【先週の結果分析とベストプレー賞】騎手成績回顧2016.04.24

スポンサーリンク

「先週の結果分析」のコーナーです。
各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう

4月24日、日曜日の結果を振り返りたいと思います

福島競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
吉田隼人 2-2-1-3/8 25.00% 50.00% 62.50% 141 106
木幡巧也 2-1-0-5/8 25.00% 37.50% 37.50% 140 62
丸山元気 1-2-0-7/10 10.00% 30.00% 30.00% 52 95
丹内祐次 1-2-0-6/9 11.10% 33.30% 33.30% 57 77
津村明秀 1-0-1-8/10 10.00% 10.00% 20.00% 95 38
北村友一 1-0-1-4/6 16.70% 16.70% 33.30% 35 60
丸田恭介 1-0-0-9/10 10.00% 10.00% 10.00% 54 16
横山和生 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 208 72
加藤祥太 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 182 47
上野翔 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 210 130
岩崎翼 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60% 0 74
原田和真 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 27
菱田裕二 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 21
小野寺祐 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 170
的場勇人 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 150
宮崎北斗 0-0-2-3/5 0.00% 0.00% 40.00% 0 440
長岡禎仁 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50% 0 28
伴啓太 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 76
井上敏樹 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 31
中井裕二 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 68
熊沢重文 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 50
中村将之 0-0-1-0/1 0.00% 0.00% 100.00% 0 160

重賞も無い純粋なローカル開催、やはり出てきた吉田隼人騎手は天皇賞に向けて弾みが付いたでしょうか。

新人の木幡巧也騎手も大健闘、技術と勝負強さに更に磨きをかけて欲しいところです。回収率でひと際目立ったのは宮崎北斗騎手。この泥臭さを来週以降につなげてもらいましょう。

障害戦では上野翔騎手が連日の勝利で猛烈アピール、中村将之騎手も連日馬券圏内に入っており更なる活躍が期待されます。

京都競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
福永祐一 2-1-0-9/12 16.70% 25.00% 25.00% 35 45
和田竜二 2-0-2-7/11 18.20% 18.20% 36.40% 61 93
荻野極 1-2-1-2/6 16.70% 50.00% 66.70% 198 936
幸英明 1-1-1-5/8 12.50% 25.00% 37.50% 127 106
佐藤友則 1-1-0-6/8 12.50% 25.00% 25.00% 66 61
松田大作 1-1-0-3/5 20.00% 40.00% 40.00% 326 92
松山弘平 1-0-3-7/11 9.10% 9.10% 36.40% 82 78
池添謙一 1-0-1-6/8 12.50% 12.50% 25.00% 228 61
秋山真一 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 360 208
小崎綾也 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 155 45
松若風馬 0-2-0-7/9 0.00% 22.20% 22.20% 0 28
国分優作 0-2-0-2/4 0.00% 50.00% 50.00% 0 567
藤岡佑介 0-1-0-7/8 0.00% 12.50% 12.50% 0 38
森裕太朗 0-1-0-3/4 0.00% 25.00% 25.00% 0 50
小牧太 0-0-2-6/8 0.00% 0.00% 25.00% 0 626
川島信二 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 423

京都競馬場はM.デムーロ騎手が居ない事で一気に混戦模様。福永祐一騎手や和田竜二騎手も好調をキープしていますが、秋山真一郎騎手や松田大作騎手がお目覚めの勝利で、激しいつばぜり合いが見られました。

回収率ではクラレントを内枠で流れに乗せた小牧太騎手が存在感を示せば、國分優作騎手もしっかりと人気薄を持ってきて混戦に割って入ってきました。

今年の夏は、騎手たちの戦いも熱くなりそうです。

東京競馬場の成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
ルメール 2-2-0-4/8 25.00% 50.00% 50.00% 102 151
柴山雄一 2-1-1-6/10 20.00% 30.00% 40.00% 101 130
内田博幸 2-0-1-8/11 18.20% 18.20% 27.30% 389 124
川田将雅 1-2-0-1/4 25.00% 75.00% 75.00% 85 135
蛯名正義 1-0-2-4/7 14.30% 14.30% 42.90% 54 81
石橋脩 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 158 104
田辺裕信 1-0-0-8/9 11.10% 11.10% 11.10% 420 88
戸崎圭太 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 195 52
三浦皇成 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 60 17
岩田康誠 0-2-0-8/10 0.00% 20.00% 20.00% 0 42
横山典弘 0-2-0-2/4 0.00% 50.00% 50.00% 0 122
吉田豊 0-1-2-3/6 0.00% 16.70% 50.00% 0 300
勝浦正樹 0-1-1-7/9 0.00% 11.10% 22.20% 0 148
石川裕紀 0-1-0-10/11 0.00% 9.10% 9.10% 0 41
武士沢友 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 45
柴田善臣 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 115
田中勝春 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 42
酒井学 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 62

メインレースでは不利な大外枠もなんのその、C.ルメール騎手が勝利し牝馬重賞での強さを改めて見せ付けてくれました。
やや低迷気味だった柴山祐一騎手が徐々に調子を上げてきており、春競馬では昨年同様に不気味な存在になるでしょうか。
内田博幸騎手の好調キープと、実績通りに東京コースで力を見せる川田将雅騎手は、今後の飛躍につなげてくれるでしょうか。
吉田豊騎手は勝利数こそ伸びませんが連日の活躍で馬券へ大貢献。開催替わりはやはり要注意でしょうか。

CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です

PLAY_OF_THE_DAY

 京都7R(4歳以上500万下) 2着 マイティティー 荻野極騎手

もともとダート戦では初勝利を挙げるなど合っている印象でしたが、この日も1Rで勝利を挙げるなど相性の良さを見せてくれました。

さらに5Rでは15番人気で3着、7Rでも6番人気ながら2着と、デビュー直後に比べて明らかに鞭を効果的に入れられるようになり、追い動作のパワー不足を上手く補っていました。

この日は更に今まで1度も馬券に絡めなかった芝のレースでも2着に入るなど絶好調。

下級条件戦なら引き続き狙ってみたいだけでなくしばらく追っかけてみたいほどの魅力を存分にアピールしてくれました。

スポンサーリンク


PAGE TOP