【阪神カップ 2016 予想】人気上位には落とし穴が待っている

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「阪神カップ」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2016年12月24日分の予想を公開します。

こちらの記事では
阪神カップ(阪神11R 発走予定時刻15:45)
についての予想および見解をお伝えします。

※メルマガ推奨買い目、今月のおもな的中は香港スプリントを馬連5点予想、◎△で¥4,790が的中。
金鯱賞では▲◎○で、3連複4点予想の1点目で¥6,050的中。

的中報告を読者の皆様から戴きました。的中おめでとうございます&ありがとうございました!
今月限定の企画「中山1200mに賭けろ!」では4戦して単勝50倍をGetしたほか、推奨馬3頭が複勝圏内に大活躍中!メインレース以外でこの舞台だからこそ狙ってみたい特注馬を毎日1頭だけ推奨しますので、お楽しみに。


浜中俊騎手が戦線復帰も、騎手データは・・・

GIを勝ったミッキーアイル、ここを休んで来年に備えれば良いものを、このレースを使ってきました。

1400mでは過去に強い勝ち方をしていますし、使いたくなる理由も解かるんですが・・・

阪神・芝1400で強い騎手にも書きましたが、浜中俊騎手の成績は何故かGⅡで奮いません。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
浜中俊 13-11-7-63/94 13.80% 25.50% 33.00%
特別戦 6-3-3-26/38 15.80% 23.70% 31.60%
G3 1-1-0-1/3 33.30% 66.70% 66.70%
G2 0-1-1-5/7 0.00% 14.30% 28.60%

昨年は2度ともGⅡで馬券に絡むようにはなってきました。

それだけは救い・・・だったんですが、止せば良いのにそれはどちらも

差し・追い込み馬での成績

だったんです。つまり、まだGⅡでは前に行って成績を残せていないまま。

これには2014年の阪神カップで、1番人気7着に敗れた成績も含まれて居ます。

ミッキーアイルは確かに強い馬ですし、ここ最近逃げて成績が安定しています。

しかし、後続に脚を使わせられないと脆い点は変わっておりません。

C.ルメール騎手ですら、何故か重賞で馬券にならないんです。

続いて、C.ルメール騎手のデータです。

過去3年間の芝での成績を観てみましょう。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 20-12-11-53/96 20.80% 33.30% 44.80%
福島 4-1-1-6/12 33.30% 41.70% 50.00%
新潟 1-2-1-5/9 11.10% 33.30% 44.40%
東京 48-33-29-102/212 22.60% 38.20% 51.90%
中山 21-11-15-42/89 23.60% 36.00% 52.80%
中京 15-18-12-50/95 15.80% 34.70% 47.40%
京都 51-44-32-147/274 18.60% 34.70% 46.40%
阪神 45-22-15-91/173 26.00% 38.70% 47.40%
小倉 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30%

阪神競馬場の成績は、50レース以上騎乗している競馬場では勝率ナンバーワン、

連対率も1位と抜群に相性が良い競馬場です。

そんな阪神競馬場・芝の成績を、さらに距離別に分けて観てみましょう。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1200m 2-5-1-6/14 14.30% 50.00% 57.10% 27 105
1400m 8-1-3-14/26 30.80% 34.60% 46.20% 93 69
1600m 6-7-3-20/36 16.70% 36.10% 44.40% 76 97
1800m 10-3-5-27/45 22.20% 28.90% 40.00% 109 90
2000m 11-4-0-13/28 39.30% 53.60% 53.60% 216 92
2200m 2-0-1-5/8 25.00% 25.00% 37.50% 190 70
2400m 6-2-2-6/16 37.50% 50.00% 62.50% 205 111

1400mの成績はやや苦戦している1200mと較べても際立っていますが、

他の得意にしている距離にもヒケを取らない勝率を誇っています。

距離が伸びたほうが良い傾向はありますが、内回りコースでこそ実力を評価してみたい騎手でもあります。

しかし、重賞になれば話は別。

これだけの実績を残しているのに、重賞では勝てていないどころか馬券になったことの無いコースでもあります。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1200m 騎乗なし          
1400m 0-0-0-4/4 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
1600m 2-1-1-3/7 28.60% 42.90% 57.10% 75 157
1800m 1-2-0-2/5 20.00% 60.00% 60.00% 244 232
2000m 2-0-0-1/3 66.70% 66.70% 66.70% 856 186
2200m 0-0-0-2/2 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
2400m 2-0-0-0/2 100.00% 100.00% 100.00% 460 175

騎乗馬は腐ってもGI馬、秋になって連続2着で復調気配。

人気になるのは仕方がありませんが、秋の緒戦は超スローで浮上。

前走のマイルチャンピオンシップも他の馬が脚を使わされて、かなり漁夫の利の2着。

ペースがより早くなる1400mが、騎乗馬自身に良い方へ向くとは正直思えません。

それこそイスラボニータ、大して強くない世代だったかもしれませんが

一応皐月賞馬で、日本ダービー2着馬ですからね。

だんだん上手くなる若手有望株が面白いかも!

ここで見直したいのが、他の騎手が苦戦している時に上がってくる騎手でしょう。

そんな時に怖いのは、勢いのある騎手でしょう。

中でも先週の朝日杯フューチャリティステークスで、

どうやら一皮剥けた感じのするM.バルザローナ騎手に注目します。

これまで2013年・2014年とGⅢを勝っています。

昨年は来日しませんでしたが、今年も京阪杯(GⅢ)をネロで制しています。

着差でぶっ千切った内容は、見ていてインパクトがありましたね!

これまでのM.バルザローナ騎手と言えば、GIでは足りない騎手でした。

しかし、先週初めて馬券に絡む活躍を見せました。しかも、上がり最速の脚を使うオマケつき。

騎乗馬のトウショウドラフタは1400mで3連勝して重賞を制した馬ですし、

2走前も新潟の1400mで勝利するなど、この距離を得意にしています。

しかも、前半から逃げ馬が平均ペース以上で飛ばしてくれるレースでこそ、持ち味が出ます。

阪神競馬場の芝も、やや外差し傾向が出てきました。

これならこの馬に流れが味方してくる場面も期待できるでしょう。

流石に相手が強いかもしれませんが、展開が全て嵌まるなら

格上の相手を含め、まとめて相手できるだけの力は示してきました。

おそらくM.バルザローナ騎手にとっても帰国前にもうひと暴れしたいでしょうし、

ここらで狙ってみる価値はあると思いますよ?

阪神カップはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

M.バルザローナ騎手

騎乗馬:⑪トウショウドラフタ

前半からあまりペースが流れてくれなかった前走は参考外、ああ言うペースにならない公算が大きい点に加えてようやくGIでも馬券になるようになってきた騎手の進化は素直に評価したい。まだ荒削りな部分は多いが、着実に重賞を勝ってきた若手と言う点でも期待を賭けたい部分はある。

**(2つ星評価)

岩田康誠騎手

騎乗馬:④エイシンスパルタン

展開に左右される傾向こそあるが、かつては1400mで連勝して条件戦を突破してきた経験がある。なにより騎手が最近乗れはじめており、馬とリズムがあってきている点は不気味。コース相性が良くない点が懸念材料だが、実力を出し切れば人気上位を脅かすだけの走りも可能。

*****************************
松山弘平騎手

騎乗馬:⑦ラインハート

早いペースは1200mで経験済みだし、実績からして買いづらい騎乗馬だが無欲の差しを狙ってくると、距離さえこなせれば怖い存在。騎手の成績は前に行ってこそだが、これだけ前が激しくやりあうなら好位のすぐ後ろで運び、勝っっている4走前の再現に期待。

*(1つ星評価)

大野拓弥騎手

騎乗馬:⑨スノードラゴン

前走は完全にペース判断を読み間違えたので、少しでも距離が短くなるのはプラス材料。勝負どころで早仕掛けになる点がマイナス材料だが、他がモタモタしているようならパワーが要る馬場で力は3割増。引退前にもうひと稼ぎしてくるかも。

*****************************

武豊騎手

騎乗馬:⑤ダンスディレクター

冬場に強い騎乗馬なのに人気がそこまで集中していない今回は十分狙える存在。昨年も差し馬向きの流れに乗って2着と実力はあるし、スピード勝負ではあまりにも分が悪いだけに近走不振でも見直さないといけない。騎手成績はGⅡでしっかり残している点も強調材料。

*****************************
池添謙一騎手

騎乗馬:①サンライズメジャー

叩き良化タイプで4戦目あたりがやはり進化発揮となりそうな騎乗馬だし、今年の春には1400mのGⅡで2着と意外性のあるところは強みになる。脚質も自在で昨年の4着馬とパワーを要する今の時期も健闘した実績も評価できるし、最内枠が味方すれば。

*****************************
以上、阪神カップの予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末・日曜は有馬記念(中山)に加えて、阪神競馬場のメインレース予想と、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。先週は朝日杯フューチャリティステークスで、1番人気ミスエルテを消す騎手データを示しました。

これこそが、騎手買い。

今月の企画では10番人気の単勝が的中するなど、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


【PR】何かと出費がかさむ12月だから、しっかり勝っておきたい!・・・なので本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか、調べてみた

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

皆さんいきなりですが、最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね~

正直これだけ沢山のサイトがあるので何が本当に使えるかわからんわい!笑

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

そりゃーそうです!

だって世の中にこれだけの情報が溢れかえっているのですから。。

その中で色々な読者の方にお声を頂くのですが

「どれが本当に良いのかわからない!!」

「本当に情報として使えるサイトはどこなの?」

という声をお聞きするんですよね。

と言うことで今回は無料で使えておすすめ出来るサイトを紹介いたします!

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

「無料でもなかなかの情報を出してくれる」

この3点を中心にランキングを付けてみたので参考にしてみてくださいね。

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで

見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂1】勝馬伝説

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.l-horse.com/
【おすすめポイント】
無料情報だけでも万馬券を量産しまくっているサイト。帯封超え(100万)も連発で的中を出しているし、登録は完全無料で的中実績も豊富で無料方法も充実しています。

【殿堂2】チェンジ

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.5il.org/
【おすすめポイント】
専属馬券師の数は業界最候補の216人!2ヶ月連続で16レース連続的中させた強者も揃っているサイトで今なら無料予想もGET出来ます!

【第1位】すごい競馬
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://www.shopwin.biz/
【おすすめポイント】
「お客様に利益をお届けする」ことを最重要課題として7名のプロによる極上情報を提供しているサイト。創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上超えの名前負けしていないサイトです。
【第2位】情熱競馬

【おすすめ度】★★★★★★

【URL】http://www.jn-keiba.com/


【おすすめポイント】

確固たる情報ルートを持ち合わせた先鋭馬券師と専属契約を結んでいるサイト。更に競馬ライフ盛り上げる多彩なイベントも多数開催しているサイトです。

今回ご紹介したサイトはどれも当然ですが無料登録可能なサイトです!

まず無料でしっかりとサイトの情報を手に入れてみて、

気に入ったサイトを使っていくというのが良いのではないでしょうか?

おすすめの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトの情報を見てみる事!

これなら迷惑メールなどが来ても心配は無いですし、本当に使える情報を選別して

その後でメインアドレスで受信するという手法も取れますよね!

私、竹下もそのようにして情報を選別してこのサイトに辿り着きましたので

まずは無料で皆様も活用してみてくださいね~♪

以上、「本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか調べてみた!」でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP