【新潟2歳ステークス 2016 出走予定馬と予想オッズ】

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう
騎手から予想する競馬ブログの「多幸」です。

こちらは「騎手で買う」で、どこまで馬券の収支に繋げられるか・・・
あなたの代わりに難しいテーマに挑戦する、そんなブログです。

それでは早速、

新潟2歳ステークス 2016 の出走予定馬と予想オッズをお知らせ致します。

昨年はデビュー戦を驚異的な末脚で快勝していたロードクエストが、直線で差しきると後続を一方的に突き放す衝撃的なレース内容で連勝。
その後の2歳・3歳戦線の上位候補に躍り出る重賞初勝利となりましたが、
今年はどのような結果になるのでしょうか。

登録馬は以下の19頭

8月28日(日)、新潟競馬場で行われる第36回新潟2歳ステークス(GIII、2歳、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

  • リンクスゼロ
  • アピールバイオ
  • アンジュシャルマン
  • イブキ
  • ウインシトリン
  • ヴゼットジョリー
  • オーバースペック
  • キャスパリーグ
  • クイントゥープル
  • グリトニル
  • サンライズソア
  • チシャーキャット
  • ニシノオウカン
  • ブライトンロック
  • マイネルパラディ
  • マイネルバールマン
  • モーヴサファイア
  • ワールドツアラー
  • マテラフィールド

推定単勝オッズ

  1. モーヴサファイア  3.3
  2. イブキ       3.8
  3. リンクスゼロ    4.7
  4. マイネルバールマン 7.2
  5. キャスパリーグ   12.6
  6. アンジュシャルマン 18.0
  7. グリトニル     18.2
  8. ニシノオウカン   20.7
  9. サンライズソア   22.2
  10. アピールバイオ   30.6
  11. ウインシトリン   40.3
  12. マイネルパラディ  41.6
  13. ヴゼットジョリー  55.8
  14. オーバースペック  81.8
  15. マテラフィールド  88.6
  16. ブライトンロック  101.8
  17. クイントゥープル  119.5
  18. チシャーキャット  142.1
  19. ワールドツアラー  209.2

※新潟・芝1600mで強い騎手※

データは過去10年の全レース(但し、先週の成績は除いております)

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
蛯名正義 23- 25- 13-117/178 12.9% 27.0% 34.3%
柴田善臣 23- 10- 8-125/166 13.9% 19.9% 24.7%
田中勝春 18- 16- 15-119/168 10.7% 20.2% 29.2%

現役騎手では蛯名正義騎手が2着回数の多さで僅かにリード。
複勝率も3割4分超とまずまずの好成績で、信頼度も高そうです。
追い較べになると若干割引が必要になる傾向はありますが、連軸や3連複の軸にするには問題なさそうな実績を残しています。

同じく23勝を挙げているベテランの柴田善臣騎手も、夏の時期に調子を上げてくるので狙えるケースは出てきそうです。
今年は重賞で良い所がなかなか無かっただけに、いきなりのアピールをしてくる場面があるかもしれません。

騎乗回数の多さもあって勝ち星を稼いでいる田中勝春騎手も、要注意となりそう。
複勝率では3割に迫る数字は侮れず、一般戦を含めて軽視出来ない場面は増えてきそうです。

複勝率の高い騎手にも注目!

10戦以上騎乗している騎手の中で、複勝率の高い騎手も馬券戦略に活かせるかもしれません。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
M.デム 6- 4- 0- 10/ 20 30.0% 50.0% 50.0%
岩田康誠 5- 5- 6- 21/ 37 13.5% 27.0% 43.2%
木幡巧也 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
酒井学 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%

ここ最近の実績でM.デムーロ騎手が複勝率ではズバ抜けた成績を残しています。
ただ、勝つか負けるかがハッキリしている為、期待したのに裏切られるケースも存在しています。
信頼度は非常に高いですが、過信は禁物です。

貯金がモノを言うのはベテランならではですが、岩田康誠騎手も複勝率が4割を超えており得意にしていたコース。
今年は北海道を主戦場にしているので新潟に参戦する可能性は低いですが、もしも参戦してくるとなれば、勝負度合いの高さが更に増しているケースなのかもしれません。

複勝率4割に2人が並んでいますが、新人の木幡巧也騎手と、地元・新潟出身の酒井学騎手がランクイン。
ともに今後も相性の良さで馬券に貢献してくれそうな余地があるだけに、注目が必要でしょう。

回収率が優秀な騎手は誰なのか?

10戦以上騎乗して、回収率でも貢献している騎手を探してみました。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 複勝回収値
佐藤哲三 0- 0- 3- 7/ 10 0.00% 0.00% 30.00% 284
長谷川浩 3- 0- 1- 7/ 11 27.30% 27.30% 36.40% 243
幸英明 0- 1- 1- 8/ 10 0.00% 10.00% 20.00% 236
古川吉洋 4- 3- 1- 30/ 38 10.50% 18.40% 21.10% 210
木幡巧也 1- 1- 2- 6/ 10 10.00% 20.00% 40.00% 204
塚田祥雄 0- 4- 3- 13/ 20 0.00% 20.00% 35.00% 189
小野次郎 3- 6- 1- 32/ 42 7.10% 21.40% 23.80% 184
松田大作 9- 7- 5- 37/ 58 15.50% 27.60% 36.20% 175
小牧太 1- 0- 4- 12/ 17 5.90% 5.90% 29.40% 164

複勝率と回収率が共に高水準の木幡巧也騎手が狙いどころ。
黙って買い!と言いたくなるレベルですね。

もしも参戦してきた場合は、小牧太騎手の一発にも警戒しておきましょう。

以上、札幌記念の出走予定馬と予想オッズでした。

予想の最終見解につきましては無料のメールマガジンまたは、新潟2歳ステークスの予想記事(土曜日以降アップロード予定)にて公開致します。

スポンサーリンク

出走予定

Posted by 多幸


PAGE TOP