00% 0 25
水口優也 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 100
川島信二 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 55

目次に戻る


中京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
藤岡康太 2-0-1-3/6 33.30% 33.30% 50.00% 66 110
松若風馬 1-2-0-3/6 16.70% 50.00% 50.00% 170 96
北村友一 1-1-1-3/6 16.70% 33.30% 50.00% 75 71
鮫島良太 1-1-0-2/4 25.00% 50.00% 50.00% 122 97
吉田隼人 1-0-2-5/8 12.50% 12.50% 37.50% 63 85
石橋脩 1-0-1-4/6 16.70% 16.70% 33.30% 85 230
加藤祥太 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 30 15
横山和生 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 430 71
国分恭介 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 86 40
平沢健治 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 330 150
石神深一 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 190 110
丸田恭介 0-2-0-4/6 0.00% 33.30% 33.30% 0 85
坂井瑠星 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 61
中谷雄太 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 74
荻野極 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 26
上野翔 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 80
嶋田純次 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 625
北沢伸也 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 95
菱田裕二 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 80
川須栄彦 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 28
熊沢重文 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 70
高田潤 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 590
江田勇亮 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 150

目次に戻る


本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

中京6R(4歳上500万下) 1着 ③クラウンロマン 横山和生騎手

根岸ステークスを制した福永祐一騎手、

シルクロードステークスを制した武豊騎手、

どちらも騎乗に無駄がなく、末脚の威力をしっかり引き出せた点では評価したいものです。

しかし、今後も同じだけのレースを続けざまに出来るのか?に関しては、

相手が強くなることもありますし、一概に騎手のファインプレーだったと言い切るにはまだ弱いです。

勝ちっぷりは見事でしたけどね。

その点では、中京の6レースで横山和生騎手が、

焦らずに落ち着いて騎乗していた為に、今後の展望が開けるような活躍を見せていました。

まさに「これでメシを喰っている」と言う自負を感じさせるような騎乗でした。

9番人気の低評価ながら、スタート直後のダッシュが付かないところから、

迷わず先手をジワジワと取りに行った時点でほぼ勝負はあったようなものでしたが、

キッチリとマイペースに持ち込んでいきました。

この後に関しては、以前「Play of the day」のコーナーでも紹介したように、

ペース判断の上手さがこのレースでも光りました。

前半1000m通過を1.04.3とゆったりとしたペースで運び、騎乗馬の決め手を温存させられるだけの良い判断が、

最後の直線でもうひと伸びを実現させたことからも実証されたと言えます。

坂井瑠星騎手が追い上げて3コーナーからは先頭を走りますが、

前半の貯金を最後の直線まで使わずに辛抱した胆力の強さは、まるで突発的な逃げを華麗に決めて、後続を完封してしまう父・横山典弘騎手を彷彿させるような仕事ぶりでした。

抜け出して後続を振り切った坂井瑠星騎手を、残り200mから差を詰めていき、

騎乗馬のリズムに合わせて大きなアクションで脚色を衰えさせないように配慮して行った騎乗は圧巻。

最後は交わし去って勝つのですが、まさに計算どおり。測った様に前を捉えていきました。

前に行ければ強いのは、これまでのデータを見れば一目瞭然。

特にダート戦では、その強みが存分に発揮されているように思います。

よりレベルの高いレースで、他の騎手に抑止力を与えるような存在感を与えてしまう日も、

案外そう遠くない未来に実現していそうな、期待を抱かせる良い勝ち方だったと思います。

もちろん、もっと内容の濃い・時計も優秀な先行策が出来る事が理想ですが、

前に行かせたら怖いという持ち味を存分に発揮し、今年は一気に勝ち星を増やしてもらいたいと願って止みません。

若手騎手の中から、横山和生騎手に続く「逃げの天才」が現れてくれると、

今まで以上に競馬は面白くなってくるはずです。

何せ主導権を握って離さない事で、主役になれるのですからね。

以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.01.29でした。
目次に戻る

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)

スポンサーリンク


PAGE TOP