【函館記念 2017 予想】C.ルメールの前方に灯る信号の色は?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 函館記念 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)
※7/15・16日分の予想も、無料メルマガ限定で配信致します。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年7月16日分の予想を公開します。

こちらの記事では

函館記念(函館11R 発走予定時刻15:25)

についての予想および見解をお伝えします。

☆当ブログ&メールマガジン・最近の的中報告☆
今年はシルクロードステークス◎ダンスディレクターから相手5頭
メルマガ限定配信でしたが、◎△△で的中しました。
馬連2270円、馬単4710円、3連複7860円・3連単40820円とまずまずの配当。

先月はデイリー杯クイーンカップ、◎△△で3連複1170円、3連単6820円。
続く京都記念はサトノクラウンの連覇と読み、4頭だけ印を打って◎▲△3連単は16070円を的中させ・・・
さらに共同通信杯、○△◎の3連複2260円を4点で仕留めました!

裏開催のメインも好調です。2/18には斑鳩Sで▲△◎3連複8820円をバシッと獲得!
5/7 駿風S ◎○▲ 3連単22100円を4点指示1点目でガッチリ的中!

また、川崎記念でも◎オールブラッシュ→○サウンドトゥルーで
馬連1,760円、馬単4,730円を2点でズバリ的中させております。

宝塚記念は△◎△の3連複10点購入推奨で、10,330円を的中しました。
みなさま、おめでとうございます&ありがとうございます!


リーディング争いは昨年の倍も差が開いた。さぁ、ルメールはどうする!?

あらためまして、皆様ごきげんよう。
キシュランガイドの多幸です。

特別企画を(競馬もやりながら)行っており、アマチュア野球ばかり見ています。
それこそ、野球場でデザリングしながら、この原稿を一部作っているような状況です(笑)

いやだってね。
涼しい球場で格安で試合が見られる。
で、後ろにすぐウインズがある、と。

こんな環境で両方やられずにいられるかっての!

さて、そんな事はさておいてですね、
現在のリーディングジョッキー争いの行方、皆さんご存知でしょうか。

順位を確認する

実はいつの間にか戸崎圭太騎手が首位に立ったと思ったら、
先週は福島で土日合わせて9勝の固め打ちで一気に突き放す。

これでM.デムーロ騎手とは8勝差、
そして1週間海外へ渡航していたC.ルメール騎手とは18勝も差がついてしまいました。
もちろん戸崎圭太騎手の集中力は称賛に値しますが、
C.ルメール騎手だって黙っていないはず。

と言うのも、昨年の同時期も7勝差を追いかけて、年末には追い付き追い越してしまったからです。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
戸崎圭太 104-68-56-293/521 20.0% 33.0% 43.8%
C.ルメー 97-59-63-210/429 22.6% 36.4% 51.0%
M.デムー 77-47-48-242/414 18.6% 30.0% 41.5%

しかし、先週の戸崎圭太騎手の猛チャージで、昨年の倍も差がついてしまいました。
こうなると気になるのは、C.ルメール騎手が少しでも近づくように猛チャージを仕掛けてくるのでは?

と言う事です。

せっかくのチャンスを台無しに?巴賞の内容には疑問を抱こう。

今回断然人気はサトノアレスが集めることになるでしょうか。
そりゃ、2歳チャンピオンですし、C.ルメール騎手だって1つでも勝ちたい。
しかも、藤沢和雄厩舎は今年の3歳クラシック戦線を席巻。
当然のように人気はします。

しかも函館の水があっているのか、前走の巴賞まで休み明けで勝ってしまった。

まぁ、確かにこれで消そうとする方が天の邪鬼なのかもしれませんが、
巴賞の内容は確かに時計も決して遅くないように見えて、恐ろしく遅い勝ちタイムだったのです。

4R未勝利 35.4-47.5-59.4 上がり36.6
11R巴賞  35.2-47.2-59.3 上がり34.6

そう、前半の5ハロンで言えば未勝利戦と同じようなスローペース。
向こう正面でしっかりと息が入るような流れでしたので、
サトノアレスもC.ルメール騎手も、しっかり余力を残して勝負どころに突入できたのです。
そりゃあがり34秒台でまとめられますよ。

なので、0秒3差内の6頭中5頭が出走してくる訳で、
この巴賞組には大体同じ事が言えますが、
今回の函館記念で同じだけの走りが出来る!だなんて、スンナリ考えない方が良いんです。

そして今回は、今まで対戦したことのないペースメーカーと対戦します。
マイネルミラノ、鞍上は地元・函館出身の丹内祐次騎手。
昨年の函館記念の覇者であるコンビは、スローペースに落として勝つことをほとんどしません。

ここ最近のレース前半のデータと比較しても、
マイネルミラノとサトノアレスではまったく別のペースでレースを運んで勝っているのです。

詳しいところは無料のメールマガジンでお話しますが、
サトノアレスが今年の春、クラシックで全く歯が立たなかった理由もすべて説明が付くぐらい、
レースをどう進めたかは重要です。

そこをC.ルメール騎手は理解していた上で作戦を立てなくてはいけないのですから、かなり大変なはずです。

函館記念を波乱の決着にする要因は、道中のペース

さて、今回の函館記念ですが、

C.ルメール騎手とサトノアレスにとってはあまり好ましくないペースで進みます。

前に行きたい馬も多くいますが、そもそもどの馬がペースを握るかによって勝負の行方は大きく変わります。

仮に何が何でも前に行く予定の池添謙一騎手は、確かに前に行ければ強い騎手です。

・レース前半5ハロンが59秒4以下
・3コーナーで3番手以内
・4コーナーで3番手以内

この条件の成績で言うと、確かに今回出走予定の騎手では実績1位と言えるぐらい。
つまり、池添謙一騎手がハイペースで逃げた方が、本来は函館記念を勝ちやすくなるのです。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
丹内祐次 2-2-1-5/10 20.0% 40.0% 50.0% 190 142
池添謙一 2-0-1-3/6 33.3% 33.3% 50.0% 608 241
吉田隼人 1-0-1-2/4 25.0% 25.0% 50.0% 27 95
北村友一 1-0-0-6/7 14.3% 14.3% 14.3% 24 20
四位洋文 1-0-0-1/2 50.0% 50.0% 50.0% 555 145
藤岡康太 0-3-0-2/5 0.0% 60.0% 60.0% 0 202
岩田康誠 0-2-0-5/7 0.0% 28.6% 28.6% 0 71
武豊 0-2-0-2/4 0.0% 50.0% 50.0% 0 72
吉田豊 0-1-0-4/5 0.0% 20.0% 20.0% 0 50
蛯名正義 0-0-1-3/4 0.0% 0.0% 25.0% 0 30
C.ルメー 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0% 0 65
丸山元気 0-0-1-2/3 0.0% 0.0% 33.3% 0 43
柴山雄一 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0% 0 130
松岡正海 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
鮫島克駿 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝浦正樹 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

ところが、道中のペースに関係なく過去3年間で
芝2000mの逃げ・先行の成績を見てみると
池添謙一騎手の成績は埋没します。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
C.ルメー 18-13-8-14/53 34.0% 58.5% 73.6% 143 106
岩田康誠 13-8-4-35/60 21.7% 35.0% 41.7% 55 75
武豊 11-14-5-31/61 18.0% 41.0% 49.2% 100 111
吉田隼人 10-10-5-35/60 16.7% 33.3% 41.7% 61 94
藤岡康太 8-15-5-37/65 12.3% 35.4% 43.1% 442 204
丸山元気 8-8-1-36/53 15.1% 30.2% 32.1% 530 201
池添謙一 7-1-6-24/38 18.4% 21.1% 36.8% 295 125
柴山雄一 6-8-3-30/47 12.8% 29.8% 36.2% 159 101
丹内祐次 6-6-7-50/69 8.7% 17.4% 27.5% 211 118
北村友一 6-4-7-29/46 13.0% 21.7% 37.0% 123 84
松岡正海 5-4-8-62/79 6.3% 11.4% 21.5% 77 134
蛯名正義 5-4-6-33/48 10.4% 18.8% 31.3% 57 53
鮫島克駿 4-1-1-22/28 14.3% 17.9% 21.4% 62 52
吉田豊 3-1-4-34/42 7.1% 9.5% 19.0% 18 184
四位洋文 2-7-7-14/30 6.7% 30.0% 53.3% 53 97
勝浦正樹 1-2-3-34/40 2.5% 7.5% 15.0% 47 44

C.ルメール騎手が先行してバリバリ勝っていますが、
当然のようにスローペースの先行策です。

あまり機会に恵まれていないのが正直なところ
今回も騎乗するヤマカツライデンは平均ペースの逃げで失速しているので、
池添謙一騎手の特性を考えればもっと飛ばしたいはずでも、
おそらく平均ペースの逃げを打つことは出来ないでしょう。

丹内祐次騎手にとっては、ラクに主導権を握りまんまと逃げ切れる公算まで立ってきそうです。

平均ペースまたはハイペースで強い騎手は他にも居た!

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
C.ルメー 3-3-3-6/15 20.0% 40.0% 60.0%
丸山元気 1-0-3-6/10 10.0% 10.0% 40.0%
藤岡康太 1-4-0-10/15 6.7% 33.3% 33.3%
丹内祐次 1-2-0-7/10 10.0% 30.0% 30.0%
池添謙一 1-1-1-8/11 9.1% 18.2% 27.3%

先程は

・レース前半5ハロンが59秒4以下
・3コーナーで3番手以内
・4コーナーで3番手以内

これでハイペースの先行策・逃げに強い騎手をあぶりだしましたが、
お次は単純に芝2000mのレースで

・レース前半5ハロンが59秒4以下
・特別戦

を限定して抽出しました。

C.ルメール騎手は確かに差して結果を出している分もあり、高い複勝率を残しています。
もしもサトノアレスが上手く脚を貯めたとしたら、もちろん良い成績を残せる可能性はゼロではありません。

しかし、差し馬に味方するような馬場でもありませんので、
過剰に信頼するのは危険なのかもしれません。
ましてリーディング獲得に向けたモチベーションも、空回りしているのかも・・・

そうなると時点に居るのは、丸山元気騎手です。

ダンツプリウスはそこまでハイペースでは困る馬ですが、
マイルの重賞を勝つように全くこなせない訳ではありません。
2000mでの実績こそありませんが、逃げ馬のすぐ後ろぐらいの位置を取ろうと思えば
簡単に取れるであろう内枠も引けました。

しかもあのハイペースだったNHKマイルカップでも4着。
GIでも善戦していたぐらいですので、ここはチャンスと見ます。

これでハイペースが全く駄目な馬・騎手なら話は別物ですが、
C.ルメール騎手に続くハイペース後者なら期待は持てます。

2017年の函館記念はこのように評価しました。

***(3つ星評価)

丸山元気騎手

騎乗馬:②ダンツプリウス

騎乗馬にとっては気性面・ペースもそうだが距離が大きなネック。しかし、内枠のよどみない流れに乗れば騎手の持ち味は最大限活かせるだけあって、距離をギリギリこなせればチャンスは十分。ハンデや斤量が57kgだと少し堪える傾向がある騎乗馬なので56kgのうちに勝負を決めたいところ。

**(2つ星評価)

丹内祐次騎手

騎乗馬:⑦マイネルミラノ

58kgとハンデは見込まれたが、連覇の可能性だって十分になる。騎手のペース判断は決して超スロー方ではないので、前に行けるだけ行って欲しいところ。普通に騎乗すれば逃げられるだけのメンバーだし、勝負気配も無く夏場の函館を使うとも思えない。鞍上も地元で更に良い成績を残せるか。

*****************************
吉田豊騎手

騎乗馬:⑪ツクバアスマオー

今の馬場がこの騎乗馬に味方していないのは大きなネックだが、本来は平均ペースよりもやや早めの流れを追走し、他の馬がばてたところをしっかり交わせるのがこの騎乗馬のアピールポイント。昨年も函館記念を僅差まで追い詰めたこのコンビ、ハンデも増えたが他が苦手にするような流れなら。

*(1つ星評価)

岩田康誠騎手

騎乗馬:⑤レッドソロモン

どちらかと言えばスローペース歓迎の騎手ではあるが、積極的に前を窺うレースが出来た場合には結果を残した実績馬だけに、前走とはガラリと変わった作戦を取る事も視野に入れておきたい。函館実績もあるうえに斤量も56kgとそこまで見込まれていないし、馬券圏内を狙えるチャンス。

*****************************

柴山雄一騎手

騎乗馬:⑫ルミナスウォリアー

今年のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)で厳しい流れを我慢しての4着で改めて注目したいところ。北海道での実績は無いが、高速馬場で苦戦しているところを見ると実は洋芝の鬼である可能性すらある。あくまで差して突っ込んでこられるかと言う他力本願だが、馬券圏内は一考

*****************************

C.ルメール騎手

騎乗馬:①サトノアレス

もともと2歳戦特有の緩い流れで結果を出してきた騎乗馬なので、レースの流れが引き締まるのは決して歓迎できない。ただし、騎手にとってはハイペースはむしろ歓迎のクチで、差す時は詰めの甘いところも出すのであくまでも3着候補と考えるなら。勝ちきるにはやはりスローペースが理想

*****************************

以上、函館記念の予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末の開催も、各場のメインレース予想を無料でお届けします。。
日曜は函館記念の最終判断に加えて、福島・中京の両競馬場メインレースについても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

 

今月は宝塚記念で3連複△◎△が的中しました。更なる的中を目指し、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。

来週の注目騎手・展望をお届けするメルマガも創刊しました

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)


【PR】個別サポートでもっと儲かる、ずっと儲かるサイトのご紹介です!

競馬マニアの皆さんこんにちは。町田と申します。

今回1000本超の実績を誇る競馬予想サイトを紹介したく、

この場をお借りしてPRさせていただきます。
今回ご紹介させていただくこの【すごい競馬】

なにがすごいかと言いますと

・【お客様に利益をお届けする】ことを最重要としており
創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上

・どんな小さなことでも迅速かつ丁寧に完全個別サポート
これが、【すごい競馬】をすごい!!!と言わしめるゆえんなのです。
私はこのサイト以上に対応力が優れているサイトを見たことがありません。

その対応力のおかげで先週も高配当を連発していました。

 

ーー【的中実績】ーーーーーーーーー
2017年06月25日(日)

阪神10R 花のみちステークス

3連単 08-13-09(10点勝負)

回収金額:17万1660円

 

2017年06月25日(日)

函館10R 3歳上500万

3連単 05-04-08(6点勝負)

回収金額:137万7500円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は今までいろんな競馬予想サイトを試しましたが

このサイトは間違いないと自信を持ってご紹介できます!
そして!

今週は大一番勝負のラジオNIKKEI賞予想無料で公開するみたいですよ!

ぜひこの機会にすごい競馬の対応力を感じてみてくださいね!
有益な情報を無料で受け取る

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP