【阪神牝馬ステークス 2016 予想】2016.04.09

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年4月9日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 阪神牝馬ステークス(阪神11R 15:35発走予定)
  • 吾妻小富士賞(福島11R 15:25発走予定)
  • ニュージーランドトロフィー(中山11R 15:45発走予定)

以上のレースについての予想および見解をお伝えします。

阪神牝馬ステークスは高速決着

元々力があるのに、馬場が遅かった為にタイムが出なかった馬も居ますが、このレースでの狙い目はしっかりとした持ち時計のある馬が大前提となります。

騎手の力はもちろん必要ですが、今回ばかりは馬が1600mのかなり高速決着気味になるレースで、スピードをしっかり発揮できるかどうかに掛かっているでしょう。

チューリップ賞もそうですが、前半無理していないのにもかかわらず、ゴールのタイムを見たらだいぶ早い時計になっていた。

振り返ってみたら高速決着だったと言うケースが、昨年の秋以降も少しずつ発生しています。

実績のある馬もスピードは天下一品のものがありますが、これが今の芝にマッチするスピードなのか。

そもそも調子はどうなのか。

そしてこれだけの高速決着を、騎手の腕でプラスにするかマイナスにするかも考えなくてはいけません。

GIの前哨戦で頭数が少なくなったとは言え、かなり難解なレースになったように思います。

最近のM.デムーロが、おかしい

重賞に限定した話ではありますが、当たり前の様に勝ちまくっていたM.デムーロ騎手が、3月に入って以降1度も重賞で勝っていません。

今回もスマートレイアーに騎乗します。

1週間後にクイーンCでとんでもない好時計が出ているのに、その前の週に随分と時計の掛かったレースで勝っています。

鞍上の吉田隼人騎手がしっかりと先手を取り切って逃げ切る会心の騎乗なのに、今回はM.デムーロ騎手に乗り替わるのも、何だか本当にもったいないです。

好不調の波が大きな騎手ですし、前走が上手く行ったと考えるのは自然ですが、色気を一気に持ち過ぎているのは正直感心しません。

ここ最近のM.デムーロ騎手は賞金の高いレースでは前に行けば目標にされ、後ろから行けば仕掛けが遅れて万事休すと言う場面が目につきます。

今回も軸馬の相手には考えても良いと思いますが、勢いがある他の馬が居るのならば思いきって買い目から外す(消しにする)方法も考えてみても良いかもしれません。

ミッキークイーンもプラスなのかどうなのか

実力は牝馬でもナンバーワンと言えるぐらいでしょうし、この距離のスピード比べであっても、余程の事が無い限りは大敗する事は無いでしょう。

しかし、ジャパンカップでは道中にぶつけられてしまう不利があって力を出し切れなかったり、

本来癖を知っている浜中俊騎手が落馬負傷の療養で騎乗出来ないなど、

もともと休み明けではありますが、決して万全ではないはずです。

加えてマークが厳しくなるC.ルメール騎手となると、完璧に差して来ても先頭を捉えられないと言う、

「重賞2着病」が再発するかもしれません。その可能性は非常に高いのではないでしょうか。

それならば「タイム面以外」では問題無い馬から勝負してみましょう

競走馬の能力はどうやら高く、騎手の実力もまずまず高い。

そんなコンビを狙い撃ちするには絶好の機会でしょう。

まず、注目したいのが川田優雅騎手。(ウインプリメーラ騎乗予定)

昨年は小倉記念で3着になるなどして重賞やOP特別でも健闘が光りましたが、

今年はいきなり京都金杯を制し、京都牝馬ステークスでも3着に健闘しました。

どちらかと言えばスピードよりも、スタミナ・パワータイプの印象が強いレースぶりではありますが、

走破タイムもまずまず優秀な点、それから牝馬重賞ではそこまで強力ではありませんが、今年の成績を考慮しても川田優雅騎手が逆転できる目は十分にあると考えます。

間隙を突いてウインプリメーラに、更なる重賞タイトルを与える事になるかと思います。

OPでは苦戦でも、乗り替わりは大幅プラスのアイラインも注意!

先日の高松宮記念でも惜しい2着に敗れはしたものの、主導権をガッシリ掴んで離さなかった松山弘平騎手。

昨年の7.7%から3%も勝率が落ちてはいますが、連対率は2.4%、そして複勝率は5.8%も増加しており、

勝ち切れない弱みはありながらも、馬券圏内への貢献度は非常に優秀で、昨年よりもむしろ上がっています。

今回騎乗するアイラインも、芝の走破タイムがまずまず優秀で、スピードタイプの一面がありました。

しかしながら秋から冬のパワーが少し必要な馬場で、持ち味が存分に発揮できずOPの壁にも阻まれてしまっていました。

今の阪神競馬場をはじめ、芝脚がやや短くスピードを出しやすいコースで走れれば、実力差を埋めて良い勝負に持ち込めても不思議ではありません。

阪神牝馬ステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

川田優雅騎手

騎乗馬:⑨ウインプリメーラ

牝馬限定重賞は2勝のみも2010年以降の単勝回収率が128となかなかの好水準、次走のGIは大量賞金が望みにくく決め手をフルに生かす競馬で、ここは勝っておきたい。

**(2つ星評価)

C.ルメール騎手

騎乗馬:⑥ミッキークイーン

偶数枠の後入れでスタートの課題もまずはクリア可能も、休み明けでイマイチ詰めきれない部分が出れば過剰な期待は禁物では? 春シーズン一番の狙いは次走が賢明。

————–

松山弘平騎手

騎乗馬:⑤アイライン

スピード能力は決してOPでも引けを取らない。準OPに降格してもすぐに上がって来れる器だし、怖いもの無しで捨て身の勝負を仕掛けて来られる点もプラス。

*(1つ星評価)

福永祐一騎手

騎乗馬:⑧カフェブリリアント

昨年の優勝馬だが、極端な時計勝負はそこまで強調できるほど強く無いのが難点。高速決着の高松宮記念を制した鞍上ならプラスマイナスゼロにはなるので、力を出し切ってどこまでやれるかを判断したい。

————–

菱田裕二騎手

騎乗馬:③レッドリヴェール

2歳冬や3歳春の様な勢いは無いが、高速決着となるなら黙って居られない存在。起用された期待に応えるべく、普段以上に懸命な仕事となるか、それともラフプレーで自爆するか。

————–

M.デムーロ騎手

騎乗馬:⑦スマートレイアー

重賞を逃げ切り勝ちして54kgで挑戦できるのはラッキーだが、鞍上がただいま絶不調の真っ只中。前走は何もかもが全て上手く行きすぎた印象で、高速決着には対応力を疑う。

以上、阪神牝馬ステークスの予想でした。

***********************************

吾妻小富士賞の予想

ここ1年間で500万下と1000万下のハンデ戦、芝1200mで成績上位が6名出走してきています。

なかでも出色なのが、2年目の鮫島克駿騎手。

他の騎手に比べて数多くの騎乗機会はあったとは言え、経験値で劣るメンバーでただ一人ランクインしている事からも、ここは期待を込めて中心に考えてみたいと思います。

引退する前に少しは賞金を稼いでおきたいと思う馬で、かなりの激戦が予想されます。

ここは開幕週にありがちな内枠の利をしっかりと生かしてほしいところです。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1走当賞金
吉田隼人 2-0-0-4/6 33.30% 33.30% 33.30% 470万円
川須栄彦 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00% 434万円
丸田恭介 1-0-0-8/9 11.10% 11.10% 11.10% 187万円
鮫島克駿 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 435万円
勝浦正樹 1-0-0-2/3 33.30% 33.30% 33.30% 500万円
伴啓太 1-0-0-1/2 50.00% 50.00% 50.00% 660万円

吾妻小富士賞は、このように評価しました。

***(3つ星評価)

鮫島克駿騎手

騎乗馬:①エルカミーノレアル

ここを勝ったあとの事を考えたら負けた方が賢明なんだが、騎手の特性としてはローカル開催の芝・短距離で力を出したいところ、突き抜けて1着まで期待したい

**(2つ星評価)

川須栄彦騎手

騎乗馬:⑪リッパーザウイン

4歳で降級する前にこのクラスで目処は立てておきたいところ、複勝率4割を超えるハンデ戦の芝・短距離戦の実績からも人気は当然だし、上位争いは必至

————–

伴啓太騎手

騎乗馬:③ハッピーノリチャン

内枠+4歳馬+実績のある騎手ではあるが、本当に今年は目を覆いたくなるほど乗れていない騎手なので半信半疑。逆襲の春シーズンとなるかどうかにも注目

*(1つ星評価)

吉田隼人騎手

騎乗馬:⑫ハナフブキ

下級クラスの芝・短距離のハンデ戦では唯一2勝をしている騎手だが、好不調の波が激しすぎておりクラスが上がるに連れて成績も落ちるので、メインのここはあくまでも相手までにしたい。

————–

藤懸貴志騎手

騎乗馬:⑥ケイアイユニコーン

超他力本願+超スロー&低レベル決着でないと流石に厳しいが、厳しい戦いを次々と撃破してきた藤縣騎手でダメなら諦めるしかないでしょう。

————–

勝浦正樹騎手

騎乗馬:⑬フィボナッチ

ひょっとしたら上手く行くかもしれない・・・と言うかなり消極的な選択にはなってしまったが、相手なりにやれる騎手と言う点だけは救い。ハンデ戦で奇跡は起きるか?

以上、吾妻小富士賞の予想でした。

***********************************

ニュージーランドトロフィーの予想

先日公開した特集記事でもお伝えしておりますが、内田博幸騎手には久々の重賞制覇にかなり強い追い風が吹いていると考えています。

つーか、いい加減に良いとこ見せなきゃダメでしょ

南関東やホッカイドウ競馬とかから、誰かレンタル移籍させよう!マジで。

(それはまぁ、ウチパクさんに限った事ではありませんが・・・)

ウチパクさんはとても人柄の良い騎手でファンサービスを物凄く大切にしてくれる部類なんで、出来ればしっかり結果を出して男を上げて欲しいなぁと思います。

相手には蛯名正義騎手の、3歳春の重賞で2着が多い点から狙ってみたいと思っています。善戦マンぶりをしっかり示すのも強さの証です。

ニュージーランドトロフィーは、このように評価しました。

***(3つ星評価)

内田博幸騎手

騎乗馬:②レインボーライン

重賞なのか?と言う疑問をぶつけたい程のレベルではあるが、メンバー中3歳春の重賞で唯一15%超えの勝率を残している強みを生かしたい。

**(2つ星評価)

蛯名正義騎手

騎乗馬:⑭ボールライトニング

2歳時に重賞を制した時に近い外枠の偶数番で、叩き2戦目と状態面の上昇は見込める。騎手が得意にしている3歳春シーズンの重賞でひと暴れと行きたい。

————–

岩田康誠騎手

騎乗馬:⑫カープストリーマー

騎手の調子は戻りつつあるが突き抜ける様な力には欠けている、一発逆転を狙えるだけの馬だし、展開一つ味方すればかなり際どい戦い以上の成果も見込める

*(1つ星評価)

田辺裕信騎手

騎乗馬:③アストラエンブレム

2歳のデビュー時こそ実力をしっかりと示していたが、精神的なものか壁を破れずフルに能力を出し切れていない。それでもここは力上位で人気でも侮れない存在に。

————–

丸山元気騎手

騎乗馬:⑤ダンツプリウス

時計が極端に速くなると厳しいのでここは目一杯仕上げてきた可能性が高い、騎手のデータだけを見るといくらかやれる条件なので、もう少し良いところを見せておきたい。

————–

大野拓弥騎手

騎乗馬:⑦キャプテンペリー

休み明けで快勝した勢いと立て直した効果は本物か、勝率などの水準は低いが3歳春の重賞戦線では数字が上がる不思議な傾向を持つ騎手、一発あるとすればココ。

以上、ニュージーランドトロフィーの予想でした。

***********************************

***********************************

買い目につきましては、当ブログのメールマガジンでお知らせしております。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

それでは皆さま、ごきげんよう。

***********************************

***********************************

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP