【菊花賞 2016 予想】(特別編)菊花賞はシンプルに考えろ

スポンサーリンク

キシュランガイドを観てくれているみんな、おはようさん。

tako-microたこ焼きのオヤジだ。

菊花賞を前に騎手データで粗探しをしようと思ったが、あんまりピンと来るデータがねぇんだ・・・って事で、

このキシュランガイドを運営していて、俺の店の常連でもある多幸と競馬談義していたら、

すこしばっかしネタをくれねぇか・・・って事になったわけ。

菊花賞を前に、競馬歴うん十年の「たこ焼きのオヤジ」が、

あれこれと競馬の考え方を言うって事で、データ特集の代わりとすることになったんだ。

まぁ、冷めないうちにたこ焼きでも摘まみながら、

親父が何か言ってるな~ぐらいで、聞いてくれよ。

(10/23 15:56確定後、メールマガジンと同じ内容で更新しています。)

話が長くなるので、急いでいる人用に「あらすじ」

菊花賞を予想するポイントを、「たこ焼きのオヤジ」流に話す。

他でこう言う考えをしている人は、たまに見かけることもあるが結局長続きしてねぇ。

だから、ここだけでしか読めねぇ内容になっている。

でも、俺は血統がメインじゃあねぇんだ。

血統で考えたい人は評論家の予想でも聞いとけ。

そして、自分で考えて、納得する答え=買い目を出しな。

確かにそうだなって納得できる予想だったら、鵜呑みにして馬券で勝って良いし、

評論家の予想を少し練り上げて、馬券で勝つも、良しだ。

俺の結論は決まっているんだが、多幸が日曜の朝9時ごろ、ールマガジン「キシュランガイド覆面調査」で流してくれるぜ。

まぁ、メルマガ読者がついに3桁になったそうだから、そのお祝いも兼ねて

『「たこ焼きのオヤジ」から競馬の考え方』ってものを、ちょっとプレゼントしてやるぜ。

データ特集が休みになっちまったのは俺のせいだ、悪りぃな

本来なら水曜とか木曜ぐらいに、キシュランガイドって言うこのブログでは

菊花賞のデータ特集を組んで、有力騎手が買えるのかどうかを炙り出す・・・って事になっていたんだ。

しかし、多幸もウチの店でたこ焼きを摘まみながら、俺と競馬談義で盛り上がっちまってな。

すっかりデータの裏づけが取れないからって、最後は昔話に花を咲かせていたんだ。

ずいぶん前の話だが、俺たちには競馬の先生が居たんだ

多幸はまだセイガク、しかも未成年の分際なのに競馬やって居やがってよ。

俺も「たこ焼きのオヤジ」なんて無縁の堅い仕事をしていた。

そんな俺らを含めて何人かは、とある会社の社長さんと仲が良かったんだ。

多幸の場合は、多幸のお祖父さんとその社長が仲が良かったんだ。

まぁ、あいつのことだから「お年玉くれる良いオッチャン」ぐらいにしか思ってなかったんだろうけどさ(笑)

そんな社長が、俺らの競馬の先生だったんだ。

結構教え方が独特でね。

競馬のレースを観るのに、普通じゃ競馬場には持ち込まないものを俺らに持たせたんだ。

今思えば、それが今回の競馬ネタになっているんだから、人生何が起きるかわかんねぇもんだな。

多幸は昔はそこそこ眼が良かったから、先生から双眼鏡を渡されたんだけど

あいつは先生の指示をいつも無視して、モニターばっかり観て居やがんだ。

ついこの前もそんな話をしていて「なんであの時、双眼鏡で馬を見なかったんだ?」って俺も聞いたんだ。

そしたら多幸のやつ、俺に

「双眼鏡が重くて手首が腱鞘炎になっちまいそうで、あれは好かんかったんですよ。」

と来たもんだ。

昔っから運動苦手だったアイツらしいけど、手首ぐらい鍛えとけっつーの(笑)

先生はカウンターを俺らに持たせた。来る日も来る日もカチカチカチカチ。

そうそう、先生は2000m・・・いや、1800m戦の時もあったな。

馬の走る様子を競馬場だったり、録画したVTRだったり、ウインズのレースリプレイだったり。

とにかく時間があれば俺たちに、ある程度長い距離のレースになるとカウンターを渡して

「計っとけ」

って指示してたんだ。

俺らは日本野鳥の会か?って思うぐらい、来る日も来る日もカウンターをカチカチカチカチ押していた。

普通、競馬で計るものって言ったら、ストップウォッチ片手に「タイム」だろうよ。

でも、先生は違った。

計らなきゃいけなかったのは

歩数

だったんだ。

じゃ、そろそろ本格的に真面目な競馬の話をしようじゃあないか。

生まれ持った個性と距離適性は別物だったりするんだ

競走馬って言うのは4本足で走るもんだな。

・・・なんだと?

ちっとも真面目じゃねぇって?

人の話は最後まで聞けって言うんだ。

せっかちな気持ちは馬券を外す元になるんだぞ、よく聞いとけ。

4本足で走る競走馬は、血統とか調教過程で、だんだん特有の個性が出て来るようになるもんなんだよ。

それが回転数と、

歩幅と、

持続力だ。

つまり、競走馬の育った環境とか、父や母がどんな馬だったかによって

チョコチョコ走る馬も居れば、大またで跳んで行く様に走る馬も居るんだ。

パドックで馬を見ていてわかんねぇって言う競馬ファンは多いだろうけど、俺から言わせてもらえば

当たり前だろうが、馬鹿言ってんじゃねぇよ。

ってとこだ。

昔は俺もパドックにかぶりついて来る日も来る日も馬を眺めて、違いは無いかって血眼になって研究していたけど、結局分からず終いだった。

多幸はズルい考えの持ち主だから、しばらく双眼鏡もカウンターも持たずにどっかへ消えて、

そしてパドックで馬を観て

「オヤジさん、決まった。⑤⑦⑧⑨の3連単ボックス」

とか買い目を決めて、それで勝っちまうんだ。

でも、勝った途端に疲れ果てて、競馬場でグーグー寝ちうんだ。

先生にもこっぴどく叱られてたなぁ。

 

多幸のやり方については、何かで話せる機会があれば話しても良いけど、普通の人にはオススメしない。

少なくとも俺は、あんなやり方は身体がもたねぇから、したくねぇんだけどな。それに記憶力もそんなに良くねぇから、どの馬が良くなったのか悪くなったのかを瞬時に計算出来ねぇんだ。

最近多幸も昔やっていたやり方はそう滅多にしなくなっているようだが、人の数だけ予想のスタイルがあるって事を、たこ焼きのオヤジとしては言いたいわけよ。

・・・とまぁ、馬の生産者だってわかんねぇ物を、出産に立ち会ったこともねぇようなズブの素人に、ひと目見て馬の何が分かるんだってーの。

先生が言いたかったのは、馬体の違いがわからねぇんだったら、パドック行くよりも良い方法があるってことだ。

それが歩数を計るってことだったんだ。

昨年の菊花賞は、もう皐月賞の時点で決まっていた

思い出して欲しいんだけど、昨年の菊花賞は・・・

キタサンブラックが勝ったんだよな。

サブちゃんが、インタビューで「♪まぁーつりだ、まつりだまつりだ・・・」って歌っちゃって、場内大盛り上がりだったよな。

ウチの店でも常連がグリーンチャンネル見ながら大笑いしながら手拍子打っちゃってさぁ。

たこ焼き焼いている俺も、なんだか競馬場とは思えないような光景にホッコリしちまったんだ。

多幸と言ったら外したショックで不貞腐れて、ウチの店で「まつりだ・・・ゴッホ」とか歌って居やがって、もう見るも無残な負け姿よ。

で、そんな時に不貞腐れていた多幸に言っておいたんだ。

「な、先生の言うとおりだっただろ?」

あいつも観念して頷くだけだった。

先生は今でも生きてはいるが寝たきりのおじいちゃんになっちまって、正直話すことは殆ど出来ねぇ。

たまに見舞いに行くと俺だってわかるみたいで、少し表情がほころんだりもするけど、もうそう長くないんだろうな。

で、先生の言っていた歩数の話だ。

実は昨年の皐月賞、キタサンブラックは3着に粘っているんだけど、その時の歩数が結構少なかったんだ。

いちいちスタートからゴールまで計測しても良いんだけどよ、俺としては一見さん向けに

「ラスト200mの完歩数」を数えてごらん?と言いたい。

ちなみに昨年の皐月賞、上位3頭の完歩数を比較してみようか。

  • ドゥラメンテ    24
  • リアルスティール  26
  • キタサンブラック  25

つまり、たった1歩とかの違いなんだが、距離が長くなるとこの差がデカい訳。

なぜか。

それは、菊花賞で言えば勝負どころまでのおよそ2400m

春の天皇賞で言えば、勝負どころまでのおよそ2600m

どれだけ少ないエネルギーで走りこなせるのかって言うことだ。

道中の消耗がより少ないのは、ストライドが大きくて、回転数も少ない馬なんだよ。

より少ないエネルギーで前進が出来て、スピードが落ちないんだったら、有利。

勝負どころでまだスタミナが残っているから、血統背景がどうのとか関係なしに勝っちまうんだ。

昔居ただろ?マチカネフクキタルって馬が。

血統だけ見たら無理だと思われていたけど、まんまとスローの上がり勝負に持ち込んで、

上がりの脚だけで勝っちまった。

距離が長い分だけ他はバテるかも知れないが、回転数が少なく・歩数の少ない馬は、

長距離戦でスタミナ消費を抑えられる利点がある。

これを使わない訳にはいかないだろうって話しだ。

ちなみに、昨年の結果を振り返るなら、リアルスティールの2着は当然の結果だし、

キタサンブラックが母父サクラバクシンオーで勝つのも、

歩数が少ないんだから当たり前だったんだ。

まぁ、多幸はそのあたりを考えては居たんだが、別の馬から勝負して撃沈しちまったって訳。

俺も、その馬が歩数が少なくて逆転しても不思議ではないかと思ったが、

そもそもの心配能力が足りなかったんだな。

そう言う訳だったんだ。

だから、俺から言わせてもらえれば

昨年の菊花賞は、皐月賞の時点で決まっていた。

ドゥラメンテが離脱していなければ、3冠は確実だった。

春の天皇賞もドゥラメンテが完勝していたはずだった。

でも、故障には勝てないよな。

俺はドゥラメンテは、キングカメハメハ産駒唯一の、生粋のステイヤーだったって、今でもそう思っている。

で、今年は?って言うと、まずエアスピネルは歩数が多すぎだな。

で、今年の皐月賞で言うと、マカヒキが26歩だったんだ。

これが基準になる。

昨年リアルスティールが26歩で2着だったんだから、せめてラスト1ハロンを26歩以下で

走っている馬をチョイスしなくちゃ、当たるものも当たらなくなるぞ。

で、ここで話せるのは、エアスピネルについてだ。

レースリプレイを見ていると、神戸新聞杯が29歩半。

正味30歩でゴールインしている。2400mで走るのがやっとの馬だ。

さすがに3000mの挑戦は、アホとしか言いようがない。

でも、一生に一度の思い出として参戦するなら、俺は別に構わないと思っている。

それだけクラシック3冠の重みと言う物を分かってくれているオーナーなり、調教師なりの考え方は理解できる。

だってよ、4歳になったら菊花賞には出られねぇんだもの。

万葉ステークスじゃねぇんだもんな。

本命馬はもちろんだが、人気薄のあの馬が仕事してくれるんじゃねぇか?

本命馬A→サトノダイヤモンドでした。

最後の結論に移るが、ある馬がラスト1ハロンを24歩で走れている。

24歩って言うと、昨年ならドゥラメンテ級だ。

さすがに毎回毎回24歩で走れていないから、勝つとしたら辛勝になると思うが、大崩れはしないはずだぞ。

血統面で言えば、とても3000mはプラスにならない馬だが、俺はコレが本命で良いと思っている。

対抗馬B→ディーマジェスティでした

それから皐月賞で25歩で走った馬が居るんだが、コレは対抗で良いと思う。

ただ、秋の初戦では復調途上で明らかに叩き台ではあったけど、25歩で走れなかったんだ。

だから対抗なんだけど、ひょっとしたら穴以下に負けてしまう事もあると思うぞ。

こればっかりはレースだから恨みっこなしな。

ネイチャーレットは、菊花賞に出ていれば馬券に絡んでいたはず

ネイチャーレットが本番にいないのはものすごく惜しい。

この馬は25歩で走れる素質を持っていて、前走は26歩だったが、四捨五入して26歩だから、本番ではかなり良い勝負になっていたはずだ。

野中悠太郎騎手はGI乗れないけど、仮に彼だったとしても・・・だ。

それぐらいネイチャーレットは良い馬だと思っている。

穴馬の中でも注目する馬が居る→上位がレインボーライン、もう1頭ジュンヴァルカンでした。

とある馬は26歩で走っているんだが、内容が非常に良かった。

スピードに乗ってからストライドが伸びているんだ。

同じように26歩で走っている馬が何頭か居るんで、その馬よりも優位じゃないかと思っている馬を上位に持ってくることにするよ。

悪いがここまでしか書けねぇ。

どの馬がより菊花賞馬になるべき走りをしてきたのかは、10/23の朝発行するメールマガジンで発表するぜ。

いろいろと話して悪かったな。みんな、お付き合いありがとうな。

じゃあ、今回はここまで。

みんなで菊花賞を当たり前のように獲ってくれたら、オヤジとしては嬉しいぜ。

〔PR〕レースでどの馬が勝ったのか、まったく分かってない競馬デビューの超初心者ウマジョでも、ちゃんとプラスにさせて感謝されちゃいました!実は僕が、情報どおりに買わせただけなんですが・・・(苦笑)

G1シーズン突入!コレを使って有馬記念まで突っ走れ!!

みさなん!こんにちは!!
先週はスプリンターズSに凱旋門賞と競馬好きにはたまらない週末でしたね。
マカヒキは残念な結果に終わり、日本馬初の凱旋門賞制覇は来年以降に持ち越しとなってしまいましたが、
まだまだG1ラッシュは続きます!終わったことを考えるより次のことを考えましょう!!

さて、今回、ご紹介するのは高配当21という競馬情報サイトです。
ご存知でしょうか?
けっこういろんなとこで評判のいいサイトなんですが、実際に使ってみた感想は評判以上!!

春のG1シーズン・夏競馬とかなりの好調を維持していましたが、最近も…
9/25 阪神06R 3歳以上500万下 3連単 116,500円
9/25 阪神07R 3歳以上500万下 3連単 318,100円
9/25 中山10R 外房特別 3連単 1,331,000円

などを筆頭に数々の的中を叩き出している、大注目の老舗競馬情報サイトです。

無料コンテンツもしっかりしていて…

ぶった斬り!
今週末のレースに登録している競走馬の中から、アブない人気馬を抜粋!
素人の目には映りにくい懸念をプロ目線で暴く!

SI指数
高配当21が送る新提案。注目レースの各馬の能力を独自に数値化して大公開!
思わぬ大穴が指数上位に抜擢されれば波乱の予感!?

無料情報
レース前日・当日には10点以内で無料買い目情報をご提供!
まずは無料で高配当21の誇る破壊力をご体験ください!

ちなみに、無料情報の回収率は130%を超えているとのこと。
有料情報でも的中しない残念な競馬情報サイトが多いことを考えると素晴らしいの一言です。

そんな高配当21の1番の魅力は…ズバリ、高配当!!
3連単だと推奨金額が一律100円の競馬情報サイトも多いですが、
高配当21ではレースによって推奨金額が1000円になっていることがけっこうあります。
もちろん、無意味に毎回高額投資するのではなく、堅いレースに突っ込む。
言うのは簡単なことですが、実現させるのは難しいことです。
高配当21の情報力・分析力が本当に優れているからこそ、思いきって勝負に打って出ることができるのでしょう。

是非、一度高配当21の実力を体験してみて下さい!!
あなたのメールアドレスが、高配当を的中させる相棒に変身します!

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP