【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.11.12

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

11月12日、土曜日の結果を振り返りたいと思います。

先週終了時点での、JRA騎手リーディング速報を公開中。

目次


福島競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
北村友一 2-2-1-5/10 20.00% 40.00% 50.00% 303 155
丸田恭介 2-0-0-8/10 20.00% 20.00% 20.00% 76 35
伴啓太 2-0-0-5/7 28.60% 28.60% 28.60% 1017 241
菱田裕二 1-2-1-6/10 10.00% 30.00% 40.00% 84 177
木幡初也 1-1-2-4/8 12.50% 25.00% 50.00% 106 266
丹内祐次 1-1-1-6/9 11.10% 22.20% 33.30% 290 124
長岡禎仁 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 30 16
丸山元気 1-0-0-9/10 10.00% 10.00% 10.00% 47 16
荻野琢真 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 2545 595
吉田隼人 0-2-2-3/7 0.00% 28.60% 57.10% 0 94
中谷雄太 0-1-0-10/11 0.00% 9.10% 9.10% 0 16
宮崎北斗 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 66
的場勇人 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 42
西田雄一 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 70
川須栄彦 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 123
鮫島克駿 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 17
横山和生 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 90
森裕太朗 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 280
岩崎翼 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 493

短い期間の福島リーディングを虎視眈々と狙う北村友一騎手が2勝に2着2回と猛チャージ。
連続リーディングを狙う吉田隼人騎手も善戦する中、独走に待ったをかけてきました。
特に9Rから11Rまで3連続で馬券に絡むなど勢いは本物、最終レースも僅差の4着と見せ場は十分。
俄然福島開催が面白くなってきたようです。

丸田恭介騎手と共に2勝を挙げてきたのが伴啓太騎手
ダート1150m戦で2勝と低迷していたコースで存在感を発揮、
他のコースでの成績がどうにも奮わない中、この2勝で苦手にしていた小回りダートに攻略の糸口が見つかるでしょうか。

回収率の面では先週に引き続き、関西の穴男・荻野琢真騎手がしっかりと貢献。
ここ最近の勝ち星こそ伸びていませんが、岩崎翼騎手も複勝で穴を開けてきました。
目次に戻る


東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
田辺裕信 3-0-1-6/10 30.00% 30.00% 40.00% 492 154
松岡正海 2-0-0-6/8 25.00% 25.00% 25.00% 322 81
ムーア 2-0-0-5/7 28.60% 28.60% 28.60% 50 31
M.デム 1-2-1-3/7 14.30% 42.90% 57.10% 62 101
戸崎圭太 1-1-0-8/10 10.00% 20.00% 20.00% 28 23
内田博幸 1-1-0-7/9 11.10% 22.20% 22.20% 113 75
大野拓弥 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 217 98
岩部純二 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 276 90
柴田大知 0-2-0-6/8 0.00% 25.00% 25.00% 0 45
蛯名正義 0-1-2-5/8 0.00% 12.50% 37.50% 0 78
柴田善臣 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 238
柴山雄一 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 52
石橋脩 0-1-0-8/9 0.00% 11.10% 11.10% 0 23
和田竜二 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 74
秋山真一 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 110
石川裕紀 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 88
北村宏司 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 90
吉田豊 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 31
黛弘人 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 180
野中悠太 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 445
江田照男 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 45
津村明秀 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 97

R.ムーア騎手が参戦してきましたが、それを上回る3勝を挙げてきた田辺裕信騎手
メインレースの武蔵野ステークスでは時計の出やすいコンディションだったのを味方に、レコード更新のおまけつきで快勝。
この日馬券になったのは全て1600m以上、短距離戦ではなくマイルや中距離戦がやはり得意なのでしょうか。

一方で久しぶりに東京競馬場で1日2勝を挙げてきた松岡正海騎手
ダートでは僅差で掲示板のレースがありながら馬券圏内まであと一歩でしたが、芝では2勝と存在感を示してくれました。
昨年の勝ち星まではあと2勝で並びますが、芝の勝ち星を昨年に並べるにはまだ4勝。低迷脱出となるでしょうか。

回収率の面では2年目の野中悠太郎騎手が穴っぽい活躍。
一度噛み合うと勢いが止まらなくなりますが、1日だけしか持たないのをどうやって克服してくるでしょうか。
ベテランの柴田善臣騎手も回収率で貢献。秋の東京競馬場で健闘が続いています。

目次に戻る


京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
川田将雅 3-0-1-1/5 60.00% 60.00% 80.00% 194 120
福永祐一 2-1-0-5/8 25.00% 37.50% 37.50% 436 245
ルメール 2-0-0-6/8 25.00% 25.00% 25.00% 70 35
浜中俊 1-2-2-2/7 14.30% 42.90% 71.40% 90 222
川島信二 1-1-0-2/4 25.00% 50.00% 50.00% 285 120
幸英明 1-0-2-5/8 12.50% 12.50% 37.50% 281 106
坂井瑠星 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 145 37
石神深一 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 1800 300
武豊 0-2-2-5/9 0.00% 22.20% 44.40% 0 111
藤岡康太 0-2-0-6/8 0.00% 25.00% 25.00% 0 442
松山弘平 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 102
アッゼニ 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 48
四位洋文 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 60
高田潤 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 110
シュタル 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 25
松若風馬 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 326
国分優作 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 1456
藤懸貴志 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 400

10月の京都に続いて相性の良さを見せている川田将雅騎手、この日も3勝と好調持続。
ただし重賞では馬券に絡めないなど、着実に勝ち星を稼いている際特有の現象も。
加えて積極的な競馬をして上手くいっている反面、末脚勝負になると分が悪いのも気になるところ。
付け入る隙を今後どう埋めてくるのかにも、注目してみましょう。

一方で前半から5連続で馬券に絡む活躍を見せていた浜中俊騎手、勝ち星こそ1つ止まりでしたが芝のレース4鞍すべてが上がり3位以内と、調子の良さは際立っています。
ただし、弾け切れていないのが歯痒いところ。勝っておきたいレースをしっかり勝ちきれていないリズムを改善してくれば、もっと印象に残る活躍が出来るだけに、秋の京都開催でどこまで挽回してくるでしょうか。

回収率の面では國分優作騎手が久しぶりの複勝4桁配当。
藤岡康太騎手藤懸貴志騎手も高い回収率で大きく貢献。
先週に引き続いて松若風馬騎手も穴男ぶりを見せてきました。

関西リーディング上位であるはずの福永祐一騎手浜中俊騎手も回収率が優秀。
少しばかし配当が荒れ出した傾向は明日以降も続くのでしょうか。

目次に戻る


本日の「Play of the day」

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
PLAY_OF_THE_DAY

京都8R(京都ジャンプステークス) 1着 ⑥ドリームセーリング 石神深一騎手
昨年このレースで敗れたこの馬に、再びコンビを組んで初重賞制覇を成し遂げただけではありません。
混戦の障害リーディングをほぼ手中に収める一勝、勝ち方の鮮やかさを含めて選出します。

今年の石神深一騎手はとにかく操縦性の良さが目に付きます。
意図する位置、速度へほぼミスすることなく馬を導いていける。
だから思い描いたとおりの作戦をレースで実行できる。

こう言った騎手は平地なら香港などを主戦場にしてくれる外国人騎手が腕を見せてくれますが、
障害レースだと今は石神深一騎手が最も安定して発揮できているでしょう。
思い通りに馬を動かせる力を、普段使用しないバンケットでも出せたと言う点は、
単に今年度のJRA賞を取る以上に経験値としても非常に大きいはずです。

後続に追いつけない場面でスパートしての押し切りも、なかなか馬券圏内を外さない高田潤騎手を相手にしてのものですから、
着差以上に相手に完勝した印象を与える、そんな好騎乗だったと言えます。

レース運びは勿論のこと、障害飛越の着地の際も馬に負担をかけないようなスムーズな着地、
身体が上下にほとんどブレない芸術的なフォームはこれまでの努力の賜物でしょう。

「人馬一体になるとは」こう言うことである。

それを見せ付けるような良いレースであり、最多勝利生涯騎手のタイトルを初めて獲るに相応しいだけの良い仕事ぶりでした。


以上、【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.11.12でした。
目次に戻る

スポンサーリンク


PAGE TOP