【京王杯SC 2016 予想】穴馬を相手に選んで高配当狙い

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年5月14日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 京王杯スプリングカップ (東京11R 15:45発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

〔PR〕7週連続的中!毎週無料で4レースも予想が見られるアプリ

かなりの混戦模様

かなり人気も割れてきそうではあるのですが、1600mはおろか1400mでも実績が抜群の馬が居ないと言うのも、大きな要因になっています。

どの馬でも勝てる!と言う訳では無いにしても、どの馬でも馬券圏内を狙えると言う点では、ハンデ戦の様なレースになりそうです。

本番の安田記念では、正直足りなそうなレベルの馬もいますがこのレースだけに狙いを定めてきた雰囲気もありますし、見応えのあるレースをしてくれる事を期待しましょう。

人馬ともに骨折から復帰、藤岡佑介騎手に注目

1番人気になるであろうエイシンスパルタンですが、1200mよりも1400mでのレースぶりが圧巻で、今回のレースでは1着を狙いに来ているはずです。

管理する藤岡健一厩舎は、今年の高松宮記念(芝1200m)を制したビッグアーサーや、桜花賞(芝1600m)を制したジュエラーなどを管理して居る厩舎としても有名ですね。

昨年の5月に東京の芝1400mで勝利後に骨折が判明し長期休養を余儀なくされましたが、復帰後に2連勝しており実力はやはり本物ではないでしょうか。

東京コースではあまり実績は無い騎手ですが、藤岡佑介騎手も昨年の小倉で落馬して長期戦線離脱を余儀なくされました。

小学校の頃から乗馬を行っていた藤岡佑介騎手にとっても、4か月ほど馬に乗れなかったのは「生まれて初めてこんなに長く、馬に乗らない期間があった」と振り返る程のブランクでした。

同じように坂がある競馬場の芝1400mでは安定した成績を残して来ており、この舞台でも活躍できる下地は十分にあります。

抜けた存在が居る訳でも無い重賞なら、突き抜けて勝つだけの力はありますし期待してみましょう。

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値 1走当賞金
阪神 4-3-3-15/25 16.00% 28.00% 40.00% 378 154 679万円
京都 2-1-2-23/28 7.10% 10.70% 17.90% 30 95 243万円
中京 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 350 310万円
東京 0-0-0-5/5 0.00% 0.00% 0.00% 0 0 0万円

M.デムーロは半信半疑な所がある

4月の下旬に2週間の騎乗停止処分があったM.デムーロ騎手ですが、東京の芝1400mにおける成績は少々懐疑的にみたいと思います。

馬の実力は差すが重賞2勝馬と言うだけあって、このメンバーでもかなり上位と言って良いでしょう。

しかし、M.デムーロ騎手は昨年のこのレースで1番人気だったダイワマッジョーレを10着に敗退させるなど、古馬での成績があまり良くありません。

今回も「阪神芝1400mの重賞勝ち経験」「古馬」「上位人気」と同じような条件は揃って居ますので、信頼するには少し材料が弱いです。

もともと芝1400mでの成績は非常に優秀で、特に阪神競馬場では3割を超える勝率を誇るなど、やはり実力はナンバーワンとも言えます。

そんな騎手でも東京の芝1400mで、準OP以上のクラスでは6年前の2歳戦(京王杯2歳ステークス)でしか勝利した事がありません。

古馬は3戦全敗、実力がある騎手に実力のある馬のコンビでも、少々疑ってかかった方が良いかと思います。

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値 1走当賞金
新潟 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 90 485万円
東京 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 307 97 1032万円
中京 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 590 730万円
京都 2-3-1-5/11 18.20% 45.50% 54.50% 84 98 1054万円
阪神 5-2-0-9/16 31.30% 43.80% 43.80% 153 98 1550万円

上位人気のサトノアラジンにも、不安要素

大崩れしていないサトノアラジンですが、まだ重賞を勝っている馬ではありません。

しかも負けているとは言え3000mでも走った事がある馬ですから、1400mに短縮して有利になるかと考えると結構厳しいはずです。

そして乗り慣れていたC.ルメール騎手では無く、川田将雅騎手に乗り替わるのもかなり不自然です。川田騎手は芝1400mの左回りではかなり上位の成績を残しています。

C.ルメール+里見治オーナーと言えば、皐月賞でも好走した「サトノダイヤモンド」に代表されるように、かなり優先して騎乗する機会が多いオーナーとの関係です。

同じように毎回乗っている馬が、同じレースに出走してきたならまだ仕方ないにしても、過去に1度しか乗っていないダンスアミーガに騎乗と言うのも、スンナリと解せない乗り替わりと考えられます。

(おそらく先約だったと言う事なのでしょうけど、昨年の5着馬でありますがまだ重賞勝ちもありませんし、ここが最大目標だったと考えてもやはり少々不自然です)

ダッシングブレイズは大外枠+浜中騎手が復帰週

浜中俊騎手は芝1400mの成績と言う点では、2010年以降の準OP以上では全騎手最多の21勝と、群を抜いた実績を残しています。

左回りの方がむしろ成績が上がるぐらいなので、この条件で狙うのがもってこいのはずですが・・・今週は落馬による長期離脱から復帰したばかり。

そして、今年の大きな落馬負傷は中京と東京。左回りで大きな波があるうちは一旦静観しておきたいと思います。

今回はダッシングブレイズにとっても初の1400m戦ですし、内側が有利になっている今の馬場傾向で、大外枠に入った点も若干割り引いておきたいところです。

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値 1走当賞金
東京 3-2-2-12/19 15.80% 26.30% 36.80% 132 117 574万円
中京 3-0-1-2/6 50.00% 50.00% 66.70% 195 126 873万円
京都 8-2-0-34/44 18.20% 22.70% 22.70% 100 47 600万円
阪神 7-3-3-33/46 15.20% 21.70% 28.30% 111 97 575万円

京王杯スプリングカップはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

藤岡佑介騎手

騎乗馬:⑨エイシンスパルタン

まだ骨っぽい相手との勝負をしていない点だけは気掛かりだが、極端に抜けた相手も居らずチャンス到来。骨折休養明けのブランクを感じさせない馬の調子も問題無いし、騎手は3年少々重賞を買って居ないがそろそろ。

**(2つ星評価)

内田博幸騎手

騎乗馬:⑪ブラヴィッシモ

今回の東京開催でジワリと勝率などの数字が伸びつつあり、屋勝の人気薄で合ってもマークしておきたい騎手。流れがあまりにも早くなったりレコード決着には不向きだが、1400mで抜群の成績を誇る相手も居ないなら

*****************************

武豊騎手

騎乗馬:⑥オメガヴェンデッタ

馬の実力はどこまで通じるか試金石の一戦だが、相手なりにやれる力はあるのでここでも十分狙える。騎手の調子はかなり良い傾向にあるし、あとは東京のメインレースでやや不調気味なのをどうやって挽回してくるかだけ。

*(1つ星評価)

吉田豊騎手

騎乗馬:⑭アイライン

馬の実績では見劣るも東京の1400mでは4戦3勝&3着1回、鞍上には今年は昨年よりもかなり奮闘ぶりが目立つ騎手だけに、警戒はしておきたいところ。極端なレコード決着にはならなそうな展開も良い

*****************************
柴田善臣騎手

騎乗馬:⑫エポワス

走りやすい馬場状態でいきなり好走する事があり、掴みどころが無い馬なので実績は劣るもこのコンビは警戒。ペースは緩むよりも流れた方が良いので、56kgの斤量は歓迎できないが重賞でも展開次第ではハマる可能性がある。

*****************************

T.ベリー騎手

騎乗馬:④サザナミ

人気上位の馬が1400mのスピード勝負より、1600m以上のスタミナも要求されるレースに強く隙があるなら狙える&内枠に入れた点を考慮。前走の時計は目立たないが戦ってきた相手はかなり骨っぽく、それらを完封している点も評価したい。

以上、京王杯スプリングカップの予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP