【マーメイドステークス 2016 予想】伏兵の一発に警戒

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年6月12日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • マーメイドステークス (阪神11R 15:35発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

過去10年の脚質を観ると、差し馬にけっこう有利

人気薄の馬がハンデを生かし突如好走する事も多いマーメイドステークス、今年も夏競馬のスタートを一段と豪華に飾るべく阪神競馬場で行われます。

ここ10年の成績を振り返ると、逃げ馬や先行馬が押し切るケースもありましたが、差し・追い込み馬の決め手が目立っている傾向が観られます。

日曜日の午後に、突如先行有利の馬場状態に変貌しない限りは、この傾向で馬券戦術を組み立てても問題無いように思います。

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1-3-0-6/10 10.00% 40.00% 40.00%
平地・先行 1-2-2-31/36 2.80% 8.30% 13.90%
平地・中団 5-4-4-44/57 8.80% 15.80% 22.80%
平地・後方 3-1-4-30/38 7.90% 10.50% 21.10%

馬と同様に成績が上り調子の騎手を狙う

昨年1年間の順位と、ほぼ半年が過ぎようとしている今年の順位を比較し、順位が上向いている騎手の調子・勢いも考慮して予想してみます。

昨年より順位が上がっているのは

  • 川田将雅(7位→4位)
  • 田辺裕信(11位→10位)
  • 横山典弘(20位→12位)
  • 松若風馬(17位→15位)
  • 池添謙一(24位→17位)
  • 小牧太(21位→18位)
  • 中谷雄太(58位→40位)
  • 藤懸貴志(93位→74位)
  • この8名。中でも若手以外で一気のジャンプアップを見せている中谷雄太騎手の勢いは非常に目を見張るものがあります。

    例年ダート戦で好走し、ジワジワと実績と信頼を積み上げている印象がありますが、今年は芝のレースでも大活躍。

    重賞を制した事の無いベテランが、突如このような成績になる事はなかなか無いだけに、そろそろ大仕事を成し遂げてくれることにも期待したいところです。

    特に注目して欲しいのは、昨年1年間で6勝しかできなかった芝コースで、今年は既にもう6勝している点。

    騎乗回数も増えており、ここ最近は凡走が多くなってしまったとは言え、昨年の倍以上どころか3倍近い勝率を誇っていた時期もありました。

    ハンデ重賞で、もつれる展開が期待できるなら一発を狙うなら人気薄の騎手が美味しいですね。

    なかでも、騎手の調子も上がっている・昨年以上に乗れているデータがある騎手を狙ってみましょう!

    着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
    2015 6-10-9-110/135 4.40% 11.90% 18.50% 106 107
    2016 6-2-4-74/86 7.00% 9.30% 14.00% 176 64

    唯一のネックは、今年は阪神芝コースで未だ勝利が無いこと

    中谷雄太騎手を無条件に推奨できない理由に、重賞勝ちの経験が無い事が挙げられます。

    それでも昨年末の朝日杯フューチャリティステークスでは、人気薄のシャドウアプローチで3着に粘ってきたのも、記憶に新しいところです。

    今までの成績が出ていない頃に比べて、勝率の高い矢作厩舎からの依頼も増えるようになったりと近年は乗り馬にも恵まれる事が増えてきました。

    唯一のネックは今年、阪神競馬場でまだ芝の勝ち星が無い事。

    しかし、阪神開催時にルメール騎手やデムーロ騎手、戸崎圭太騎手が根こそぎ勝ち星をかっさらっていた時期とも、重なってしまった不運もありました。

    今回はリーディング上位の騎手が居ない「ほぼローカル開催」的な阪神競馬場と、絶好の舞台。
    大きなチャンスを掴む為に立ち上がる、19年目のベテランの静かに燃え上がる闘志に期待してみましょう。

    マーメイドステークスはこの様に評価しました

    ***(3つ星評価)

    中谷雄太騎手

    騎乗馬:③アカネイロ

    先行や好位からも競馬が出来るが脚を貯めた時の威力は強力、斤量が軽い今回はガムシャラに追える騎手が騎乗しているだけに一発狙って欲しい。

    **(2つ星評価)

    横山典弘騎手

    騎乗馬:①ココロノアイ

    わざわざ遠征してくるからには手ぶらでは帰らない男が精力的に阪神遠征、チューリップ賞を制した相性の良い舞台で再びタイトル奪取となるか?

    *****************************
    小牧太騎手

    騎乗馬:⑧タガノエトワール

    ハンデ戦でも苦戦する事もあるが、突き抜けるとしたら少頭数気味になった今回あたりか。スムーズな競馬をする事が出来れば実力は互角。

    *(1つ星評価)

    田辺裕信騎手

    騎乗馬:⑬シュンドルボン

    3月には重賞初制覇も達成し、牝馬同士の戦いならまだまだ伸びしろを感じさせるが現状はもうワンパンチ欲しいところ。鞍上とも手が合わない訳では無いが、牝馬重賞では一枚割り引きの傾向。

    *****************************
    秋山真一郎騎手

    騎乗馬:④レッドオリヴィア

    距離は200m短く外回りコースではあるが、阪神の芝1800m戦では2着2回・3着1回と好相性を誇るコンビが復活。重賞は2回目の挑戦だが、ハンデ戦&今の勢いなら楽しみ

    *****************************
    川田将雅騎手

    騎乗馬:⑤ハピネスダンサー

    騎手のコース実績は文句無しだが、スタミナを問われる様な展開に持ち込めるか。重賞で惜敗が続いている馬だが坂の無いコースで安定感があるだけに、最後の坂をこなせれば。

    以上、マーメイドステークスの予想でした。

    *****************************

    無料メールマガジンの御案内

    買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

    登録はこちらからお願いします。

    スポンサーリンク

    予想

    Posted by 多幸


    PAGE TOP