【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.05.29

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です

「先週の結果分析」のコーナーです。
各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう

5月29日、日曜日の結果を振り返りたいと思います

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
藤岡佑介 2-1-1-4/8 25.00% 37.50% 50.00% 92 73
幸英明 2-0-2-7/11 18.20% 18.20% 36.40% 33 50
和田竜二 1-2-1-5/9 11.10% 33.30% 44.40% 168 182
デュプレ 1-1-1-6/9 11.10% 22.20% 33.30% 96 101
松若風馬 1-1-1-6/9 11.10% 22.20% 33.30% 24 41
秋山真一 1-1-0-5/7 14.30% 28.60% 28.60% 334 84
荻野極 1-1-0-2/4 25.00% 50.00% 50.00% 547 152
義英真 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 803 196
竹之下智 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 590 180
熊沢重文 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 110 75
坂井瑠星 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 123
太宰啓介 0-1-0-6/7 0.00% 14.30% 14.30% 0 91
高倉稜 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 218
岡田祥嗣 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 320
山本康志 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 500
城戸義政 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 416
酒井学 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 247
藤懸貴志 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 1110
佐久間寛 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 1210
柴田未崎 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 1430

鬼の居ぬ間に誰が勝ち星を伸ばすのか?GIの裏開催となってしまった京都ですが、藤岡佑介騎手が着実に馬券圏内に進出して存在感を示してくれました。人気薄を持ってくると言うよりは、人気馬を着実に走らせてくる傾向がより強くなってきたように感じます。

短期免許で来日中のM.デュプレシス騎手がJRA初勝利。リーディング順位を考えると来年以降の規定ではなかなか来日が難しくなりそうなので、しっかりアピールして欲しいところです。

そして今日は下の方、複勝でしっかり高配当を演出した3名にも注目します。藤縣貴志騎手は勢いが戻りつつあるようですし、再び流れに乗って複勝率・着順へ更にこだわって欲しいところです。佐久間寛志騎手も障害戦の着地がなかなか安定していて、推進力のある追い動作が加わると、よりスムーズな競馬が出来そうで期待しています。
それから柴田未崎騎手も直線の入り口までスピードを上げながら大外を回す大胆な騎乗ぶりは、存在感抜群でした。最後が腕の力だけで追ったり身体に力が入って前進が硬くなってしまったのは残念ですが、この度胸は無視できないなと感じさせました。

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
戸崎圭太 3-1-0-3/7 42.90% 57.10% 57.10% 277 117
吉田豊 1-1-2-3/7 14.30% 28.60% 57.10% 188 192
内田博幸 1-1-1-7/10 10.00% 20.00% 30.00% 135 88
武豊 1-0-2-5/8 12.50% 12.50% 37.50% 106 121
福永祐一 1-0-1-7/9 11.10% 11.10% 22.20% 70 51
田辺裕信 1-0-0-8/9 11.10% 11.10% 11.10% 105 30
川田将雅 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 133 43
丸山元気 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 185 90
三浦皇成 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 495 150
嘉藤貴行 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 2370 390
ルメール 0-3-0-3/6 0.00% 50.00% 50.00% 0 80
岩田康誠 0-2-0-6/8 0.00% 25.00% 25.00% 0 56
蛯名正義 0-1-1-2/4 0.00% 25.00% 50.00% 0 75
ボウマン 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 34
松岡正海 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 44
江田照男 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 373
ベリー 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 34
井上敏樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 335
勝浦正樹 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 50
小牧太 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 330
田中勝春 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 75

ダービージョッキーの川田将雅騎手も勿論目立っていましたがですが、勝ち星を堅実に積み上げた戸崎圭太騎手は一日を通してしっかりと活躍。数字の面でも回収率の面でも文句の付けようがありません。あとは重賞の舞台でまたひと仕事お願いしたいところです。

連日の活躍で名前が出てくる吉田豊騎手、本当に今年の新人・とくに藤田菜七子騎手と同じ開催場で騎乗する時はグググッと成績が上がりますね。先輩の意地をしっかりと見せてくれるだけでも、時に新人や若手にとっては大きな教材になりますよ。

ルメール騎手は勝ち星が無く運が無い惜敗が多くありましたが、ダービーはもうケチの付けようの無い完璧な騎乗でした。落鉄さえなければ着差がもっと開いて、見た目にも強い勝ち方だったでしょうし、この好調ぶりは来週あたりにリベンジを期待したくなりますね。

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です

PLAY_OF_THE_DAY

京都4R(4歳以上・障害未勝利) 1着 ⑪メイショウヒデタダ 熊沢重文騎手

馬の実力を考えれば当然の1番人気、しっかり応えてくれましたがここ2カ月程全く勝てない長いトンネルをようやく脱出。JRA通算1000勝を達成しました。

障害騎手としても通算3位タイの勝ち星となり、平地のレースと合わせての1000賞は価値があります。そして何より、インタビュー時に集まった後輩騎手の数がその偉業の凄さを物語っています。

引退する訳でも無いのに、区切りの勝利であんなにウイナーズサークルが騎手で埋まるような状況も、今後そうは起きないでしょう。人柄もそうですが、実直に競馬に取り組むその姿勢は、まさに「生きたお手本」です。

勝ち星を積み上げるスピードは人それぞれですが、やはり積み上げてきた功績の大きさを改めて感じさせる1勝でした。身体が動く限り、まだまだ円熟味のある技をファンにも後輩にも見せて欲しいと思います。

スポンサーリンク


PAGE TOP