【小倉記念 2016 出走予定馬と予想オッズ】

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

小倉記念 2016 の出走予定馬と予想オッズをお知らせ致します。

昨年はラジオNIKKEI賞2歳ステークスでも2着、昨年の鳴尾記念で3着など重賞でも好走していたアズマシャトルが待望の重賞初制覇を成し遂げました。
鞍上松若風馬騎手も2年目では角重賞制覇を成し遂げましたが、今年はどのような結果になるのでしょうか。

登録馬は以下の12頭

8月7日(日)に新潟競馬場で行われるレパードSの登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

8月7日(日)に小倉競馬場で行われる小倉記念の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

  • ダコール
  • エキストラエンド
  • サトノラーゼン
  • マーティンボロ
  • メイショウナルト
  • アングライフェン
  • ウインリバティ
  • テイエムイナズマ
  • クランモンタナ
  • リヤンドファミユ
  • ベルーフ
  • プランスペスカ

推定単勝オッズ

  1. ダコール      3.0
  2. サトノラーゼン   4.7
  3. アングライフェン  5.1
  4. ベルーフ      5.4
  5. テイエムイナズマ  9.6
  6. マーティンボロ   11.5
  7. エキストラエンド  16.8
  8. ウインリバティ   21.6
  9. プランスペスカ   22.1
  10. メイショウナルト  27.2
  11. クランモンタナ   36.1
  12. リヤンドファミユ  47.1

※小倉・芝2000mで強い騎手※

データは2006年以降の全レース(但し、先週の成績は除いております)

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
浜中俊 27-17-18-94/156 17.3% 28.2% 39.7%
川田将雅 27-13-19-71/130 20.8% 30.8% 45.4%
和田竜二 17-19-15-114/165 10.3% 21.8% 30.9%

上位3名では2名が激しい鍔迫り合いを演じております。2着回数でわずかにリードしているのが浜中俊騎手
しかし、回数が多い分折角のリードしているのも薄まっている印象は否めず、ここが重賞では悩みどころ。
復帰後の調子は良いだけに、殻をぶち破るような活躍がそろそろやってくれそうな点があるのも事実。期待半分、懐疑半分と言うところです。

実質1位と言って良いのが川田将雅騎手。複勝率は5割に迫る高水準ですし、準・地元と言える九州開催でありいつも以上に気合の入った仕事ぶりも見られますし、信頼出来る騎手です。
ただ、他の騎手を大きく突き放す程の成績では無いのが少々気がかり。
気合が空回りしていないか、直前のレース振りもチェックしてみましょう。

3位には、時折京都や阪神で固め撃ちを見せていた和田竜二騎手がランクイン。
複勝率は3割を超えており、重賞に乗ったとしても相手に一考したくなるほどの良い成績は残しています。
4位以下にも栗東所属の有力騎手が僅差でズラリと勢揃い。騎手の実績以上に騎乗馬の調子が良いかどうかも加味して予想した方が良いでしょう。

複勝率の高い騎手にも注目!

10戦以上騎乗している騎手の中で、複勝率の高い騎手も馬券戦略に活かせるかもしれません。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
岩田康誠 5-6-0-13/24 20.80% 45.80% 45.80%
川田将雅 27-13-19-70/129 20.90% 31.00% 45.70%
ルメール 3-1-1-6/11 27.30% 36.40% 45.50%
武豊 13-11-10-43/77 16.90% 31.20% 44.20%

複勝率でも存在感満点の川田将雅騎手ですが、前述しているのでここでは割愛します。

そんな川田将雅騎手をリードしているのは岩田康誠騎手
どこに参戦してくるのか?と言う点では気を揉みますし、これは過去のデータだと考えることも出来ます。
最近の成績からしても同じだけの数字を残してくると考えるのはかなり酷だと考えるのが自然、得意にはしているでしょうけど過信は禁物。

サンプル数は少ないので信頼度では劣りますがC.ルメール騎手がランクイン。
得意にしていると言い切れる数字ではありませんが、今後の加算を含めて相性が良さそうな印象はあります。
狙うなら1着とややリスキーなのは、C.ルメール騎手のスタイルにしてはかなり強気の攻め姿勢。実績のある馬でこそ手堅く狙ってみたい騎手です。

繰り上がってランクインした武豊騎手も4割を超えるハイアベレージを残しています。
小回りコースの適性は文句のつけようがありませんし、こう言った経験が香港など海外のコースでも生かされているのでしょう。
勝ち星もまずまず多いのですが、どちらかと言えば2・3着が多いタイプでもあります。

それから番外では、複勝率こそ33.8%ですが勝率が20.0%(13勝/65R)と言う高水準をたたき出している丸山元気騎手の存在にも触れておきましょう。
夏よりは冬の小倉が主戦場ではありますが、ローカルの中距離戦では強い騎手ですので、参戦時には注目しておきたい騎手の一人です。

回収率が優秀な騎手は誰なのか?

10戦以上騎乗して、回収率でも貢献している騎手を探してみました。
平場のレースを含めて、穴党のあなたにオススメしたい騎手はコチラ。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 複勝回収値
生野賢一 1-1-2-12/16 6.30% 12.50% 25.00% 360
上野翔 1-2-3-12/18 5.60% 16.70% 33.30% 284
田中博康 2-1-3-28/34 5.90% 8.80% 17.60% 195
杉原誠人 0-5-2-10/17 0.00% 29.40% 41.20% 182
江田照男 0-2-0-10/12 0.00% 16.70% 16.70% 180
田嶋翔 0-1-1-12/14 0.00% 7.10% 14.30% 151
佐藤哲三 10-9-8-50/77 13.00% 24.70% 35.10% 138
菱田裕二 2-4-3-20/29 6.90% 20.70% 31.00% 132

引退している生野謙一騎手・田嶋翔騎手・佐藤哲三騎手の3名と、昨年も平地8鞍のみ(今年は平地0鞍)で障害がほとんどの上野翔騎手を除くと、複勝率と回収率の両立が図られている点では杉原誠人騎手が、狙い目と言えるでしょう。
過去の実績を見比べても、案外突出した騎手が居ないのが実情。小倉で割と多く騎乗している菱田裕二騎手を含め、先週や先々週を含めてここ最近の好調な騎手を狙い撃ちしてみるのも作戦としてはアリでしょう。

以上、小倉記念の出走予定馬と予想オッズでした。

予想の最終見解につきましては無料のメールマガジンまたは、小倉記念の予想記事(土曜日以降アップロード予定)にて公開致します。

スポンサーリンク

出走予定

Posted by 多幸


PAGE TOP