【函館記念】ホワイトに恩返しで、バイガエシ?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年7月17日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 函館記念 (函館11R 15:40発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

かつては北海道開催で敵なし

黒船来襲とばかりに、外国人騎手の活躍も目立つ昨今ですが、とどめを撃ったのはこのD・ホワイト騎手。

札幌開催に参戦して鬼のようなイン突きを見せ、他の騎手を置き去りにするような活躍で勝ち星を強奪。

「お前ら、何で外ばっかり通るんだ?」

の発言にも見られるように、当時の日本人騎手のレベルを底上げしてくれた恩人でもあります。

2013年以降は他の騎手に押され気味

香港で長らくリーディングを獲得してきた騎手ではありますが、近年はZ・パートン騎手やJ・モレイラ騎手、T・ムーア騎手などが参戦して一気に影は薄くなってしまいました。

2012/13シーズンまで13期連続でリーディングを獲得してきたのですが、さすがに戦う相手が悪いのもあってかつて程の成績を残せていない状況ではあります。

しかし、リーディング上位には踏みとどまっているように、まだまだその実力は健在です。

日本に来たのも「香港にはホワイトも居るんだぞ、テメエら俺にも騎乗依頼しろ!」って名前を売りたい気持ちがあるはずです。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2010年 8-2-7-22/39 20.50% 25.60% 43.60% 136 85
2008年 10-5-10-45/70 14.30% 21.40% 35.70% 67 92

これは札幌での成績ですが、やはり日本の競馬で勢いをつけたい意図はあるはずです。

香港を代表する騎手の巻き返し、なるでしょうか?

函館記念賞はこの様に評価しました

***(3つ星評価)

D・ホワイト騎手

騎乗馬:②トーセンレーヴ

引退しないで使ってきたのは勝算があってこそのものでは?日本に短期免許で参戦してきたのも勝負が掛かっているはず。

**(2つ星評価)

池添謙一騎手

騎乗馬:③レッドレイヴン

調子の良さが戻りつつあり、いよいよ軽視禁物となりつつある。ここでも良い勝負が出来るか。
*****************************
岩田康誠騎手

騎乗馬:⑮ダービーフィズ

連覇できるだけの力はあるがここまでの流れは正直昨年に較べたら好くは無い、一発逆転なるか。

*(1つ星評価)

ティータン騎手

騎乗馬:⑫ネオリアリズム

香港の若手成長株として少しは見せ場を作れるか、過度な信頼は出来ないが技術の高さは昨日示した。

*****************************
丹内祐次騎手

騎乗馬:⑥マイネルミラノ

これだけのハンデなら一変しても不思議ではない、地元でもう少し活躍したいところ
*****************************
松岡正海騎手

騎乗馬:⑦マイネルフロスト

函館での成績が例年以上に良い印象、ここは勝負を仕掛けてくるか。
*****************************
以上、函館記念の予想でした。

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP