【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.09.11

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

騎乗成績から馬券戦略の糸口を探る
「先週の結果分析」のコーナーです。

各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう。

9月11日、日曜日の結果を振り返りたいと思います。

阪神競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
福永祐一 2-1-2-3/8 25.00% 37.50% 62.50% 61 145
川田将雅 2-1-1-3/7 28.60% 42.90% 57.10% 45 71
浜中俊 2-0-1-6/9 22.20% 22.20% 33.30% 178 50
M.デム 1-2-0-5/8 12.50% 37.50% 37.50% 242 91
石橋脩 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 310 86
川島信二 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 605 125
中谷雄太 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 7410 1063
森裕太朗 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 375 130
白浜雄造 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 190 110
内田博幸 0-2-1-7/10 0.00% 20.00% 30.00% 0 44
川須栄彦 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 202
北村友一 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 83
太宰啓介 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 63
義英真 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 40
四位洋文 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 110
林満明 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 110
岩田康誠 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 22
菱田裕二 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 186
藤岡康太 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 32
藤岡佑介 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 44
熊沢重文 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 60
国分恭介 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 150

3人が2勝を挙げる混戦になった、この日の阪神競馬場。3着の数で僅かに福永祐一騎手がリードしたでしょうか、
メインレースのセントウルステークスも、すこしペースが速かったように思えましたが、後続へ済し崩し的に脚を使わせたので結果オーライ。
1日通して活躍してくれましたが、欲を言えば平場のレースでもう少し勝っておきたかったところ。
惜しいレースで勝ちきる強さがこれからどこまで復活してくるかにも注目してみましょう。

2勝+2着1回では並んだ川田将雅騎手も存在感十分の活躍ですが、小倉開催に較べれば取りこぼしが少し目立ちました。
競馬に絶対は無いとは言えリーディング上位で更に上を目指すには、比較的優位なダート戦での確実性が求められてくるでしょう。
今年は例年に無くダート短距離で結果を出せていますが、本来なら得意のダートの1700m以上で結果を出していかないといけません。
芝での実績同様に、限界を突き破るような成長をこれからも一歩ずつ目指してもらいたいですね。

回収率の面では昨日に較べると全体がおとなしくなってしまいましたが、中谷雄太騎手が抜群の大穴メーカー振りを発揮。
好調が持続しないのはもったいないにせよ、追い動作の力強さは相変わらず。嵌まった時の威力は計り知れません。

<中山競馬場の成績/h2>

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
戸崎圭太 2-3-0-6/11 18.20% 45.50% 45.50% 31 80
池添謙一 2-0-0-1/3 66.70% 66.70% 66.70% 253 96
大野拓弥 2-0-0-8/10 20.00% 20.00% 20.00% 556 67
田辺裕信 1-2-0-6/9 11.10% 33.30% 33.30% 21 51
木幡巧也 1-0-1-5/7 14.30% 14.30% 28.60% 114 74
江田照男 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 868 292
松岡正海 1-0-1-2/4 25.00% 25.00% 50.00% 935 222
柴山雄一 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 36 18
嘉藤貴行 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 80 28
津村明秀 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 37
蛯名正義 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 53
柴田大知 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 31
吉田豊 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 50
横山和生 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 520
伊藤工真 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 175
酒井学 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 70
北村宏司 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 46
菊沢一樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 52
丸山元気 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 272
武士沢友 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 120
藤田菜七 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 53
木幡初也 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 100
松若風馬 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 245

この日2勝に終わった戸崎圭太騎手に迫ったのが、メインレースをロードクエストで制した池添謙一騎手
久しぶりの中山参戦でも抜け出すタイミングの良さは全く色あせず、勝負強いところをしっかり見せてくれました。
勝利を掴む嗅覚のような物が錆付いていないのは良い傾向、秋もGI戦線で大暴れしてくれれば言うことありません。

同じく2勝を挙げてきたものの、数多く乗ってきたためにやや薄まってしまった大野拓弥騎手
昨年に較べて勝ち星は伸びていますし、キャリアハイを更新しそうな勢いこそありますが、持ち前の勝負強さが影を潜めています。
課題は芝のレース、特にマイル戦の成績がなかなか伸びてこないことですが、この日は芝のマイルでも勝利。
一度スイッチが入ると大物食いをする騎手だけに、この活躍は何かのきっかけに繋げてほしいものです。

回収率の面では横山和生騎手がまずまずの存在感。穴っぽい馬券をもっと量産できるようなら、色々と視野も今まで以上に広がってくるでしょうし、今後の活躍にも期待してみましょう。
江田照男騎手や丸山元気騎手も健闘してくれましたが、やはり真打は関東遠征時の松若風馬騎手でしょうか。
この相性の良さを今年の残りシーズンで、もう少し見せて欲しいです

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です

PLAY_OF_THE_DAY

中山12R(3歳以上1000万下) 1着 ⑯ヒカリマサムネ 江田照男騎手
馬によっては力任せに追われることでやる気が更に燃え上がるケースもあります。
しかし、その逆も当然存在します。

人間も同じですよね。
思いっきり叱られて闘志に火が付くタイプも居れば、叱られすぎたら腐ってしまう人も居ます。

中山ダート1200mの稍重とは言え珍しく追込みが決まるレースでしたが、
直線の追い動作は馬の邪魔をしない、ソフトな推進運動。
重心がブレにくい低い態勢だったのも功を奏しました。
居るんですね、人間が余計なことをすると萎縮してしまう馬も結構な数で。

これも確かに、腕で持ってきたことには間違いありません。
もしも江田照男騎手が豪腕の持ち主だったら、こう言う騎乗は出来なかったでしょう。
騎手それぞれに個性や持ち味が違って当然ですが、人馬一体となったレースを目指すのは同じこと。

若手騎手には自分がどんな持ち味を持っているのかを気付き、レースで発揮していくことを追求してもらいたいと思います。

スポンサーリンク


PAGE TOP