【目黒記念 2016 予想】大穴候補には師匠に吉報を届けて欲しい

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年5月29日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 目黒記念 (東京12R 17:00発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

縁のある厩舎には必ず恩返しをしてきた騎手が居る

今回注目する騎手には、物語が存在します。

まず騎手デビューをした頃、所属した厩舎はかつて「天才」と呼ばれるに十分だった、若手有望株が所属していた過去があります。

しかし、レース中の事故を皮切りに様々な病気を併発し、若くして亡くなってしまった元騎手が居ます。

調教師は、今回の注目騎手に一本の鞭を渡します。元騎手の使用していた鞭を託し「彼ぐらいにならんと、アカンで……」と言われた若き日の注目騎手は、その鞭を使用して初勝利を挙げる事となります。

川島信二

彼の名は、川島信二。重賞を6勝する中堅騎手です。

フリーになる前に所属していた安藤厩舎で重賞5勝を挙げるほか、結婚後は義父である田島良保厩舎でも準OP勝ちを挙げています。

今回の目黒記念で騎乗する「マドリードカフェ」を管理するのは、勇退した安藤厩舎の管理馬を引き継いで開業している、荒川義之厩舎なのです。

この荒川厩舎にかつて騎手として所属し、引退後に技術調教師として研修を積んで開業した高橋亮厩舎でも準OP勝ちをするなど、やはり何かで縁のある厩舎には必ず結果で応えてきた騎手でもあります。

勝率が低いってことはさておき、これまでに縁のあった関係者とのレースで、(トータルの勝率から考えれば)まずまずの結果を出している点は無視できません、

斤量で有利なハンデ戦だからこそ見直したい

これまで荒川厩舎の管理馬に、川島信二騎手が騎乗した際は重賞で2着はあれど、準OP以上のレースで1着が無いと言う状況でした。

しかし、今年に入って万葉ステークスで念願のOP特別勝ちを決めると、前走の大阪ハンブルグカップでは2着に好走するなど、ようやく訪れたチャンスをしっかりとモノにしています。

荒川厩舎との関係で言える事は、短距離のレースでは無く中長距離のレースでこそ真価を発揮していると言う点です。

重賞でファタモルガーナを2着に好走した際も、ステイヤーズステークス(距離3600m)でしたので、やはりある程度距離が長いレースでこそ、良さが出てくる騎手なのかもしれません。

あまり無理せず好位追走が可能、そして内側の馬場の良い所を走れる点も魅力

ちょうど真ん中の枠を引く事が出来た為、ゲート入り後もあまり長時間待たされる必要が無く、スムーズなスタートを切れそうなのもプラスに働きそうです。

内側の馬に逃げ馬も居ますが、差し馬も多くいる為にスンナリと好位に取り付くのは可能ですし、コースロスの少ない内側には比較的入りやすいと言うのも理想的です。

自らペースを引っ張らないとダメな程の生粋の逃げ馬では無いので、他の馬が作るペースの中でマイペースに持ち込み、前目のポジションで余力を残しながら競馬が出来た場合は・・・前走の再現か、それ以上の成績があっても全く不思議ではありません。

ハンデ戦なので斤量による実力差の埋め合わせもしていますし、真正面から向かって行ったら敵わない相手でも、互角・対等もしくは互角以上に渡り合える絶好のチャンスでもあります。

阪神競馬場の2400mは東京競馬場の2400mや2500m同様に、トータルで能力が問われる誤魔化しの効かないコースでもあります。

対戦相手が誤魔化しが効かなかったとすれば、必然的に順位が上がる事も一考しなくてはなりません。

人気もそこまで集めていない為、気楽な立場でレースが進められたときの怖さ・一発の魅力は十分にあります。

東京競馬場は開催が進み、それまで使っていた内側を使わずに、芝の状態がまだマシな場所を走らせるようになっています。

仮柵を外側へ動かしたCコースは、今までのコース以上にコーナーが緩くなります。前走でゆったりとしたコーナーが特徴の阪神競馬場・外回りコースで、コーナーを上手く使って競馬をしてきたマドリードカフェには、プラスになる可能性はあれど、マイナスになる要素はほぼ無いと言って良いでしょう。

是非、約3年ぶりに訪れた重賞制覇のチャンスですし、持ち味を最大限に生かして勇退した元調教師である師匠にも、良い報告をして欲しいと願います。

今年の成績を見ると完全に芝よりはダートの方が良い成績なので、強気な事を言うのに若干無理があるんですが・・・。

でも、もしも逆転とか穴を開ける機会があるとすれば、次回は何時になるか分かりませんので。

目黒記念はこの様に評価しました

***(3つ星評価)

川島信二騎手

騎乗馬:⑧マドリードカフェ

名古屋競馬場に遠征し、ダート戦を挿んだ影響が功を奏したのか集中力が復活した前走は見所十分の内容。ハンデは少し見込まれた感はあるが、師匠の管理馬を引き継いだ縁のある厩舎からようやく掴んだチャンスだけに、無気力でレースに参加するとは考えにくい。奇跡の大逆転まで一考に入れて、好騎乗を期待したい。

**(2つ星評価)

内田博幸騎手

騎乗馬:⑱ジャングルクルーズ

昨年の夏、世界的名手のモレイラが騎乗した際にべた褒めした逸材、伸び悩んでいる点は歯痒いものの、不得意な展開に巻き込まれたのもある為に、敗因はハッキリしているのが救い。雨が降るような天候でも無さそうなのも良いし、疲れがたまりやすいので間隔を開けて臨める点もプラス。

*****************************
M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑬スーパームーン

スパッと切れるようなタイプではないが、長く良い脚を使えるタイプでもあるので中途半端な2500mの距離では見直しが必要。騎手がより力強く追えるタイプに替わる事で、最後のひと伸びに磨きがかかれば逆転を含めてチャンスは十分にある。

*(1つ星評価)

武豊騎手

騎乗馬:③レコンダイト

内側を通れる絶好枠を引き当てた上に、コンビを組んだ時には走りが一変した武豊騎手が騎乗と現状ではベストとも言える臨戦過程も見逃せない。前走は前を追いかける為にいつもより早めに仕掛けなくてはいけなかったのも大きく響いていて、敗因がハッキリしているだけに巻き返しに注意。

*****************************
蛯名正義騎手

騎乗馬:⑥マリアライト

牝馬GIを制しただけでなく、前走の日経賞では牡馬相手にほぼ互角の勝負を演じた点は侮れない。好走するのに条件付きなのが玉にキズだが、相手次第で戦法にも幅が出てきた点は牝馬ながら軽視できない。

*****************************
福永祐一騎手

騎乗馬:⑮クリプトグラム

騎手が苦手にしている2500m以上のレースなので、さすがに強気に推せる材料は少ないが、他が苦にする様な展開になれば漁夫の利で2着とか3着ならあり得なくも無いのでマーク。バテた馬を交わすだけでも現状では健闘の部類に入るでしょうし、末脚の威力がどこまで通用するのか試金石の一戦。

以上、目黒記念の予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP