【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.05.21

スポンサーリンク

「先週の結果分析」のコーナーです。
各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう

5月21日、土曜日の結果を振り返りたいと思います

新潟競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
柴山雄一 2-3-1-2/8 25.00% 62.50% 75.00% 62 232
勝浦正樹 1-1-0-5/7 14.30% 28.60% 28.60% 64 125
菱田裕二 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 41 52
石橋脩 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 184 64
横山和生 1-0-1-1/3 33.30% 33.30% 66.70% 173 123
長岡禎仁 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 318 46
津村明秀 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 125 41
中井裕二 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 72 35
丸山元気 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 390 143
森裕太朗 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 740 210
江田勇亮 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 1890 490
加藤祥太 0-2-0-4/6 0.00% 33.30% 33.30% 0 261
岩崎翼 0-2-0-2/4 0.00% 50.00% 50.00% 0 82
吉田隼人 0-1-3-4/8 0.00% 12.50% 50.00% 0 108
川須栄彦 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 52
鮫島克駿 0-1-0-8/9 0.00% 11.10% 11.10% 0 27
西谷誠 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 380
北村友一 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 35
丸田恭介 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 38
中谷雄太 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 18
上野翔 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 1530

手の付けられないような勢いで馬券圏内に突っ込みまくり、大貢献してくれたのが柴山雄一騎手。昨年ほどのペースでは無いにせよ、やはり夏場に向けて数字を挙げてくる傾向は今年も健在、更なる活躍が期待できるかもしれません。

回数の面では吉田隼人騎手がアピールするも、まだまだ物足りない感じ。それもそのはずで、若手騎手がピラニアの如く星を奪い合い、喰いまくっているからでしょう。

障害戦では江田勇亮騎手が約1年9カ月ぶりとなる勝利を達成、昨年は未勝利で2着2回と3着2回。掲示板には居るのもおよそ半年ぶりになってしまいましたが、これをきっかけに低迷脱出となるでしょうか。

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
ルメール 5-2-0-1/8 62.50% 87.50% 87.50% 165 140
川田将雅 1-1-3-6/11 9.10% 18.20% 45.50% 24 84
浜中俊 1-1-1-3/6 16.70% 33.30% 50.00% 71 168
松若風馬 1-0-1-5/7 14.30% 14.30% 28.60% 1797 481
坂井瑠星 1-0-1-4/6 16.70% 16.70% 33.30% 65 78
秋山真一 1-0-0-6/7 14.30% 14.30% 14.30% 558 148
太宰啓介 1-0-0-5/6 16.70% 16.70% 16.70% 36 20
四位洋文 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 130 53
幸英明 0-2-0-9/11 0.00% 18.20% 18.20% 0 86
松山弘平 0-2-0-8/10 0.00% 20.00% 20.00% 0 79
和田竜二 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 337
松田大作 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 66
岩田康誠 0-1-0-10/11 0.00% 9.10% 9.10% 0 13
武幸四郎 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 58
藤岡佑介 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 27
池添謙一 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 44
荻野極 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 807
田中健 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 285

NHKマイルカップ制覇で勢いが付いたのか、C.ルメール騎手が5勝の荒稼ぎ。2着2回と抜群の安定感。その一方でM.デムーロ騎手が突如10戦馬券圏内無しという事態に。何があったのでしょうか?

一時期の不調からようやく抜け出した感のある川田将雅騎手がリズムを作りつつあります。そろそろ大仕事をしてくれそうな気配も感じますが、この上昇気配をどのように繋げて行くのか注目してみましょう。

復帰2週目の浜中俊騎手もまずはここまでは順調な復活をアピール。一旦エアーポケットに落ちる可能性もありますが、いつまでも怪我扱いしていない方が良さそうですね、

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
戸崎圭太 4-2-0-3/9 44.40% 66.70% 66.70% 165 103
ベリー 2-2-1-4/9 22.20% 44.40% 55.60% 596 210
福永祐一 1-2-0-5/8 12.50% 37.50% 37.50% 30 48
大野拓弥 1-1-2-6/10 10.00% 20.00% 40.00% 21 294
柴田大知 1-1-1-9/12 8.30% 16.70% 25.00% 52 54
田中勝春 1-0-2-4/7 14.30% 14.30% 42.90% 102 354
内田博幸 1-0-2-8/11 9.10% 9.10% 27.30% 27 100
吉田豊 1-0-0-8/9 11.10% 11.10% 11.10% 63 16
三浦皇成 0-2-0-9/11 0.00% 18.20% 18.20% 0 80
横山典弘 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 25
的場勇人 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 130
蛯名正義 0-0-2-9/11 0.00% 0.00% 18.20% 0 37
石川裕紀 0-0-1-8/9 0.00% 0.00% 11.10% 0 18
江田照男 0-0-1-9/10 0.00% 0.00% 10.00% 0 70

戸崎圭太騎手の4勝固め打ちで、リーディング独走に待ったを掛けた模様。素直にこの成績は評価しないといけないでしょう。

T.ベリー騎手の単勝回収率がようやく目を引くレベルまで来ました。しかし、安定してこのまま穴っぽい配当を連発してくれるかとなると、半信半疑。ともあれ、まだまだこんなもので終わるわけにもいかないでしょう。

最近、回収率の面で度々名前が出る田中勝春騎手。上手いのか下手なのか良く解からない状況は相変わらずですが、穴党を喜ばせる活躍が出来るのならば今後も期待してみたいところです。

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です

PLAY_OF_THE_DAY

京都11R(平安ステークス) 1着 ⑭アスカノロマン 太宰啓介騎手

成長途上なのは陣営のコメントからも窺い知る事は出来ましたが、それにしても強い、圧勝。

そのポテンシャルを遺憾なく発揮し続けてきた太宰啓介騎手の、ソツない騎乗ぶりを評価して選出したいと思います。

まさか逃げるとは思いませんでしたが、折り合いもバッチリついて楽なペースで上手く逃げられた点は成長の証しと言って良いでしょう。

4コーナーではハミを噛ませてリードを拡げるなど、勝ち方も印象に残るものでした。

あれぐらい馬の能力を信じて乗れるようになると、GI制覇も時間の問題かも・・・と思わせる騎乗って言うのは、ダート戦ではなかなか出来るものではありません。

そう言うレベルになるまで人馬ともに成長し続けてきただけに、もう一つ壁を乗り越えて欲しいと願わずには居られません。

スポンサーリンク


PAGE TOP