【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.01.05

スポンサーリンク

このページは、先週木曜日(1/5)に行われた競馬の成績を、
騎手にフォーカスしてお伝えする「騎手成績回顧」を行います。

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

1月5日、木曜日の結果を振り返りたいと思います。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

目次


中山競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
木幡巧也 2-0-2-4/8 25.00% 25.00% 50.00% 598 237
松岡正海 2-0-1-6/9 22.20% 22.20% 33.30% 156 136
吉田豊 2-0-0-5/7 28.60% 28.60% 28.60% 284 77
田辺裕信 1-3-0-4/8 12.50% 50.00% 50.00% 96 95
内田博幸 1-2-1-7/11 9.10% 27.30% 36.40% 187 105
川田将雅 1-0-0-4/5 20.00% 20.00% 20.00% 68 32
吉田隼人 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 150 23
津村明秀 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 255 62
中谷雄太 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 620 200
柴田善臣 0-2-0-3/5 0.00% 40.00% 40.00% 0 66
戸崎圭太 0-1-1-9/11 0.00% 9.10% 18.20% 0 35
大野拓弥 0-1-1-6/8 0.00% 12.50% 25.00% 0 198
勝浦正樹 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 52
木幡初也 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 62
宮崎北斗 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 310
石川裕紀 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 48
柴山雄一 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 31
蛯名正義 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 31
田中勝春 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 45
江田照男 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 44
井上敏樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 147

目次に戻る


京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
武豊 2-1-2-5/10 20.00% 30.00% 50.00% 54 63
福永祐一 1-1-2-1/5 20.00% 40.00% 80.00% 100 142
シュミノ 1-1-0-3/5 20.00% 40.00% 40.00% 102 58
ルメール 1-0-3-4/8 12.50% 12.50% 50.00% 20 65
M.デム 1-0-1-5/7 14.30% 14.30% 28.60% 25 47
川須栄彦 1-0-1-0/2 50.00% 50.00% 100.00% 320 250
岩田康誠 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 118 33
古川吉洋 1-0-0-4/5 20.00% 20.00% 20.00% 120 36
松若風馬 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 58 21
藤岡佑介 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 1856 290
森裕太朗 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 1305 220
酒井学 0-2-0-2/4 0.00% 50.00% 50.00% 0 167
川島信二 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 76
池添謙一 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 26
藤岡康太 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 33
横山典弘 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 42
城戸義政 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 113
藤懸貴志 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 66
竹之下智 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 140
フォーリ 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 33
和田竜二 0-0-1-8/9 0.00% 0.00% 11.10% 0 24

目次に戻る


本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

京都1R(3歳未勝利) 1着 ④タガノポルム 藤岡佑介騎手

本来だったら京都金杯で接戦を演じた騎手あたりが選んでも不思議ではないんですが、

多少なりとも通ったコースの恩恵は感じられる&ハンデで助かった部分はあるので、

この日に関しては他のレースから選ばせてもらいます。

え?

京都金杯なら誰なのかって?

もちろん福永祐一騎手ですよ。

全力出しきって勝たせた武豊騎手は、あの時点で結果を出す仕事人としてならパーフェクト。異論はありませんよ。

でも、福永祐一騎手は可能な限り全力で、しかも真っ直ぐ走らせる事に注力してくれました。

重賞の舞台で実績を残せただけではなく、まだ奥があるところを残したと言う点でも、評価は上です。

だってお正月のイレギュラーな間隔になっている金杯に出てくる時点で、相手の弱みに付け込まないといけないんですから、

本来ならGIで好勝負させる馬では無いんですよ。

そこをやっとの思いで勝つって、騎手は悪くないですけどやはり馬の能力に疑問を感じさせます。

もっと楽に勝たせていれば違ったんですけど、こればっかりは武豊騎手でも無理だったって事ですね。

さて、話を元に戻します。

怪我からの復帰早々に勝利を挙げたレースですが、とにかく直線追い上げるフォームが綺麗で、

馬の走る気を全く削いでいなかった点を評価したいんですよ。

負かした馬がだらしなかったと言うのもあるにしても、一頭だけ別次元の末脚を引き出しきったのは、藤岡佑介騎手の為せる業と言えるでしょう。

大外を回すロスがあったのは感心しませんが、現時点では最善の策と言えそうです。

それにしても残り200mを過ぎたあたりでタイミング良くムチを入れて、馬のやる気を一層引き締めていました。

ああ言うのが本来「勝つために打ったムチ」と表現されるべきで、いたずらに何発もステッキを打ち込むよりも、

より効果的な一発のムチとはどう言うものか?を若手に示してくれた点でも、とても良い騎乗だったと考えます。

幸先の良いスタートを切れたのですし、今年は怪我をせず無事に一年を過ごす事と共に、

人気の無い馬でもひとつでも上の着順に押し上げる活躍を期待したいところです。


以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2017.01.05でした。
目次に戻る

スポンサーリンク


PAGE TOP