【福島牝馬S 2016 予想】最後にひと伸びが効けば・・・

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年4月23日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • 福島牝馬ステークス(福島11R 15:25発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

ある程度前で競馬出来ないと厳しい

福島競馬場のコースは4コーナーがスパイラルカーブになっている為、スピードを出しながらポジションを押し上げる事が可能です。

他のローカル小回り競馬場に比べて道中は中団付近に居た馬も、4コーナーの動き次第では馬券に絡む可能性が高くなるコースです。

直線に向いてから勝負を賭ける馬よりも、直線に向く前に勝負出来る位置に居られるかどうかが、非常に大事になってきます。

加えて全体のペースが速くなりがちで、最後の直線が激しい追い較べとなることからも、騎手の腕が色々と試されるコースとも言えます。

必ずしも今までの経験が通用しない事もある

とは言え、福島競馬場向きのような競馬を体験してきたにもかかわらず、本番では全く歯が立たなかったケースは数多くあり、

一度福島競馬場で馬券になったものの、次回は全くお話にならなかったと言うケースもかなり多くの割合であります。

それぞれタイム上では同じでも、多少の気候変動でも影響を受けやすい福島競馬場の芝状態も、混戦度合いを更に深めてくれます。

今回、上位候補に評価した馬はそれぞれ時計勝負大歓迎と言う馬ではありませんので、観た目の数字以上にタフさを要求されたときはかなりチャンスではないかと考えました。

あとは極端に騎手成績が悪い場合は評価が下がったり、対象外になったと言う感じで予想を組み立ててみました。

福島の適性が未知数と言う状態で予想するのは大変ですね。ハンデ戦では無い分、まだ良かったのかもしれません。

福島牝馬ステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

勝浦正樹騎手

騎乗馬:⑮カレンケカリーナ

牝馬での成績が非常に良く先週終了時点での福島リーディング首位、休み明けに好走歴が多く動き自体も非常に軽快、まさにここ目標で仕上げてきた。

**(2つ星評価)

菱田裕二騎手

騎乗馬:②フレイムコード

全体のタイムが早くなるはずだがそれでも前走までに比べたらまだ楽なラップで競馬が可能、脚が残ったまま好位置でレースが進められたら大逆転も一考。

————–

横山典弘騎手

騎乗馬:⑯シャルール

能力の高さは走破時計を観れば一目瞭然、落馬負傷で叶わなかった親子参戦が出来る舞台だし気合を入れてレースに臨める点もプラス。圧勝まであるかも。
*(1つ星評価)

北村友一騎手

騎乗馬:⑧マコトプリジャール

ローカル競馬での活躍が例年ほどではない点が気になるが、本来だったら展開を含めてVへ最短距離に居るはずだったコンビだし逆襲出来ても不思議では無い。

————–

加藤祥太騎手

騎乗馬:⑥オツウ

1800m戦なら多少ペースが早くても粘って来れた実績はあるし、この鞍上なら作戦がハマった時の威力が大きい点も魅力。あとは全てが上手く行けばの条件付き。

————–

大野拓弥騎手

騎乗馬:⑫メイショウスザンナ

先行勢が総じてオーバーペースになったら警戒しておきたい存在、ごっつぁんで星を拾える力がまだ残っているだけに、7歳馬でも1800m戦だけは軽視できない。

以上、福島牝馬ステークスの予想でした。

買い目に関してはキシュランガイド~騎手から予想するブログ~のメールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP