【中山グランドジャンプ 2016 予想】西谷誠の相手に狙うなら?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年4月9日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 中山グランドジャンプ (中山11R 15:40発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

J・GI5勝目を目指す西谷誠騎手

断然人気のサナシオンに騎乗する西谷誠騎手は、ジャンプレースの重賞を数多く制するトップジョッキーの一人でもあります。

馬の実力もありますし、J・GI5勝目は目の前と言う状況で強力なライバルが居なくなって、かなり優位な状況です。

この馬を中心にした馬券戦術で問題無いはずですが、唯一心配な事があります。

サナシオンを除くと近年の成績が奮わなかった

障害の3900mを超える成績では、メンバー中1位の2勝を挙げる活躍をしており、単勝回収率も120を超える素晴らしい成績を残しています。

ベタ買いしても儲かる騎手ですし、逃げた馬ではかなりの確率で馬券に絡んで居ますが、除外や競走中止も合って乗り鞍が多い割には勝てていないと言うスランプ気味だった時期があります。

今回騎乗するサナシオンの強さは頭ひとつ抜け出ていますが、勝負どころでバテてしまうケースがあった中山の大障害コースを考えると、バンケット(谷)が相当堪えているはずです。

逆転されるのは現実的ではありませんが、念のため相手に選んだ馬と買い方を上手に工夫して戦略を立てておいた方が無難な様に思います。

長距離で狙うなら、3名の騎手に注目

障害レースはスピードが要求されるレースもあれば、スタミナや障害を飛越(ジャンプ)する上手さが要求するレースもあります。

1つ1つの障害を飛ぶときにバランスを崩してしまう様では、上手く流れに乗れなくなってしまいます。

加えて特殊な障害をどのように乗り越えて行けるかと言うのは、普段から練習していても騎手それぞれに攻略法があるのです。

僅かずつ差が付いて行く障害レースでは、騎手の技量も大きく着順を左右する要因になって行きます。

中山コースで成績を残した経験がある騎手ですと

  • 山本康志騎手(ティリアンパープル騎乗)
  • 高田順騎手(ウォンテッド騎乗)
  • 平沢健治騎手(ワンダフルワールド騎乗)

は落馬による競走中止の経験も少なく、J・GIが行われる中山競馬場の3900m以上で成績・実績が安定しています。

一方で安定感は欠けますが、一発を狙うなら植野貴也騎手が怖い存在です。ただし競走中止の回数も多いので、勝負をする場合に馬券が紙くずになるリスクを、予め割りきれるかどうかがカギとなりそうです。

馬と呼吸を合わせる事が出来るかと言う点をクリアし、「人馬一体」の騎乗をしたときに勝利がより近づいてきます。

今回は2010年以降の障害レースで、3900m以上で連対した経験のみを抜粋して、出走メンバーの成績を掲載してみます。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値 1走当賞金
西谷誠 2-1-2-21/26 7.70% 11.50% 19.20% 120 57 519万円
小坂忠士 1-2-1-14/18 5.60% 16.70% 22.20% 21 36 621万円
山本康志 1-1-1-12/15 6.70% 13.30% 20.00% 19 44 854万円
高田潤 0-4-3-11/18 0.00% 22.20% 38.90% 0 89 865万円
平沢健治 0-2-2-4/8 0.00% 25.00% 50.00% 0 277 850万円
植野貴也 0-2-0-14/16 0.00% 12.50% 12.50% 0 48 263万円
草野太郎 0-1-0-4/5 0.00% 20.00% 20.00% 0 92 332万円
金子光希 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 33 433万円
森一馬 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 106 396万円

中山グランドジャンプはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

西谷誠騎手

騎乗馬:②サナシオン

スタミナには一抹の不安はあるが、スピードに関しては現役屈指の存在。マイペースで運べる強みもあるし、後続に脚を使わせる様な展開に持ち込めるのは他馬にとってもかなり驚異。

**(2つ星評価)

山本康志騎手

騎乗馬:⑧ティリアンパープル

前走の負けで人気は落としているが良い意味でガス抜きが出来ており、今回は無欲の好走が期待できそう。勝負どころの仕掛けが上手い騎手と3度目のGI挑戦で前進を。

————–

石神深一騎手

騎乗馬:⑦オジュウチョウサン

距離が長いレースでは良いところがあまりない鞍上なので、人気しすぎる場合は旨みも無いし狙うのがリスキーになる点がネック。脚の使いどころを間違わなければ接戦以上のレースが出来る。

*(1つ星評価)

平沢健治騎手

騎乗馬:⑤ワンダフルワールド

馬と息を合わせるのが非常に上手いので、障害戦で「騎手で買える」とか「観ていて安心する騎手」と言う最たる存在。一方で仕掛けどころで押しが少しだけ弱い点が大一番ではネックに。

————–

植野貴也騎手

騎乗馬:④マイネルフィエスタ

ある程度のスピードは前走で証明しており、バンケットもこなせる力があるだけにコチラは騎手が足を引っ張らないかどうかの一点に尽きる。全てが上手くハマった場合は逆転があったとしても驚けない。

————–

草野太郎騎手

騎乗馬:⑥ブライトボーイ

まだ障害オープンでも勝てていない馬なのでJ・GIは荷が重い印象が強い馬とのコンビではあるが、1戦1戦丁寧に向き合う姿勢でここまで来られたのは草野騎手のおかげ。大暴れに期待。

以上、中山グランドジャンプの予想でした。

買い目に関してはキシュランガイド~騎手から予想するブログ~のメールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP