【欅ステークス 2016 予想】大穴を虎視眈々と狙う騎手を発見!

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です

重賞では無いのですが、「予想アップしろ!」とお叱りを受けてしまいましたので、欅ステークスの予想をアップします。(理由は単純に3つ星評価の騎手が人気薄だったからです)

最近好調の柴山雄一騎手に注目してみます

もちろん馬の状態が良いと言う強調材料があってと言う大前提があるんですが、そのあたりはまた後程。

早速、騎手の面からみた強調材料を見てみましょう。

今年の成績を見ているんですが・・・騎手の調子もようやく上り調子なんです。

この事は当ブログ「先週の結果分析」でも取り上げさせてもらっていますが、先週の土曜日には75%と言う複勝率をマーク。

4月24日にも低調を脱出する様な気配を見せていたところなので、これは夏の函館や中京開催に向けて更にギアを上げてくる可能性もあります。

きっかけは2014年、成績を振り返ってみます

昨年の柴山雄一騎手は突如として前半戦、それも3月と5月に二段階でブレイク。勢いをそのままに夏の北海道でも勝ち星を重ねる事となりました。

しかし何の前触れも無く突如ブレイクしたのではなく、2014年の5月ごろから勝ち星を挙げるペースが速くなり始めたのです。

中央移籍初年度の2005年に80勝、2006年には52勝を挙げていますが、2007年の40勝を最後に年間で20~30勝しかできないシーズンが続いていました。

2010年=20勝
2011年=24勝
2012年=27勝
2013年=33勝

徐々に勝ち星を重ねていた柴山雄一騎手は、2014年=49勝と7年ぶりの40勝越えを達成。ジャンプアップします。

今回はダートの成績だけを抜粋して一覧にしてみました。

2014年 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1月 1-1-1-23/26 3.80% 7.70% 11.50% 179 63
2月 0-0-0-2/2 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
3月 0-2-1-27/30 0.00% 6.70% 10.00% 0 68
4月 1-3-4-15/23 4.30% 17.40% 34.80% 20 100
5月 3-3-3-14/23 13.00% 26.10% 39.10% 104 164
6月 2-1-1-12/16 12.50% 18.80% 25.00% 213 67
7月 6-1-2-16/25 24.00% 28.00% 36.00% 340 111
8月 3-1-2-32/38 7.90% 10.50% 15.80% 36 37
9月 1-1-1-14/17 5.90% 11.80% 17.60% 15 31
10月 5-2-1-24/32 15.60% 21.90% 25.00% 122 69
11月 5-0-1-24/30 16.70% 16.70% 20.00% 77 44
12月 0-3-3-27/33 0.00% 9.10% 18.20% 0 70

実はこれだけに留まりません。

この後の説明で必要になるので更に資料を付け加えますが、ダート戦での月間獲得賞金が5000万を超える月が出始めます。

つまりこれは、未勝利とか賞金が安いレースばかり買ってきたのでは無く、それなりにクラスが上がったレースでも活躍してきたと言う事になります。

2014年も5月は4000万円以上の獲得賞金がありますが、やはり突如として出現している傾向が見受けられます。

2014 賞金合計 賞金シェア 1走当賞金 1着数シェア
1月 2037万円 5.80% 78万円 3.70%
2月 0万円 0.00% 0万円 0.00%
3月 981万円 2.80% 32万円 0.00%
4月 2296万円 6.50% 99万円 3.70%
5月 4290万円 12.20% 186万円 11.10%
6月 1809万円 5.20% 113万円 7.40%
7月 5315万円 15.20% 212万円 22.20%
8月 3489万円 9.90% 91万円 11.10%
9月 2650万円 7.60% 155万円 3.70%
10月 4733万円 13.50% 147万円 18.50%
11月 5190万円 14.80% 173万円 18.50%
12月 2284万円 6.50% 69万円 0.00%

2015年は更に勢いを加速、特に前半戦は大躍進!

一昨年からその兆候を見せていましたが、5月になると柴山雄一騎手はペースが上がる傾向にあるのが、多少でもお分かりいただけたかと思います。

2015年は年間72勝で全国13位と大活躍。そのうち前半戦だけで38勝を挙げ、前半戦終了時では全国リーディング9位に名を連ねるまでになりました。

特に3月と5月に関してはダート戦限定でもかなりの数字を叩き出してきています。

もちろん芝のレースで勝ち星を量産したのが、リーディング上位へ一気に進出するきっかけとなったのですが・・・。

ダート戦でもしっかり成績を出しているあたりが、見逃せない理由と言えます。

2015年 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1月 2-2-5-41/50 4.00% 8.00% 18.00% 41 40
2月 2-3-1-28/34 5.90% 14.70% 17.60% 22 45
3月 6-6-0-33/45 13.30% 26.70% 26.70% 64 48
4月 1-3-3-40/47 2.10% 8.50% 14.90% 4 24
5月 5-3-3-38/49 10.20% 16.30% 22.40% 24 68
6月 4-3-0-20/27 14.80% 25.90% 25.90% 115 69
7月 3-2-1-17/23 13.00% 21.70% 26.10% 49 54
8月 3-2-5-25/35 8.60% 14.30% 28.60% 20 54
9月 1-6-1-16/24 4.20% 29.20% 33.30% 31 113
10月 2-3-4-26/35 5.70% 14.30% 25.70% 90 63
11月 3-0-1-30/34 8.80% 8.80% 11.80% 38 37
12月 2-2-3-36/43 4.70% 9.30% 16.30% 24 35

ダート戦での月間獲得賞金が5000万を超える月が、2014年では出始めていました。

2015年にも同様の現象がちゃんと起きています。特に際立ったのが3月と5月です。

2015年 賞金合計 賞金シェア 1走当賞金 1着数シェア
1月 2780万円 6.60% 55万円 5.90%
2月 2050万円 4.80% 60万円 5.90%
3月 6280万円 14.80% 139万円 17.60%
4月 2702万円 6.40% 57万円 2.90%
5月 5355万円 12.60% 109万円 14.70%
6月 3276万円 7.70% 121万円 11.80%
7月 2935万円 6.90% 127万円 8.80%
8月 4386万円 10.40% 125万円 8.80%
9月 2535万円 6.00% 105万円 2.90%
10月 3500万円 8.30% 100万円 5.90%
11月 2970万円 7.00% 87万円 8.80%
12月 3577万円 8.40% 83万円 5.90%

今年は5月に突如覚醒、賞金上積みを狙って欲しい!

5月22日のレース終了時点での成績ですが、なかなか破れなかった「月間3勝の壁」をようやく突破。

こうなればダート月間5勝以上を、この土日で狙ってもらいましょう。

騎乗数が若干少ないとは言え勝率16%と言う数字はお見事。2014年に記録して以来の高水準をキープしています。

2016 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1月 3-2-6-39/50 6.00% 10.00% 22.00% 191 99
2月 3-0-1-32/36 8.30% 8.30% 11.10% 53 113
3月 2-1-4-24/31 6.50% 9.70% 22.60% 22 50
4月 1-2-4-32/39 2.60% 7.70% 17.90% 16 100
5月 4-2-0-19/25 16.00% 24.00% 24.00% 225 166

月間獲得賞金も1月が惜しかった・・・と思いきや、50戦も乗っているんですからそれぐらいは行きますよ。

むしろ柴山雄一騎手ぐらいに勝ち星を積み上げてきた騎手なら、到達してもらわないと困るレベルです。

5月も3000万は超えてきましたし、欅ステークスの1着賞金は2200万円・2着賞金は880万円・3着賞金は550万円です。

私たちの欲望を全開にして良いのならば、ここは1着を狙ってもらいたい。それだけのデータは昨年と一昨年残しています。

気温と共に闘志も熱くなれ!(考え方は冷静にね)

2016 賞金合計 賞金シェア 1走当賞金 1着数シェア
1月 4970万円 34.50% 99万円 23.10%
2月 2417万円 16.80% 67万円 23.10%
3月 2115万円 14.70% 68万円 15.40%
4月 1705万円 11.80% 43万円 7.70%
5月 3210万円 22.30% 128万円 30.80%

馬の調子が良いとか、臨戦過程の話もあるんですが、そのあたりはキシュランガイドのメールマガジンで行います。

どうやら今年は日本ダービーがそこまで大きく荒れない様な気配がしますし、高配当を狙うなら前日のココ、欅ステークスでしょう。

欅ステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

柴山雄一騎手

騎乗馬:⑯キョウエイアシュラ

騎手は5月に急激に調子を上げる傾向があり、まだ賞金の上積みを狙ってくる可能性がある。騎乗馬こそ9歳になってしまったが、昨年のこのレース3着馬であり、JRA唯一の厩務員で合格した調教師である森田直行厩舎。年齢を感じさせない点を見せているからこそ出走を決めたと考えれば、軽視せずに狙った方が良い。

**(2つ星評価)

石川裕紀人騎手

騎乗馬:⑩エイシンバッケン

デビュー3年目で日本ダービーに騎乗するなど成長著しいが、初めてコンビを組んだ前走が圧巻の内容で時計も優秀。再現できるだけの力を出しきれば本来は3つ星級。

*****************************

横山典弘騎手

騎乗馬:⑨アンズチャン

パサパサのダートは割引なので金曜日の降雨はプラスに働くのではないか。末脚は強力だが気温の上昇で馬場が「良」まで乾いてしまったら、凡走とかポツンと言うのも大いにありうる。

*(1つ星評価)

武士沢友治騎手

騎乗馬:⑪キタサンミカヅキ

昨年を上回る勢いで勝ち星を挙げている騎手で、先週も大きく離されたとは言え重賞の平安ステークスで最後は悠然と追い上げてきた。馬場水分が乾き切らなければ、決め手の威力も増加する。
*****************************
柴田善臣騎手

騎乗馬:⑧ニットウスバル

やや時計が掛かる展開になったらと言う前提だが、馬の調子とレースぶりは安定しておりOP特別なら圏内には来ても不思議では無い。騎手も気温が上がった方が成績の良い傾向がある。

*****************************

田辺裕信騎手

騎乗馬:①ピンポン

持ちタイムの面でも伸びしろがあり全てが上手く行けば圏内を狙える力は付けてきている、騎手の勝ち星量産するリズムも若干戻りつつあり、あとは何時どこで覚醒するかを待っている状況。

以上、欅ステークスの予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

京都競馬場のメインレース「朱雀ステークス」の予想と買い目、欅ステークスの買い目と予想の補足に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP