【京都金杯 2017 予想】内側のグリーンベルト巧者は誰だ?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「京都金杯2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年1月5日分の予想を公開します。

こちらの記事では
京都金杯(京都11R 発走予定時刻15:45)
についての予想および見解をお伝えします。

※メルマガ推奨買い目、先月のおもな的中は香港スプリントを馬連5点予想、◎△で¥4,790が的中。
金鯱賞では▲◎○で、3連複4点予想の1点目で¥6,050的中。

的中報告を読者の皆様から戴きました。的中おめでとうございます&ありがとうございました!
今月もやります!限定企画「中山1200mに賭けろ!」昨年12月には単勝50倍をGetするなどトータル大幅プラスを達成。メインレース以外でこの舞台だからこそ狙ってみたい特注馬を1月7日以降に毎日1頭ずつ推奨しますので、お楽しみに。


グリーンベルトが出現する独特の舞台は、この騎手が狙い目!

本年も「騎手から予想する競馬ブログ キシュランガイド」を、どうか御贔屓にしてください。

ブログ開始2年目、さらにデータ分析・騎手分析に磨きをかけられるように精進してまいります。

さて、京都競馬場は1月分のお休みがあったおかげで、

痛んだ芝をシートで養生してだいぶ回復させる事が出来ました。

特に痛みやすい内側は綺麗に修復されていて、馬の力がフルに発揮しやすくなっています。

最短距離でレースが出来る上に芝の状態が良くなっていますので、

競馬がより優位に行う事が出来る「グリーンベルト」と呼ばれるエリアが出現します。

・・・だからこそ

グリーンベルトを通らないと勿体無い!

んですが、場合によっては内側に各馬が殺到してしまい、スムーズな競馬が出来ない・・・

なんて、本末転倒な事態も実は結構起きています。

1月の開幕週は、グリーンベルトを通れなくても勝つ事は可能です

そんな1年でもこの時期にしか出現しない京都のグリーンベルト。

勿論上手く使えれば言う事はありませんが、いつも以上に内側に馬が殺到しますので、

通れる場所が無い!なんて事になっては、せっかく余力十分で直線に向いても、不完全燃焼になってしまいかねません。

しかも、逃げたり先行してバテて居た馬が「あわよくばひとつでも上の着順を!」と必死の抵抗を試みているので、

内を突くのはハイリターンなのですが、ハイリスクハイリターンな戦法になりやすいのです。

過去3年で「1月開幕週の京都」における芝レースでの成績を観ると・・・

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
浜中俊 5-6-5-25/41 12.2% 26.8% 39.0%
岩田康誠 4-7-3-34/48 8.3% 22.9% 29.2%
武豊 4-6-5-23/38 10.5% 26.3% 39.5%
M.デム 4-3-2-9/18 22.2% 38.9% 50.0%
ルメール 4-2-2-15/23 17.4% 26.1% 34.8%

上位はこんな感じで、勝ち星では浜中俊騎手がリードしていますが、実は結構接戦。

なので、データの条件をもっと絞りながら「騎手買い」出来るだけの狙える騎手を決めて行きたいと思います。

でも、その前に。

データだけを観ると、ちょっと狙いづらい騎手が3名。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
高倉稜 0-0-0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
柴田大知 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0%
古川吉洋 0-0-0-8/8 0.0% 0.0% 0.0%

弁解の余地は若干ありますが、新年早々スタートダッシュが決められないにも程があるでしょうよ。

特に高倉稜騎手は決して冬場の調子が悪い訳でもないのに、この体たらく。

ベテランの古川吉洋騎手も、狙うには少し苦しい成績と言わざるを得ません。

今回有力な騎乗馬に乗ってくる柴田大知騎手も、前走の再現を狙うには少しハードルが上がってくる感じ。

前走の1800mで前半3ハロン=35.3秒と理想的なレース運び。

今回もこれと言って逃げて強い馬も他に居ませんし、

実績のある他の馬もハイペースよりはスローペースが望ましい馬が揃いました。

マイル戦では超スローとも言える「前半35秒台前半」で先行できますので、

過去3年間の実績が無いですが、グリーンベルトを通っていければチャンスも出てくるでしょう。

データだけを観ると少し割引が必要にも思えますが、展開が味方しそうですのでどれだけやれるでしょうか。

データをより実務的に絞り込んでみましょう

先程までのデータを、京都の芝・外周りコースに限定すると・・・このような結果になりました。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
浜中俊 3-5-2-10/20 15.0% 40.0% 50.0%
岩田康誠 3-3-2-15/23 13.0% 26.1% 34.8%
武豊 3-3-1-9/16 18.8% 37.5% 43.8%
ルメール 3-0-0-10/13 23.1% 23.1% 23.1%
M.デム 2-2-1-5/10 20.0% 40.0% 50.0%
フォーリ 2-0-1-6/9 22.2% 22.2% 33.3%

今回騎乗する騎手の成績がかなり引き締まってきました。

特に成績上位の5人+昨年の実績だけとは言えS.フォーリー騎手の成績も侮れなくなってきます。

しかし、これは下級条件も含めたデータです。

レースのレベルが低くて勝ててしまったケースが、重賞にまでそのまま合致する事はなかなか滅多には起きません。

そこで、さらに京都芝外回り+特別戦(重賞を含む)とすると、成績はこのように変化します。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
岩田康誠 2-2-1-7/12 16.7% 33.3% 41.7%
浜中俊 2-2-1-7/12 16.7% 33.3% 41.7%
M.デム 2-2-0-0/4 50.0% 100.0% 100.0%
福永祐一 1-2-0-4/7 14.3% 42.9% 42.9%
武豊 1-1-0-7/9 11.1% 22.2% 22.2%
ルメール 1-0-0-6/7 14.3% 14.3% 14.3%
池添謙一 1-0-0-3/4 25.0% 25.0% 25.0%
和田竜二 0-1-0-9/10 0.0% 10.0% 10.0%
秋山真一 0-0-2-8/10 0.0% 0.0% 20.0%
幸英明 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
フォーリ 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0%
高倉稜 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0%
古川吉洋 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%
柴田大知 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%

より厳しい条件になって、データの数字は悪くなるのが普通です。

そんな中でも上位の2人はかなり健闘している部類。

でも、浜中俊騎手は複勝率が少し落ちてしまいましたし、

岩田康誠騎手もデータこそ素晴らしいですが、今回の騎乗馬がオープン特別・しかもハンデ戦で、

全く歯が立っていませんので、せっかくの舞台ですが割り引かないといけなくなりそう。

ここで注目して欲しいのは4戦2勝、連対率100%のM.デムーロ騎手

より厳しい条件なのに、断然有利なデータが出てきました。

騎乗馬・アストラエンブレムに騎乗してきましたが、他にも様々な要素で狙ってみたいポイントがあります。

それはレース当日朝9時以降に配信予定の無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。

最近気になるのは武豊騎手の「負け方」

ここでもうひとつ触れておきたいのは、おそらく1番人気になるはずのエアスピネルに騎乗する武豊騎手です。

データだけで観れば上位に食い込みそうな実績はありますが、

【1-1-0-7/9】とメチャクチャに強調できるほどの成績とまではいきません。

勝率11.1%、連対率22.2%は決してヒケを取らないのですが、

ここ最近(昨年12月)の武豊騎手の成績を、特に大きな重賞で振り返って見ましょう。

馬券を的中するためには、私情を挟まず冷静に現実を捉えることも必要です。

  • 金鯱賞

レコンダイトで6着
勝負どころで勝ち馬のヤマカツエースの捲りに合い、外に進路を取りたかったが叶わず。
スムーズに加速が出来なかったまま急坂を迎えてしまい、巻き返すも時既に遅し。

  • チャンピオンズカップ

アウォーディーで2着。
ペース判断を間違えたかのように前を追いかけた結果、キツイ運動量に騎乗馬が嫌気を差してしまいレースがチグハグ。
最後はハイペースのごっつぁん差しが得意なサウンドトゥルーに外から差される。

  • チャンレンジカップ

ディサイファで9着。
トップハンデの58.5kgが堪えたにしても、位置取りが後ろ過ぎました。
せめて前に行かなきゃいけないのに、躓いてしまったりとリズムの悪さが露呈。さすがに思うような競馬をさせてもらえず。

  • 朝日杯FS

タガノアシュラで14着。
500万の黄菊賞に較べてもペースは落ち着いていたので、同じだけの脚は繰り出せました。
・・・にしても、上がりの脚は0秒1しか早くならず。
さすがにGIでは力不足の騎乗馬でした。

  • 阪神カップ

ダンスディレクターで4着。
阪神コースで健闘こそしましたが、坂を登りきったところで脚が止まってしまいました。
最後はシュウジとフィエロに外から交わされます。

  • ホープフルステークス

サングレーザーで5着。
残り200mまでは文句の付け様のない騎乗だったが、騎乗馬がまだ成長途上。
勝ち馬のレイデオロに外から交わされると、3着のグローブシアターにも交わされ、
さらに4着のベストリゾートにも交わされる始末。
脚が残っていなかったにせよ、外から交わされそうになると踏ん張りきれず。

  • 有馬記念

キタサンブラックで2着。
サトノノブレスに後ろから突かれてペースを乱されると、最後はサトノダイヤモンドが外からクビ差だけ差しきられる。
競馬の内容はほぼ満点だったが、残り30mでディープインパクト産駒との瞬発力の差が出てしまった。

  • 東京大賞典

アウォーディーで2着。
早めに仕掛けるとソラを使ってしまう騎乗馬だったので、若干仕掛けは遅めに。
それが仇となってアポロケンタッキーに捲られて万事休す。
スローの瞬発力勝負になるとやや分が悪い点が露呈してしまった。
一方、スローの瞬発力勝負が大の苦手であるサウンドトゥルーには何とか先着。

・・・と言った感じでして、最近の武豊騎手は

ことごとく差し馬に外からやられっぱなし

なんです。

おそらく今回もエアスピネルで馬場の内側~真ん中を進んでいくでしょうけど、

最後の最後で外から他の馬にやられてしまうのではないでしょうか。

そう言えばエアスピネルも、おととしの朝日杯FSではリオンディーズに差されました。

菊花賞は内をロスなく運んで3着は十分すぎるほど立派だったとは言え、

サトノダイヤモンドに差されたあと、レインボーラインにまで差されてしまったのですから、

今回の内目の枠は正直プラス要素にはならないかもしれませんね。

エアスピネル自体にはお話しできるネタがありますが、

こちらもレース当日朝9時以降に配信予定の無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。

データを絞り込んでみると、重賞で連対率100%になる騎手を発見!

先程のデータで浮かび上がるのは、重賞で連対率が100%の騎手が二人居ると言うことです。

一人は先述のM.デムーロ騎手ですが、もう一人は・・・

福永祐一騎手です。

昨年こそリハビリ中で騎乗はありませんでしたが、過去3年で2度騎乗している京都金杯では、

いずれも2着に好走させており、もはや「京都金杯男」と言っても良いぐらいの成績を残しています。

1着ではなくて2着なのが憎めないキャラクターでもありますが、この好相性を今回も活かさないと勿体ありません。

しかも好枠の1枠1番を引き当てました。

さらに誰もハイペースで飛ばしたがらないスローの展開が見込めます。

騎乗馬のブラックスピネルは前半急がせると持ち味が出ませんので、

作戦が嵌まるとかなり良いところまで勝負に加わってくるでしょう。

しかも前走は馬体重が+18kgと大きく増えてしまい、これが響いた格好。

それでもハンデ重賞で5着ですから、流れひとつで食い込めるだけの力量は示しました。

この中間も念入りに馬体を絞るように調整。

1月3日の調教終了後に計測した馬体重は、512kg。

前走から-10kgとしっかり馬体を絞ってきています。

本来ならもうひと絞りしたいところではあるかも知れませんが、

前走以上の状態で望める可能性は非常に高いです。

しかも、京都金杯を得意にしている福永祐一騎手ですから、

そこまで人気が集まらない今回の京都金杯なら、内に閉じ込められるリスクを込みでも、

承知の上で狙ってみる価値はあると思いますよ!

2017年の京都金杯はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑭アストラエンブレム 

無理をさせずに自己条件に専念させたところ、夏の新潟と秋の東京で連勝してオープン入り。中団よりやや前で脚を貯めて、しっかりと切れ味を活かせるようになった騎乗馬の成長力は目を見張るものがある。

**(2つ星評価)

福永祐一騎手

騎乗馬:①ブラックスピネル

騎乗馬の実力で言えば重賞では少し足りない現状ではあるが、ハンデ重賞なら足りない分を補える可能性が出てくる。重かった馬体も絞れてきた今回はレースとの相性が良い騎手を配し、重賞での実績を作りに来た模様。

*****************************
S.フォーリー騎手

騎乗馬:⑤フィエロ

重賞勝ちの無い騎乗馬ではあるが、好勝負を期待できるメンバーが相手でトップハンデもギリギリこなせれば。昨年の来日時にはプロフェットで京成杯を制するなど差す競馬に関してはセンスを感じさせる部分を見せてくれただけに、騎乗馬と持ち味がぴったりマッチしそう。

*(1つ星評価)

武豊騎手

騎乗馬:⑥エアスピネル

実力は文句なしの騎乗馬だが、12月に勝てるチャンスをことごとく逸したリズムの悪い鞍上+ハンデもしっかり見込まれただけに、評価はせめてここまで。
ライバルが手薄になる今のうちに賞金を加算したいとは思うが、その為にはレース内容が完璧ではないといけない。

*****************************

浜中俊騎手

騎乗馬:④ブラックムーン

臨戦過程の内容は濃く、ハンデがやや見込まれたのは仕方が無いか。京都の新年開幕週の成績も良く、相手に加えておきたい騎手の一人。唯一の懸念材料は重賞で相手が強く、自慢の切れ味でさえも平凡な脚で終わってしまう可能性がある事。

*****************************
丸山元気騎手

騎乗馬:⑪ダンツプリウス

昨年の終盤、調整ルームで(厩務員に勝利をお祝いする内容の)携帯メールの使用が発覚し騎乗停止処分を喰らうも、むしろ競馬サークル内の評価を上げるような活躍が続いている。
継続騎乗させてくれるオーナーの恩にも応えたい筈で、流れが落ち着いてくれる今回は冬の京都でパワー優先タイプの騎乗馬にピッタリの舞台と、一発狙える要素は揃った。

*****************************
以上、京都金杯の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末・土曜は東西両メインを。
日曜はフェアリーステークス(中山)に加えて、シンザン記念と京都競馬場のメインレース予想についても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

先月の企画では10番人気の単勝が的中するなど、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


【PR】2017年はもっと競馬で勝ってみたい!・・・なので本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか、調べてみた

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

皆さんいきなりですが、最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね~

正直これだけ沢山のサイトがあるので何が本当に使えるかわからんわい!笑

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

そりゃーそうです!

だって世の中にこれだけの情報が溢れかえっているのですから。。

その中で色々な読者の方にお声を頂くのですが

「どれが本当に良いのかわからない!!」

「本当に情報として使えるサイトはどこなの?」

という声をお聞きするんですよね。

と言うことで今回は無料で使えておすすめ出来るサイトを紹介いたします!

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

「無料でもなかなかの情報を出してくれる」

この3点を中心にランキングを付けてみたので参考にしてみてくださいね。

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで

見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂1】勝馬伝説

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.l-horse.com/
【おすすめポイント】
無料情報だけでも万馬券を量産しまくっているサイト。帯封超え(100万)も連発で的中を出しているし、登録は完全無料で的中実績も豊富で無料方法も充実しています。

【殿堂2】チェンジ

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.5il.org/
【おすすめポイント】
専属馬券師の数は業界最候補の216人!2ヶ月連続で16レース連続的中させた強者も揃っているサイトで今なら無料予想もGET出来ます!

【第1位】すごい競馬
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://www.shopwin.biz/
【おすすめポイント】
「お客様に利益をお届けする」ことを最重要課題として7名のプロによる極上情報を提供しているサイト。創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上超えの名前負けしていないサイトです。
【第2位】情熱競馬

【おすすめ度】★★★★★★

【URL】http://www.jn-keiba.com/


【おすすめポイント】

確固たる情報ルートを持ち合わせた先鋭馬券師と専属契約を結んでいるサイト。更に競馬ライフ盛り上げる多彩なイベントも多数開催しているサイトです。

今回ご紹介したサイトはどれも当然ですが無料登録可能なサイトです!

まず無料でしっかりとサイトの情報を手に入れてみて、

気に入ったサイトを使っていくというのが良いのではないでしょうか?

おすすめの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトの情報を見てみる事!

これなら迷惑メールなどが来ても心配は無いですし、本当に使える情報を選別して

その後でメインアドレスで受信するという手法も取れますよね!

私、竹下もそのようにして情報を選別してこのサイトに辿り着きましたので

まずは無料で皆様も活用してみてくださいね~♪

以上、「本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか調べてみた!」でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP