【日本ダービー 2016 予想】M.デムーロの逆襲で連覇は可能?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年5月29日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 日本ダービー (東京10R 15:40発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

〔PR〕9週連続的中!毎週無料で4レースも予想が見られるアプリ

取りこぼしが少ないのもあるが、実績では着実に脚を使う傾向

日本ダービーが行われる東京競馬場の芝2400mと言う誤魔化しの効かない特殊な舞台で、昨年の覇者であるM.デムーロ騎手は勝てば連覇達成と言う事になります。これまでに日本ダービーを通算で2勝している騎手ですので、勝ち方を知っていると言う点も非常に大きなアドバンテージになります。

先日のデータ特集記事でも触れましたが、東京の芝2400mで注目したいのは

  • どれだけ取りこぼしていないのか
  • しっかり末脚を活かしきれたのか

この2点です。この2点で最も優れている騎手がM.デムーロ騎手なのです。馬の事は他のブログでも取り上げてくれるでしょうが、当ブロクとしても取り上げておきたい事はこの後に記述します。

もちろんM.デムーロ騎手はGIでの騎乗回数がまだ少ないので、成功したサンプルが少なくても一気に数字が良くなる!と言う側面がある事は否めません。

しかし、そう言う場合に良く考えて欲しいのですが・・・

「フロックでは無くて、実力がある騎手が、狙い定めて勝ってきたと言う事実を受け止めて欲しいんですよ。なにせ誤魔化しの効かないコースなんですから。

これがデビューして初めて乗った平場のレースで、運良く勝った若手とかを相手に比較しているんだったら、批判されるのは解かるんです。「誰と比較してんねん!」って言われますよ。

でも、比較対象は史上最多の日本ダービー5勝を挙げてきた、武豊騎手なんです。さらに言えば、東京芝2400mで最も多く勝ってきた蛯名正義騎手なんです。

抽出しているデータはGIだけの数字では根拠が弱いと言われるのも嫌なので、平場のレースと合わせた通算の数字でも実力上位の騎手や人気馬に騎乗予定の騎手と比較してみましょう。

ぜひ皆さんの目で、上がり3ハロン(3F)の1~3位の割合が多い(末脚をしっかり出し切れた)かと、6位以下(取りこぼしてしまった)が少ないのかと言う点に注目してご覧ください。

(データは1990年以降の1~6月に、東京芝2400mで行われた3歳戦・旧表記の4歳戦のみ。各部門の1位は黄色2位は水色3位は緑色でマーカーを付けてあります)

通算成績で出し切れなかったのは、たったの20%と言う異次元の数字

 通算成績 3F1~3位 3F4位~ 3F6位~
C.ルメール 54.55% 45.45% 45.45%
M.デムーロ 50.00% 50.00% 20.00%
内田博幸 38.46% 61.54% 47.69%
武豊 36.99% 63.01% 43.84%
川田将雅 34.78% 65.22% 60.87%
戸崎圭太 33.33% 66.67% 45.45%
横山典弘 28.83% 71.17% 54.05%
蛯名正義 23.14% 76.86% 60.33%

重賞に限定しても、やはりの33%しか取りこぼしていない

 重賞限定 3F1~3位 3F4位~ 3F6位~
C.ルメール 50.00% 50.00% 50.00%
内田博幸 39.29% 60.71% 57.14%
武豊 39.22% 60.78% 43.14%
川田将雅 36.84% 63.16% 57.89%
M.デムーロ 33.33% 66.67% 33.33%
横山典弘 32.14% 67.86% 57.14%
戸崎圭太 21.43% 78.57% 50.00%
蛯名正義 18.03% 81.97% 67.21%

GIでは取りこぼす割合こそ増えるも、モノにする割合はトップに

3F1~3位 3F4位~ 3F6位~
M.デムーロ 40.00% 60.00% 40.00%
武豊 37.78% 62.22% 42.22%
戸崎圭太 37.50% 62.50% 50.00%
川田将雅 35.71% 64.29% 57.14%
C.ルメール 33.33% 66.67% 66.67%
内田博幸 29.41% 70.59% 64.71%
横山典弘 27.78% 72.22% 58.33%
蛯名正義 17.50% 82.50% 70.00%

皐月賞の敗因は明らかで、本人も認めている

リオンディーズとM.デムーロ騎手は前走の皐月賞で4位入線を果たすも、「他馬の進路を妨害してしまった+被害馬とゴール地点で1馬身以内の着差だった事」により、もれなく5着に降着してしまいます。

この敗戦をどう見るかですが、キシュランガイドが調べた結果としては、「負けてなお強しの内容だった」と言って良いでしょう。

もちろん極限の勝負を行う際に「負けてなお強し」が危険な兆候である事は認めます。事実、皐月賞でバテて負けているんですから。

しかし、この点を含めて考えてみるとリオンディーズの敗因は明らかです。

①皐月賞当日は強い風が吹き荒れていた

強い風のおかげで正面は追い風に、向こう正面は向かい風になる状況でした。

そんな中、正面のスタンド前からスタートした各馬には追い風が吹き、前半からかなり早いペースで走る事になります。

事実、皐月賞当日は気象条件の影響も合って、差し馬に不利なレースが相次ぎました。これによってM.デムーロ騎手は「作戦は差しで行こうと思っていたが、先行しないと勝てない」と判断する事に至ります。

騎手の感覚としてはそんなに速くないはずのペースだったんですが、全馬ともかなりのハイペースで走らされることに。差し馬も済崩し的に、道中で脚を使わされることになり最後の直線では追い上げが効かなくなっていました。

特に前に行く事を選択したリオンディーズには、これが後になってジワリジワリと不必要なまでに効いてしまったのです。

②まさかの事態、先頭がかなり早めに失速

M.デムーロ騎手は前半1000mをややオーバーペースで先行している事に、レース中は全く気付きません。(時計を見ながらレースしている訳ではないから無理もない事です)

後日、メディアへの取材に応じてくれた際に「そこまでペースが早くなっていないだろう」とM.デムーロ騎手も思っていたそうですが、乗っている感覚としては決して間違っていないはずです。

そして、1000m通過58秒4と言うペースで通過すると、先頭を走っていたリスペクトアース号が早くも後退し始めます。

直後に居たM.デムーロ騎手は隣に馬が居て、前に居る馬が下がってくるので、抜け出せない状況に追い込まれます。

何とか、外側にわずかに出来たスペースを突いて前に出る事は出来ましたが、この時に隣に居た馬と軽く接触してしまい、リオンディーズはイレコんでしまいます。

もしもここでイレコんでしまわなければ、直線の差はもっと詰まっていたはずです。

それでも、かなりのハイペースで走ってきた事がジワリジワリと効いていたので、勝つ事までは難しかったでしょう。

前半がもう少しゆっくりと入れていたら、強い風が吹いていなかったら・・・と、タラレバは尽きません。

③かつて経験した事が無い位に、3~4コーナーは持久力が問われた

小倉競馬場や福島競馬場で行われる芝1800mや2000m以上のレースではある事ですが、3コーナーからずっとペースが早いまま続き、瞬発力を最大限に生かすよりも「極限の持久力」を問われる展開と言うものがあります。

「良い脚を長く使える持久力」と言うのとは別物で、より苛酷でシンドイ状況でもガマンが出来る持久力なので、必然的にベストの状態で走れる距離が短くなります。

皐月賞の他にも今年は共同通信杯と、スプリングステークスが同じようなキツイ流れになりましたが、これを前々のポジションで乗りきるのは至難の業。基本的な身体能力の高さをシビアに問われてしまいます。

これまでのGIでも、これだけの早いタイムを押し切った馬は古馬を含めても居ません。5着以内の(掲示板に乗った)馬もリオンディーズが初めてです。

共同通信杯を勝ったディーマジェスティは差し馬ですし、スプリングステークスを勝ったマウントロブソンも5番手から前の馬を交わしたので、逃げ切りではありません。

先行して押し切ったとされる馬は、せめて前半中団などで脚を貯める事が出来ていて、4コーナーを先頭で周った馬はまだ1頭も居ません。先頭で周った馬はせいぜい8着とかなら御の字、改装前の中京で行われた重賞なら先行有利でしたが、それでも5着が精一杯。

こうなると3年前の皐月賞で2着に健闘した兄のエピファネイアや、そのレースを5番手から脚を伸ばして勝ったロゴタイプ以上に厳しい競馬をしているのですから、序盤のペースが落ち着くレースでこそ活かせる持久力があると考える方が自然でしょう。

ストライドが大きいと言う利点を生かせるリオンディーズ

そうそう、オールドファンにはおなじみのサイレンススズカと比較してみますが、5歳時に中京競馬場の金鯱賞を勝った時には及びませんが、匹敵するぐらいのキツイ流れを3歳春の時点で、しかも初めての経験でこなしたのです。

サイレンススズカの3歳秋の天皇賞・秋に挑戦した時の方が若干厳しい流れですが、オーバーペースで飛ばし続けるような競馬をして4位入線をしたのは、本当に化け物と言うしかありません。

父:キングカメハメハは日本ダービーを当時のレコードで制した馬

母:シーザリオは日米オークスを制覇する離れ業をやってのけた馬

父も母も制した事が無い舞台で、往年の名馬が3歳春にも体験していないレベルの走りをしたと言うのは、素直に評価すべきだと考えます。

むしろこれだけの競争能力を「気性難」で片付けて直視しないと言うのは、競馬を見ていたり競馬新聞やスポーツ新聞を買って予想している様な人なら、直ちに「かなり勿体無いわ!」と言いたいです。

最後の直線で発揮できる一瞬の切れ味は、ディープインパクト産駒勢に軍配が上がるでしょう。これがディーマジェスティやマカヒキ、サトノダイヤモンドが人気する理由です。

しかし、大きなストライドでしっかりと走れて良い脚を長く使える長所は、抜群の手応えでリードを拡げた時から本当の強さを発揮します。

M.デムーロと言えば、1番人気では無い時に威力を発揮

これまで数多くのGIを制してきたM.デムーロ騎手。意外にも1番人気では成績が思う様には伸びていません。その代わり、2番人気以下の場合は恐ろしい程の勝率を上げています、

念のため通年免許取得以前(~2014年)と、通年免許取得以降(2015年~)で分けて考えましょう。データはJRAで行われたGIに限定したものです。

通年免許取得以前(~2014年)

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1番人気 3-0-1-3/7 42.90% 42.90% 57.10% 141 74
2番人気 1-1-0-4/6 16.70% 33.30% 33.30% 140 66
3番人気 1-1-1-4/7 14.30% 28.60% 42.90% 110 90
4番人気 0-0-1-5/6 0.00% 0.00% 16.70% 0 46
5番人気 2-0-1-9/12 16.70% 16.70% 25.00% 260 96
6番人気 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 106
7番人気 1-0-0-4/5 20.00% 20.00% 20.00% 690 90
8番人気 0-1-1-4/6 0.00% 16.70% 33.30% 0 198
9番人気 1-0-1-5/7 14.30% 14.30% 28.60% 585 195
10番人気 1-0-1-1/3 33.30% 33.30% 66.70% 1073 383

ちゃんと勝ててはいますが、GIで1番人気に押されたからと言って絶対大丈夫と言う訳でもありません。それは他の騎手でも同じ事です。

通年免許取得前の傾向としては、M.デムーロ騎手は1番人気で無くても単勝回収率が安定して良いと言う事でしょう。ちゃんとマークしていないといけない騎手であると言う事です。

通年免許取得以降(2015年~)

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1番人気 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 190 130
2番人気 2-1-0-2/5 40.00% 60.00% 60.00% 220 102
3番人気 2-0-0-1/3 66.70% 66.70% 66.70% 320 143
4番人気 0-0-0-3/3 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
5番人気 0-2-1-3/6 0.00% 33.30% 50.00% 0 168
8番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
9番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
10番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
12番人気 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00% 6640 1180

GIで1番人気に押されたのは昨年の日本ダービーのみ。しかもレースレコードでの勝利ですから、これは別物と考えても良いでしょう。

通年免許取得後の傾向としては、M.デムーロ騎手は1番人気で無くても複勝回収率も安定して良いと言う事でしょう。

4番人気の成績が振るわないのですが・・・先程も言いましたように「サイレンススズカですら3歳春に出来無かった競馬をしているバケモノ」ですから、4番人気であるのはむしろ美味しいと考えます。

様々なジンクスはあります

今まで朝日杯フューチャリティーステークスを勝った馬が不振だとか、馬のデータを見れば様々なジンクスはあります。

しかし、その馬にとっても一生に一度しかない日本ダービーを含めて、3歳春シーズンの成績で「取りこぼしが最も少ない」M.デムーロ騎手と言うのは、ジンクスを破るだけの武器になるはずです。

前走より明らかにゆったりとしたペースで運べて、末脚も溜まって直線に向けるとなると、上がり3ハロンは最速では無いにせよ最速に近いタイムで伸びてきてくれるはずです。

もちろん不可抗力で制御不能に陥るような、運の無さが隠れています。全馬とも運の無さが露呈するリスクはありますが、その可能性がリオンディーズに若干高めなのは否定しません。

ただし、可能な限り排除が出来るように、問題点を洗い出した経験があります。折り合いを欠いた事が無い優秀な馬は居ますが、この点だけ他の馬よりも大きなアドバンテージがあります。

馬主がキャロットファームと言うのもジンクスと言えばジンクスですが、そんなジンクスがありながら父の違う半兄のエピファネイアは、日本ダービーで2着とベストパフォーマンスを発揮しました。エピファネイアの父・シンボリクリスエスも、日本ダービーでは惜しくも2着でした。

この経験があって、4歳時にはジャパンカップを制しています。いよいよ例外中の例外が、クラブに初の日本ダービー獲得をもたらせてくれるのではないでしょうか。

日本ダービーはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑫リオンティーズ

乗り方一つで逆転は可能だし勝ち方を知っている騎手なのは大きなプラス。一瞬の切れ味勝負になると僅かに苦しいので、早めに決着を付ける様な競馬が出来れば後続を完封するのは可能で、騎手の連覇に期待。

**(2つ星評価)

川田将雅騎手

騎乗馬:③マカヒキ

これまで日本ダービーでは良い所が無かったものの、昨年から一段と懇意にしてもらっている金子真人HDのバックアップは強力。弥生賞や皐月賞も上がり最速で道中の位置取りが後ろすぎた以外は、軽視する理由が無い。

*****************************
内田博幸騎手

騎乗馬:⑭ヴァンキッシュラン

青葉賞の内容も文句無いし走り慣れた東京の2400mと言うのも大きなプラス材料、後続がモタモタしている間にリードを獲れるようなら逆転があっても不思議では無い。

*(1つ星評価)

四位洋文騎手

騎乗馬:⑬レッドエルディスト

展開の助けが欲しいところだが、末脚の威力は人気上位にヒケを取らないのは不気味。ダービー連覇の経験を持つ騎手でもあり、徐々に調子が上がっている騎手の上昇気配も要警戒。
*****************************
蛯名正義騎手

騎乗馬:①ディーマジェスティ

末脚の威力だけは世代トップクラスだが、前がバテる展開がどうしても必要。騎手は取りこぼしが多いので、1着候補には向いていない。下駄を履かせてもあくまで2~3着候補。
*****************************
C.ルメール騎手

騎乗馬:⑧サトノダイヤモンド

騎手はGIで一気に取りこぼしが多くなるので割り引き、位置取りが後ろになるようなら全く用無しになるだけのリスクがあり、末脚の威力も疑問符を付けざるを得ない。人気でも疑って掛かった方が良いし、せいぜい3着があるかもしれないのでマークする程度。
ルメール騎手のGI成績に関するジンクスに関しては、オークス時に掲載した記事もご参照ください。

以上、日本ダービーの予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP