【オークス 2016 予想】池添謙一を信頼して良いのか?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年5月22日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • オークス (東京11R 15:40発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

〔PR〕8週連続的中!毎週無料で4レースも予想が見られるアプリ

単勝2倍以上なら、相当美味しい

この春のGIシーズンで、惜しい2着を3度記録している池添謙一騎手に、いよいよ待望のGIタイトルがやってきそうです。

これまでの戦績を観ても、かなりハイレベルの牝馬クラシック路線を牽引し続けてきた、シンハライトが断然有利。

唯一の敗戦もゴール前の首の上げ下げによるもので、実力は抜けています。

勝ったジュエラーと現時点で同等の評価をして良いでしょう。断然人気なら単勝オッズの旨みが薄れてしまいますが、単勝1倍台でも不思議では無いぐらいに、中心視して良いと考えます。

大きなアドバンテージをどう使うか

加えて抜け出してしまってからは脚色が鈍りましたが、比較的大きなストライドで走れている点も良い点。

桜花賞ではジュエラーよりも4完歩ほど少なく直線を走り切っています。

長い距離を走るのであれば、細かいピッチ(脚の回転)をずっと続けるよりも、大きなストライド(歩幅)で距離を稼いでいく方が、スタミナもスピードも持続しやすいものです。

生まれながらにして備わる距離適性と言うものがありますが、シンハライトは実績面以上に身体能力でもアドバンテージがあります。

差し返されたと言ってもほんの僅かな差ですし、出たなりの位置でじっくりと脚を貯めて抜け出すタイミングを間違えない事だけでしょう。

もう一度シンハライトの成績をおさらい

デビュー戦:先行抜け出し

2戦目  :出遅れも差し切り

3戦目  :出遅れも差し切り、最後に並んで交わす

4戦目  :差し切るも最後に並ばれ交わされる

この様に脚を余して負けたケースはありませんし、内目の枠を引いたので距離のロスもそんなに多くはならないでしょう。

むしろ直線の真ん中ぐらいがポッカリ空くようなシーンで、満を持して抜け出せば良いはずです。

負ける要素があるとしたら失格馬が出る様なとんでもない不利を受けるとか、ジョッキーが不可抗力を受けてレース中に落馬してしまうとか、そう言うレベルでしょう。

7年掛けて回復してきた信頼関係に、応えるときは今

振り返ると8年前のオークスで、池添謙一騎手はオークスを制しました。

しかし、4コーナーで外に馬を弾きだし、直線で大きく内側に斜行して進路を確保するなど、レースは審議になりました。

鞍上の池添謙一騎手は「継続的かつ修正動作の無い危険な騎乗」により開催日2日間の騎乗停止となり、様々な形で論争が繰り広げられました。

せっかく勝ったのに各方面からバッシングされるなど、キャロットファームと言うクラブとの信頼関係は徐々に疎遠になって行きます。

しかし、その間にもオルフェーヴルの3冠を達成するなど勝負強さを示し続けていた池添謙一騎手、昨年のオークスでは7年ぶりにキャロットファームの勝負服を着て参戦。

クルミナルを見せ場十分のレースで好走させて3着に持ってきました。

その後はショウナンパンドラによるジャパンカップ制覇など、活躍は皆さんの知るところです。

もちろん「斜行したが勝ったのは池添、責める訳にはいかない」と言う会員さんも居ましたが、一時期「池添を乗せるな」とまでクラブ内から意見が出されてしまった池添謙一騎手。

紆余曲折を経て、ようやくその恩返しをしようとしています。7年掛けて回復してきた信頼関係、応えるときは8年目の今年を逃すわけにもいかないでしょう。

もしも逆転があるとすれば、ジュエラーと同じような血統背景?

シンハライトを逆転するのはかなり難しいと思いますが、万が一があるとすれば大外枠に入ってしまったダイワドレッサーでしょう。

ジュエラーが(ネオユニヴァース×ミスタープロスペクター系の)ヴィクトワールピサ産駒でしたが、同じようにネオユニヴァース×ミスタープロスペクター系の血統背景である事を考えると、まさかの一発・蜂のひと刺しの様な事があるかもしれません。

でも、大外枠を引いてしまった上に2010年以降東京芝2400mでは重賞での3着以内が一度も無い三浦皇成騎手。

平場のレースなら勝率10%&回収率も100を超える得意な条件ですからまだしも、3歳牝馬のGIでは可能性は限りなく低いでしょう。

今の東京競馬場では特定の血統がなかなか苦戦していますが、そのあたりは無料のメールマガジンでお話しする事にします。

→と言うか、なんでこの話題はそんなに出て来ないんだ???って気になります。

あ、ノーザンファーム生産馬が多く該当するからか。それならマスコミは気付いても言えないのは、仕方ありませんわ。そんなの言ったらクビだもんね。

ヴィクトリアマイルはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

池添謙一騎手

騎乗馬:③シンハライト

今年の騎乗成績ははっきり言って超低空飛行、それでもこの一戦に懸ける気合は尋常では無い。8年前の悪夢を振り払うべく積み重ねてきた信頼回復が、いよいよ結果を出す。戦線離脱したジュエラーの分まで、完勝どころか圧勝を期待する。

**(2つ星評価)

石橋脩騎手

騎乗馬:①フロムマイハート

ノーマークで先行させれば怖い騎手で、今年は重賞も2勝しており不気味な存在感を発揮していて軽視するのは禁物。ハーツクライ×母は短距離で活躍と言うケースでヌーヴォレコルトが好走しており、過去の前例に続く可能性はある。

*****************************

蛯名正義騎手

騎乗馬:⑫フロンテアクイーン

消耗戦はお手の物で、過去にもアパパネでオークス制覇の実績のある国枝栄厩舎とのホットライン。皐月賞での活躍は記憶に新しく、各馬が距離に懸念材料がある今回は一気の浮上も考慮しておきたい。

*(1つ星評価)

T.ベリー騎手

騎乗馬:⑰ロッテンマイヤー

前半急がせない事が絶対条件だが、それ以外の馬の能力は水準以上のものがあり大物食いの可能性がある。馬主・騎手はそこまで強調材料が無いものの、新進気鋭の池添学厩舎と言う点は一考の余地がある。

*****************************
戸崎圭太騎手

騎乗馬:⑬チェッキーノ

前走の勝ちっぷりが強そうに見えるが、戦ってきた相手が桜花賞組と比較するとかなり恵まれてきた印象が拭えないのが難点。騎手は好調をキープしており馬券圏内に持ってくるだけで良いのなら漁夫の利を含めて可能性はある。

*****************************

三浦皇成騎手

騎乗馬:⑱ダイワドレッサー

鞍上との息は抜群に合っており、上位と遜色の無いコンビネーションが魅力。フェアリーステークスやクイーンカップでも器用なところは見せていたが、東京コースがより強い内容で、間隔を開けてここ一本に絞ってきた点も注意したい。

以上、オークスの予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP