【日経新春杯 2017 予想】浜中俊を選ぶべきか、消すべきか?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 日経新春杯 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)※代替開催のため、配信については未定です。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年1月15日代替開催分の予想を公開します。

こちらの記事では
日経新春杯(京都11R 発走予定時刻15:45)
についての予想および見解をお伝えします。

(追記)

1/15 10:53

京都競馬開催中止となりました。

代替開催(1/17)の予想につきましては、騎手データ等・評価は同じままで行いますが、メールマガジンでの配信は行いません。

 

※メルマガ推奨買い目、先月のおもな的中は香港スプリントを馬連5点予想、◎△で¥4,790が的中。
金鯱賞では▲◎○で、3連複4点予想の1点目で¥6,050的中。

的中報告を読者の皆様から戴きました。的中おめでとうございます&ありがとうございました!
今月もやります!限定企画「中山1200mに賭けろ!」昨年12月には単勝50倍をGetするなどトータル大幅プラスを達成。メインレース以外でこの舞台だからこそ狙ってみたい特注馬を1月7日以降に毎日1頭ずつ推奨しますので、お楽しみに。


これは、もはや事件?なぜか浜中俊騎手が、勝てなくなりました

今回の日経新春杯、おそらく上位人気に推されるであろう浜中俊騎手なんですが、

騎手買いをするにはこの騎手を避けて通る訳には行きません。

何故か?

答えは簡単です。

かつて、京都芝2400mでは最も信頼できるほどの、実績を残した騎手だったから

これに尽きます。

2011年から2013年までの3年間、

そして、2014年以降の3年間+α

浜中俊騎手が、この「京都競馬場の芝・2400m」に騎乗したときの成績をまとめてみました。

浜中俊×京都芝2400m 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2011-2013年 5-3-5-12/25 20.00% 32.00% 52.00% 150 116
2014年以降 0-5-0-13/18 0.00% 27.80% 27.80% 0 46

勝率0%。

何も、今年(2017年)だけの話しではありません。

3年間も、勝率0%です。

ちなみに、2011~2013年の5勝と言うのは、実はかなりすごい成績なんです。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
川田将雅 7-0-1-14/22 31.8% 31.8% 36.4% 305 84
浜中俊 5-3-5-12/25 20.0% 32.0% 52.0% 150 116
岩田康誠 3-4-3-12/22 13.6% 31.8% 45.5% 77 79
福永祐一 3-0-3-13/19 15.8% 15.8% 31.6% 58 51
和田竜二 2-6-3-20/31 6.5% 25.8% 35.5% 57 94
池添謙一 2-4-1-16/23 8.7% 26.1% 30.4% 114 83
四位洋文 2-2-1-12/17 11.8% 23.5% 29.4% 82 61
安藤勝己 2-1-2-3/8 25.0% 37.5% 62.5% 311 127
ルメール 2-1-1-2/6 33.3% 50.0% 66.7% 293 120
M.デム 2-1-0-6/9 22.2% 33.3% 33.3% 53 38

その期間で浜中俊騎手の成績は、2位。

しかも今回の日経新春杯に騎乗予定のメンバーでは、もっとも勝っていた騎手なのです。

そんな浜中俊騎手が0勝。

なーんか、おかしいですよ。もはやこれは事件ですって。

その後の2014年以降の期間、同じように京都競馬場の芝・2400mで行われた全レースのデータを出してみますけど・・・

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
川田将雅 5-2-6-7/20 25.0% 35.0% 65.0% 107 93
武豊 5-2-4-11/22 22.7% 31.8% 50.0% 106 93
松山弘平 5-1-3-12/21 23.8% 28.6% 42.9% 140 99
岩田康誠 4-3-3-13/23 17.4% 30.4% 43.5% 102 86
福永祐一 3-3-1-8/15 20.0% 40.0% 46.7% 76 87
ルメール 3-2-1-5/11 27.3% 45.5% 54.5% 68 76
小牧太 3-1-2-14/20 15.0% 20.0% 30.0% 186 77
酒井学 2-2-2-16/22 9.1% 18.2% 27.3% 83 86
M.デム 2-0-0-4/6 33.3% 33.3% 33.3% 71 36
松田大作 1-3-1-5/10 10.0% 40.0% 50.0% 24 97

【5-3-5-12/25】で勝率20.0%だった浜中俊騎手の2011~2013年の成績って、

そっくりそのまま当てはめれば全騎手でもナンバーワンの成績なんです。

原因もあるはずなんですが、あまりにも落差が大きくてビックリしますよね。

だから取捨選択は、他のデータも含めて慎重に行わないといけません。

まだまだ眠れる獅子なのか、それともとんでもないスランプの真っ只中なのか。

分かった上での取捨選択をしましょうよ。重賞レースと言うせっかくの機会なんですし。

理由の一端は「レースで優位に立てる作戦」を取れていないだけ

せっかくの機会なので、このコースだけではなく浜中俊騎手の成績を、振り返ってみましょう。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
浜中俊 14-16-8-98/136 10.3% 22.1% 27.9% 56 70

2014年以降のデータですが、芝の重賞ではGIを含めても3年間で14勝をあげています。

十分すぎるほど優秀な成績です。

こんな浜中俊騎手ですが、ある傾向が見られるのです。

それは「残り600m地点の位置取りで、成績が大きく異なる」と言う事です。

はぁ?何言ってんだよお前、

馬鹿じゃないの?

当たり前じゃんって言われるのは覚悟の上ですが、

この話は最後までちゃんと聞いて下さいよ。

取捨選択に関係する大事な話ですから。

なぜか先行したり、中団より前で成績が落ちる謎のエアーポケット

普通の騎手は、前で競馬すれば強くて、

後ろから競馬すれば成績が落ちます。

ここで取り上げるのは、そんな当たり前のことではありません。

では、まずは比較するためにリーディングジョッキー・戸崎圭太騎手のデータでも見てみましょうか。

2014年以降の芝で行われた重賞レースの成績を抽出しています。

上3F時差 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
0.0~0.2 4-5-1-16/26 15.4% 34.6% 38.5% 280 135
0.3~0.6 10-10-3-32/55 18.2% 36.4% 41.8% 103 96
0.7~1.0 6-4-3-34/47 12.8% 21.3% 27.7% 85 71
1.1~1.5 4-3-3-26/36 11.1% 19.4% 27.8% 41 96
1.6~2.0 1-1-1-5/8 12.5% 25.0% 37.5% 176 111

戸崎圭太騎手は逃げなきゃ勝てない騎手ではないので、多少傾向に差はあります。

しかし前に行けば強くて、差し追い込みでは少し成績が落ちるのは傾向として出ています。

そこで、比較するのは浜中俊騎手。

特に注目してほしいのは、戸崎圭太騎手が最も得意としてる「上がり3ハロン時差0.3~0.6秒」のところ。

上3F時差 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
0.0~0.2 7-1-1-15/24 29.20% 33.30% 37.50% 91 63
0.3~0.6 1-7-1-34/43 2.30% 18.60% 20.90% 7 59
0.7~1.0 5-3-5-19/32 15.60% 25.00% 40.60% 146 130
1.1~1.5 1-5-0-24/30 3.30% 20.00% 20.00% 14 39
1.6~2.0 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 70

まさかの、勝率2.3%。

先行策を取っても、勝率2.3%。

重賞だから簡単に勝てないとは言え、それにしてもそこだけ成績がベッコリと凹んでいます。

それこそ1.1~1.5秒離れた、純粋な差し先方の方が勝率がいいですし、連対率だって良いんです。

他の騎手だってもっと良い成績を収める絶好の位置から、なかなか馬券になっていない。

これは何か理由がありそうですね。

先行・中団より前から勝負を仕掛けるタイミングが、傍から見ていると結構早い

様々なデータを全部載せると調査費用をもらっても足りないんだよ読みづらいし焦点がぼやけてしまうので、

簡潔に言うと「仕掛けるタイミングの問題」と結論付けて良いと言えます。

せっかくの良い位置に付ける事は出来ても、そこでなかなか足が溜まらなくなっているのが大きな問題なのです。

これは京都芝2400mだけでなく、芝で行われる重賞レース全般で、浜中俊騎手に言える事なのです。

詳細なデータは全て掲載しませんが、大まかに言うと

2013年までは、他の馬が仕掛けても浜中俊騎手のタイミングで仕掛ければ、脚が溜まっているので良い勝負になっていました。

しかし、2014年以降は同じような位置に居て同じように仕掛けているようで、実は早仕掛けになってしまっているのです。

また、語弊を恐れずに言うなら「それを見透かされて、他の馬や騎手は仕掛けが遅れ気味」になっており、

この相乗効果で浜中俊騎手がこれまで勝てていたケースでも勝ち切れなかったり、大きく負けたりしているのです。

おそらくこれは、C.ルメール騎手とM.デムーロ騎手が年間参戦をすることになったこと、

それから浜中俊騎手が逃げるミッキーアイルでNHKマイルカップを、

マクリ気味に差すショウナンパンドラで秋華賞を勝つなど、

これまで以上により思い切った戦法を取って結果を出せるようになったのも、大きな要因になっているはずです。

ハンデ重賞で好調な二人の騎手が参戦、華麗な技の競演にも期待

2014年以降のJRAで行われた「芝のハンデ重賞」に限定すると、

騎手によって得意不得意が結構ハッキリ出ています。

そのデータも少し見てもらいたいのですが・・・

せっかくなので今回は騎乗予定メンバーを全部公開しちゃいます。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値
福永祐一 4-4-1-7/16 25.0% 50.0% 56.3% 196
M.デム 4-2-2-12/20 20.0% 30.0% 40.0% 158
武豊 3-0-2-19/24 12.5% 12.5% 20.8% 91
池添謙一 3-0-1-17/21 14.3% 14.3% 19.0% 70
小牧太 2-3-3-22/30 6.7% 16.7% 26.7% 120
松若風馬 2-1-0-15/18 11.1% 16.7% 16.7% 108
和田竜二 2-0-2-25/29 6.9% 6.9% 13.8% 143
浜中俊 1-5-2-14/22 4.5% 27.3% 36.4% 20
四位洋文 1-1-1-11/14 7.1% 14.3% 21.4% 57
田中健 1-0-0-2/3 33.3% 33.3% 33.3% 146
川島信二 0-1-2-4/7 0.0% 14.3% 42.9% 0
シュミノ 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0% 0
フォーリ 0-0-1-2/3 0.0% 0.0% 33.3% 0

実績でリードしているのはM.デムーロ騎手と、福永祐一騎手です。

この二人はそれぞれ大きな特徴がありますが、M.デムーロ騎手は以前からハンデ重賞に相性が良く、信頼度が上がる騎手なのです。

一方の福永祐一騎手は、ハンデ重賞で・・・

実は昨年から今年の京都金杯に掛けて、6連続で馬券になっているんです。

中にはダートのシリウスステークスまで含まれるんですから、本当にハンデ重賞であまり信頼出来無かったのが嘘のような快進撃です。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2014-2017 4-5-1-8/18 22.20% 50.00% 55.60% 174 125
2014-2016.5月 1-3-0-8/12 8.30% 33.30% 33.30% 79 70

一気に馬券に絡むようになったとは言え、以前の福永祐一騎手は掲示板に乗ることを含めて、

ハンデ戦で連続して好走する傾向があります。

これだけ長く続くとそろそろ小休止では?とも思えますが、

今回はその前にもう一度ぐらいは、この勢いを信じてみたいと思います。

何せ、シュヴァルグランに重賞を勝たせ、ヴィヴロスに秋華賞を勝たせるなど、

競馬を教え込むのもなお一層上手になっているのが昨年の特徴です。

少しずぶいカフジプリンスに、どのような教鞭を揮い、新たな可能性を示してくれるのか。

一人のレース観戦者としても、福永祐一騎手の戦術には興味津々なのを隠すことが出来ません。

2017年の日経新春杯はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑭レーヴミストラル

58kgを背負った昨年の天皇賞・春でも、着順こそ10着に負けたが着差は0秒7と十分な内容。久々でもしっかりと動けており、状態面の問題は考慮しても実績で断然リード。2ヶ月重賞を勝っていないのでそろそろ&ハンデ戦の実績はもともとトップクラスと文句のつけようが無い。

**(2つ星評価)

V.シュミノー騎手

騎乗馬:⑧モンドインテロ

騎乗馬は中団からのレースが得意で、鞍上はどちらかと言えば先行タイプでマッチングこそアンバランス。それ以外は実績・ハンデ共に狙いごろだし、接戦に持ち込むか大きく負けるかの両極端な成績からも、まさかこの騎乗馬で大負けするとは考えにくく、勝ちきれない点以外は相手候補になんら問題なく筆頭に置いておきたい。

*****************************
浜中俊騎手

騎乗馬:③シャケトラ

騎乗停止期間中の前走こそ他の騎手に譲ったが、次世代の主力騎乗馬の主戦として結果を残しておきたいところ。データから観ると明らかに2着・3着狙いタイプだが、そこまで超ハイペースになるようなレースでもなく、これまでの不振を取り返せなくても堅実に結果を出してくるのではないか。53kgは魅力だが、現時点で騎乗馬の実力は「相手が揃った準OPでどうなのか?」も懸念材料。

*(1つ星評価)

四位洋文騎手

騎乗馬:⑨レッドエルディスト

ズブさが出てくるようになってきた騎乗馬だし、ハンデ重賞でそこまで強気になれない騎手との組み合わせで、54kgのハンデは魅力でもせいぜい3着ぐらいと考えるのが自然なはず。時計が掛かる馬場でも苦にしない鞍上だけにまだマシとは言え、得意なはずの2400mで重賞を勝てていない点と、日本ダービーを使ったときのメンタル面のストレスを未だに引きずっていないかが気になる一頭。

*****************************

和田竜二騎手

騎乗馬:⑤ミッキーロケット

なまじっか神戸新聞杯でサトノダイヤモンドと接戦しただけに人気になるのは理解できるが、ハンデ重賞での成績はお世辞にも良くない鞍上なので評価を上げてもここまで。直線で苦しくなると真っ直ぐ走れない点と、鞍上が右ムチに夢中になって追う手が鈍るのが大きなネック、すべてが噛みあえば2着以上はあるかもしれないが、接戦になればなるほど脆さが出やすいタイプ。

*****************************
福永祐一騎手

騎乗馬:⑦カフジプリンス

末脚が切れるタイプではないので、騎乗馬を上手く前目にポジションを上げて早めに勝負を仕掛ける必要がある分だけ割引。昨年以降で見ても重賞で鞍上の成績は安定しており、作戦・騎乗ぶり次第ではもう少しやれても良い騎乗馬の実力を上手く引き出せるか。

*****************************
以上、日経新春杯の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

来週末の土曜も日曜も、中山・京都・中京の各場メインレースの予想を無料でお届けします。。
日曜は東海ステークス(京都)に加えて、AJCC(中山)と中京競馬場のメインレース予想についても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

先月の企画では10番人気の単勝が的中するなど、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


〔PR〕3連単を少ない点数で、メインレースもバシッと当てる。驚愕の予想指数が登場しました!

【 競馬ファンのみなさんにお伝えします。 】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。

みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

競馬予想サイトではありません。

ただ無料で予想を提供して、有料でも予想を提供して、そんな面白くない競馬はしません。

みなさんが自分で予想をして、自分の予想で競馬を当てる為のサポート、

的中率を上げる為のサポートをします!

>>> お申し込みはコチラから

まずは、「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 先週の指数と結果 」の一部です。

 

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

2017年1月7日(土)

■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月8日(日)

そして、1月7日と8日の1R~12Rまで各券種の的中率です。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想ではこの様な実績です。(3連単2日平均33.3%の的中実績)

すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない!

それはもちろん、あなたの自由です。

少しでも勝てる確率を高めたいと思われている方へ、

今すぐにでも競馬の収支を改善したい方へ、

このコラボ@予想をお届けします。

【 どんなことにも努力が必要です。 】

大学生の方:鉛筆転がして100点は取れません。勉強が必要です。

社会人の方:営業でもなんでも、お客様の要望を聞き出さないと売り上げは上がりません。

主婦の方:円滑なご近所付き合いは、ご近所さんを研究しないといけません。

コラボ@予想を使用したい方:使用方法を研究して的中率を高めて下さい。

週末レースは待ってくれません!

サイトを見まくって研究して、今週末のレースを1つでも多く的中させて下さい!

的中率が上がったと感じた方は、星川までコメント送ってあげて下さい。

サポートスタッフ:星川ゆい(24)

うまコラボのサポート担当。電話での問い合わせも星川が対応します。

>>> お申し込みはコチラから

※アドレス入力後、サイトからの返信メールに時間差があるかもしれませんので、
その時は少しお待ちください。もしくは迷惑メール内も確認してみて下さい。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP