【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.12.11

スポンサーリンク

このページは、先週日曜日(12/11)に行われた競馬の成績を、
騎手にフォーカスしてお伝えする「騎手成績回顧」を行います。

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

12月11日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

※データだけ先に公開します。内容につきましてはのちほど追記します。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

目次


中山競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
大野拓弥 2-1-0-8/11 18.20% 27.30% 27.30% 717 160
内田博幸 2-1-0-5/8 25.00% 37.50% 37.50% 83 63
長岡禎仁 2-0-1-2/5 40.00% 40.00% 60.00% 750 256
横山典弘 1-1-0-4/6 16.70% 33.30% 33.30% 86 65
吉田豊 1-1-0-6/8 12.50% 25.00% 25.00% 38 46
勝浦正樹 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 95 58
柴田大知 1-0-1-8/10 10.00% 10.00% 20.00% 350 143
石橋脩 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 58 26
井上敏樹 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 126 43
松山弘平 0-2-1-2/5 0.00% 40.00% 60.00% 0 280
丹内祐次 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 256
木幡巧也 0-1-1-9/11 0.00% 9.10% 18.20% 0 48
北村宏司 0-1-1-6/8 0.00% 12.50% 25.00% 0 35
田中勝春 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 154
津村明秀 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 20
笹川翼 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 50
柴山雄一 0-0-2-7/9 0.00% 0.00% 22.20% 0 64
野中悠太 0-0-1-8/9 0.00% 0.00% 11.10% 0 16
石川裕紀 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 88
菅原隆一 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 310

目次に戻る


阪神競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
ルメール 6-0-1-1/8 75.00% 75.00% 87.50% 181 108
川島信二 2-0-0-6/8 25.00% 25.00% 25.00% 46 30
戸崎圭太 1-2-2-6/11 9.10% 27.30% 45.50% 24 60
シュタル 1-2-0-4/7 14.30% 42.90% 42.90% 277 190
藤岡康太 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 38 130
バルザロ 1-0-0-4/5 20.00% 20.00% 20.00% 270 44
シュミノ 0-3-0-5/8 0.00% 37.50% 37.50% 0 63
和田竜二 0-2-0-9/11 0.00% 18.20% 18.20% 0 34
四位洋文 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 27
池添謙一 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 30
藤懸貴志 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 80
柴田未崎 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 395
蛯名正義 0-0-2-6/8 0.00% 0.00% 25.00% 0 35
幸英明 0-0-1-9/10 0.00% 0.00% 10.00% 0 14
田辺裕信 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 80
森裕太朗 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 221
高倉稜 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 386
竹之下智 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 80

目次に戻る


中京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
秋山真一 2-0-1-4/7 28.60% 28.60% 42.90% 110 71
北村友一 2-0-1-6/9 22.20% 22.20% 33.30% 220 93
菱田裕二 1-2-0-6/9 11.10% 33.30% 33.30% 132 76
中谷雄太 1-1-0-6/8 12.50% 25.00% 25.00% 21 52
三津谷隼 1-1-0-3/5 20.00% 40.00% 40.00% 70 96
黛弘人 1-0-1-5/7 14.30% 14.30% 28.60% 74 61
小牧太 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 54 64
坂井瑠星 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 26 17
伊藤工真 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 406 140
石神深一 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 750 270
鮫島克駿 0-3-0-5/8 0.00% 37.50% 37.50% 0 97
荻野極 0-2-0-2/4 0.00% 50.00% 50.00% 0 250
酒井学 0-2-0-3/5 0.00% 40.00% 40.00% 0 116
森一馬 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 890
加藤祥太 0-0-4-2/6 0.00% 0.00% 66.70% 0 393
菊沢一樹 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 74
杉原誠人 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 443
岡田祥嗣 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 120
浜野谷憲 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 1980

目次に戻る


本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

中山11R(カペラステークス) 1着 ①ノボバカラ 内田博幸騎手

見事な逃げ切り勝ちを収めただけなら、他の騎手だって評価できるのですが、

重賞の舞台で「後続に脚を使わせて、完封する」と言う勝ち方を、ダート1200mでキッチリ行ってきたところに敬意を評さずに入られません。

JRAのレースは、大事なレースほど最後に勝負をしようとして脚を余したり、

自分から勝ちにいけないから他力本願な騎乗をするケースが多く見受けられます。

騎手の挑戦する姿勢がほとんど見られないのに、メインに据える理由などあるのでしょうか?

そう思いたくなるレースがじわりじわり増える中、後手に回ったほかの馬を完封した勝ちっぷりこそ、

「真の積極策」と呼ぶに相応しいと考えます。

もちろん重賞を勝っている騎乗馬ですから実力もありましたし、

あれぐらいの走りが出来ないと困るレースだったとも言えます。

しかし、全く早く流れていないように見せかけて、実は体力を奪うタフな流れなのを全く気付かせない、

内田博幸騎手の挙動は本当に見事でした。

恐怖心に打ち勝ち、勝負どころで手応えが怪しくなりそうなのも我慢し、

追い出しをわざと遅くしているように見せかけて、レースがかなり早く流れた事に気付かせるのを遅らせる。

気付いた時には前が捕まえられない着差がついており、1200mのレースなのにもはや900mで勝負をつけてしまった好騎乗。

ライバルを、そして観客をも欺いてしまうようなペース配分とは全く異なる「手応えの見せ方」

これは大いに参考になるはずです。


以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.12.11でした。
目次に戻る

スポンサーリンク


PAGE TOP