【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.10.09

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

10月9日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
福永祐一 1-3-1-6/11 9.1% 36.4% 45.5% 38 73
藤岡佑介 1-2-0-2/5 20.0% 60.0% 60.0% 154 86
城戸義政 1-1-0-2/4 25.0% 50.0% 50.0% 1270 615
松山弘平 1-0-1-7/9 11.1% 11.1% 22.2% 36 37
和田竜二 1-0-1-7/9 11.1% 11.1% 22.2% 62 31
菱田裕二 1-0-1-3/5 20.0% 20.0% 40.0% 144 96
石橋脩 1-0-1-1/3 33.3% 33.3% 66.7% 130 143
酒井学 1-0-0-3/4 25.0% 25.0% 25.0% 62 30
川島信二 1-0-0-2/3 33.3% 33.3% 33.3% 410 120
四位洋文 1-0-0-1/2 50.0% 50.0% 50.0% 805 140
森一馬 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 7110 1440
平沢健治 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 640 170
加藤祥太 0-1-1-2/4 0.0% 25.0% 50.0% 0 140
川須栄彦 0-1-0-3/4 0.0% 25.0% 25.0% 0 35
池添謙一 0-1-0-3/4 0.0% 25.0% 25.0% 0 30
古川吉洋 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0% 0 100
水口優也 0-1-0-0/1 0.0% 100.0% 100.0% 0 270
高田潤 0-1-0-0/1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
浜中俊 0-0-1-7/8 0.0% 0.0% 12.5% 0 15
鮫島克駿 0-0-1-3/4 0.0% 0.0% 25.0% 0 122
藤岡康太 0-0-1-8/9 0.0% 0.0% 11.1% 0 27
高倉稜 0-0-1-2/3 0.0% 0.0% 33.3% 0 40
田中健 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0% 0 2050
白浜雄造 0-0-1-0/1 0.0% 0.0% 100.0% 0 110

綺麗に12名の勝利騎手に分かれたこの日、前日は10戦とも馬券圏内なしと不振だった福永祐一騎手が巻き返し。
前日はGIを取れなかった影響が無いと考えたいですが、少しエンジンの掛かりが早くてこの日は前半で4戦連続馬券圏内と存在感十分。
ただ、後半は最終レースで1番人気ながら2着に敗れるなど、弾みをつけるはずがなかなか流れに乗り切れないのは少し心配ではあります。再び良い流れに乗ることは出来るでしょうか。

2着2回で高い連対率をマークしてきた藤岡佑介騎手は、コーナー4回の競馬3戦でいずれも馬券圏内を確保・
好調が持続している時はコーナー4回の競馬で成績が安定する傾向があり、この日は芝・ダート問わず大活躍。
特に10Rの清滝特別では、稍重の馬場を苦にせず上がり最速で豪快に差しきり勝ちを決めてきました。この秋は更なる活躍をしてきそうです。

回収率の面では若手が大活躍!
昨日が森裕太朗騎手なら、この日は森一馬騎手が単勝71.1倍の大穴一撃!
さらに城戸義政騎手も中穴を開ければ、2着1回のオマケつきと大暴れ。
芝の短距離ばかりで活躍していた田中健騎手は、久しぶりにダートの短距離戦で豪快に複勝2050円の高配当。
開幕週だと言うのに、にわかに京都は活気付いてきたようです。

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
ルメール 3-3-1-2/9 33.30% 66.70% 77.80% 55 107
戸崎圭太 3-0-1-4/8 37.50% 37.50% 50.00% 90 73
田辺裕信 1-1-0-7/9 11.10% 22.20% 22.20% 315 105
武豊 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 48 42
勝浦正樹 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 460 92
木幡巧也 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 86 25
藤田菜七 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 233 80
松田大作 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 4726 1286
横山典弘 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 312
幸英明 0-1-1-1/3 0.00% 33.30% 66.70% 0 566
蛯名正義 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 71
吉田豊 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 336
柴山雄一 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 85
北村宏司 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 31
木幡初也 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 46
津村明秀 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 220
川田将雅 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 80
大野拓弥 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 91
田中勝春 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 230
吉田隼人 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 86
横山和生 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 50
野中悠太 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 420

負けられない戦いはメインレースでも熱い火花を散らしました。
C.ルメール騎手が3勝と2着3回と結果を出せば、戸崎圭太騎手も3勝と一歩も引きません。
毎日王冠もワンツーフィニッシュ、得意のスローペースで流れた幸運を逃さずに戸崎圭太騎手が勝利。
年末に向けて勝利数だけでなく、レベルの高いプレーでお互いを高めてもらいたいですね。

火花を散らすと言えば、地味な様でとんでもなく派手な火花が散ったのが6R。
ベテランの柴山雄一騎手と、新人の藤田菜七子騎手がマッチアップ。
実は前日の8R、同じ東京のダート1400mで激しい鍔迫り合いを二人が繰り広げていました。
最後は脚色の違いで、人気薄の柴山雄一騎手がクビ差の勝利。
そして、この日はお返しとばかりに藤田菜七子騎手が勝利し、競馬場に大きな歓声が響きました。

連日人気薄の騎乗馬を好走させた柴山雄一騎手が見せる、我武者羅さがあってこその叩き合いでしたが、
レースのレベルはどうであれ、観に来て良かったと思えるレースをしてくれるのは、
着順や人気に関係なく騎手一人ひとりが心がけて欲しい大切なことです。

回収率の面ではベテランが熟練の技で大きく貢献してくれました。
まずは松田大作騎手が、久し振りの東京ながら12番人気で勝利。
さらにはこちらも久し振りの東京に遠征してきた幸英明騎手が2着1回・3着1回で高い回収率をマーク。
そして久し振りの登場、吉田豊騎手も高い回収率でしっかり貢献してくれました。
若い力とぶつかり合う事でいつも以上に刺激を受けて、良い化学反応が発生したのでしょうか。
この勢いで秋競馬を一段と盛り上げてもらいましょう。

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です

PLAY_OF_THE_DAY

京都11R(オパールステークス) 2着 ⑤セカンドテーブル 水口優也騎手

この馬にこのコンビ。

いつになくスタートダッシュが付かず、速やかに作戦を切り替えたのは好判断でした。
勝った森一馬騎手をスンナリ行かせてしまっては厳しくなりますが、冷静に最善を尽くした騎乗振りは、負けはしましたがとても収穫が多かったように感じます。

行きたがる馬をなだめるのは一苦労しましたが、そう簡単にオープンでは勝たせてもらえないのを経験してきたコンビネーション。
残り800m地点でコンタクトが噛み合い、折り合いは上手く付きました。
癖を知っている鞍上だからこその呼吸が合ったレース運び、この経験はきっと他の馬に騎乗したときも生かしてくれるでしょう。

そして最後の直線、なかなか進まないズブいところは織り込み済みで早めに手綱を動かし、先頭に迫っていきます。
ひと追いひと追いが勝利を掴むため、少しでも上の着順を掴むため。
オープン馬同士の激しい叩き合いに、全身を使った大きなアクションで応える鞍上。

結果は2着、騎乗馬の実力を引き出したのに及ばず悔しい敗戦ではありましたが、
持ち味を生かせない窮地からの冷静さと情熱を込めた巻き返し。
強豪相手にやれるだけのことは尽くした果敢な挑戦に、拍手を送りたいと思います。
逃げずに立ち向かえば、道は開けるものですね。

スポンサーリンク


PAGE TOP