【アイビスサマーダッシュ 2016 予想】好調な騎手を狙い打て!

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年7月31日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • アイビスサマーダッシュ(新潟11R 15:45発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

7月にまずまず好調だった、ある騎手に注目

新潟競馬に限らずそうですが、この時期にしっかり結果を残せる騎手が、毎年必ず居ます。

どちらかというと春や秋のGIで大活躍をする騎手と言うよりは、夏場だけ活躍する傾向のある騎手が、特に強い傾向があります。

そう言う「夏男」に乗っかる馬券戦術があっても良いと思います。

今回は夏男の中の夏男と言う騎手ではありませんが、この時期も好調を維持している「準・夏男」である騎手を中心にしたいと思います。

今年は7月に50戦以上に騎乗と、怪我の影響を感じさせないフル稼働

かつてはリーディング争いの中心に居ましたが、2011年に落馬事故で騎手生命の危機に陥ってからは、かつて程の勝率を稼げないで居る内田博幸騎手。

ですが、今年は先週(7/24)終了時点で芝のレースだけで41戦と、
2012年に復帰以降最多の騎乗数を更新してきそうです。

今日(7/31)も新潟1Rで勝利し、勝利数も復帰後の7月では最多の勝利数を更新してきそうな勢いがあります。

0-0-0-0/0
年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2016年 5-3-3-30/41 12.20% 19.50% 26.80%
2015年 5-6-3-24/38 13.20% 28.90% 36.80%
2014年 4-5-1-27/37 10.80% 24.30% 27.00%
2013年 1-2-3-30/36 2.80% 8.30% 16.70%
2012年 6-6-11-30/53 11.30% 22.60% 43.40%
2011年
2010年 10-5-6-30/51 19.60% 29.40% 41.20%
2009年 10-3-7-24/44 22.70% 29.50% 45.50%
2008年 5-8-7-25/45 11.10% 28.90% 44.40%
2007年 1-2-0-4/7 14.30% 42.90% 42.90%

昨年10位→今年6位とリーディング順位も上昇中

昨年も年間80勝を挙げるなど、リーディング争いには加われなかったにしても10位に健闘していた内田博幸騎手。

今年は取りこぼすこともありましたが、東京競馬場で昨年同様に勝利数を積み上げていくなどまずまずのペースで勝ち星を重ねています。

先週終了時点の成績を元にすると、今年は年間96勝ペースで推移しており、リーディング順位が上がっているのも頷けます。

C.ルメール騎手や福永祐一騎手と同じ競馬場で騎乗していないことも理由のひとつにはなりますが、それにしてもベテラン騎手の成績が上昇傾向に持っていくことは至難の技。

それをやってのけている今シーズンを、波があるとは言え「不調」と捉えるのはかなり無理があると思います。

待ちに待った大外枠、直線競馬で勝ったコンビで今後こそ!

これまでオープン特別でも惜しい競馬が続いていましたが、騎乗するネロとのコンビはあまり大崩れせずに、スプリント路線で活躍しています。

この馬で重賞を勝ちたい気持ちは騎手はもちろん、馬主もあるでしょうし、何より低迷にあえぐ調教師も強いでしょう。

そうなると何かひと押しプラスになる条件が欲しいところでしたので、新潟の直線1000mは大きくプラスになるはずです。

あとは、枠。

今回は念願の大外枠。これ以上無い活躍場の多い好枠を引いただけに、色気を持って挑戦してくるでしょう。

アイビスサマーダッシュはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

内田博幸騎手

騎乗馬:⑬ネロ

直線競馬を勝った名コンビで狙いたかった舞台、ようやく大外枠を引けた上に騎手の調子も良くなってきた。今年こそ狙えるチャンス。

**(2つ星評価)

M.デムーロ騎手

騎乗馬:④ベルカント

内枠に入ってしまったが、このコースで強いところは昨年見せ付けているだけに連覇も視野に入った。騎手のリズムが桜花賞以降ずっと悪いだけに、信頼が置けないのがネック。
*****************************
北村友一騎手

騎乗馬:⑥プリンセスムーン

スプリント能力と言う点では若干足りない部分があるためこのレースに狙いを定めてきたか。騎手は夏男&ローカル巧者ぶりが戻りつつあり、調子の良さから注目したい。

*(1つ星評価)

石橋脩騎手

騎乗馬:⑫アースソニック

この距離で実績のある馬の力があれば、今年重賞制覇の経験のある騎手だけに怖い存在。騎手はスプリント戦が極端に得意と言う訳ではないので、そのあたりをどう改善してくるか。

*****************************
西田雄一郎騎手

騎乗馬:⑦ファンデルワールス

数撃ちゃ当たるの典型的な例である、このコース巧者の騎手が乗っている点は若干でもプラス要素。格上挑戦でノーマークな分、他が案外の競馬をした場合は一気に浮上があっても不思議ではない。
*****************************
蛯名正義騎手

騎乗馬:⑪アットウィル

重賞のスプリント路線で信頼できるかと言うと、かなり首を傾げたくなる騎手の分だけ割り引きたい。だが、追い比べになれば強い点はあるし何より外枠を引いたのはプラス。警戒は必要かと考える。

*****************************
以上、アイビスサマーダッシュの予想でした。

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP