【フェアリーS 2017 予想】一長一短の横山典弘をどう扱う?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 フェアリーステークス 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年1月8日分の予想を公開します。

こちらの記事では
フェアリーステークス(中山11R 発走予定時刻15:35)
についての予想および見解をお伝えします。

※メルマガ推奨買い目、先月のおもな的中は香港スプリントを馬連5点予想、◎△で¥4,790が的中。
金鯱賞では▲◎○で、3連複4点予想の1点目で¥6,050的中。

的中報告を読者の皆様から戴きました。的中おめでとうございます&ありがとうございました!
今月もやります!限定企画「中山1200mに賭けろ!」昨年12月には単勝50倍をGetするなどトータル大幅プラスを達成。メインレース以外でこの舞台だからこそ狙ってみたい特注馬を1月7日以降に毎日1頭ずつ推奨しますので、お楽しみに。


過去3年では、横山典弘騎手の複勝率は牡馬より牝馬が優秀

まずはマイル戦の成績を、過去3年で振り返ってみましょう。

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟 0-3-5-19/27 0.00% 11.10% 29.60%
東京 17-7-9-87/120 14.20% 20.00% 27.50%
中山 7-15-12-55/89 7.90% 24.70% 38.20%
中京 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00%
京都 0-0-0-6/6 0.00% 0.00% 0.00%
阪神 2-0-1-6/9 22.20% 22.20% 33.30%

ここ数年で考えると、中山のマイルでの成績は今ひとつと言うしかありません。

過去10年で考えれば40代になったあたりの貯金がモノを言っていますが、

近年の成績に絞り込んで考えると少しパッとしないのは事実です。

押し出されるように1番人気になり、少し売れすぎているのは懸念材料でもあります。

本題に入る前に、もう少しデータを見ていきます。

続いてマイル戦の成績を、重賞を含む特別戦に限定して過去3年で振り返ってみます。

特別戦 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟 0-0-1-7/8 0.00% 0.00% 12.50%
東京 8-3-3-33/47 17.00% 23.40% 29.80%
中山 4-5-1-32/42 9.50% 21.40% 23.80%
中京 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00%
京都 0-0-0-4/4 0.00% 0.00% 0.00%
阪神 1-0-1-2/4 25.00% 25.00% 50.00%

特別戦で何とか踏ん張っているのが、勝負強さの秘訣でもあります。

流石にかつて程重賞をどんどん勝っていく騎手ではなくなりました。

だからこそ、良いところと悪いところハッキリさせて、馬券戦術に直結させる必要があります。

いよいよ牝馬の成績にスポットを当てます。

さて、ここからいよいよ本題に移ります。

横山典弘騎手の長所は、クラスが上がっても苦にしないところ。

これに尽きます。

あとは牝馬の成績がどうなのか、ここが大切。

過去10年のデータでは、牝馬の成績が伸び悩んでいましたが、ここ数年ではどうなのでしょうか。

牝馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟 0-2-1-11/14 0.00% 14.30% 21.40%
東京 10-4-3-40/57 17.50% 24.60% 29.80%
中山 2-10-6-26/44 4.50% 27.30% 40.90%
中京 1-0-0-0/1 100.00% 100.00% 100.00%
京都 0-0-0-3/3 0.00% 0.00% 0.00%
阪神 1-0-1-3/5 20.00% 20.00% 40.00%

まずは牝馬の成績だけを抜き出します。

未勝利から重賞まで全部ひっくるめると、確かに牡馬よりも良い成績を残しているコースはあります。

特に東京コースは、牡馬の特別戦成績に匹敵するレベル。

・・・ん?ちょっと待て。

今回は中山のマイル戦。しかも、中山の成績はなんだかすごい数字になっています。

勝率の低さこそ牡馬と同様にありますが、連対率や複勝率は上昇しています。

念のため、牝馬×マイル戦の成績を「重賞を含む特別戦」に、牡馬と同様に限定してみましょう。

牝馬×特別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新潟 0-0-0-4/4 0.00% 0.00% 0.00%
東京 3-1-0-17/21 14.30% 19.00% 19.00%
中山 1-3-0-16/20 5.00% 20.00% 20.00%
中京 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00%
京都 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00%
阪神 1-0-1-2/4 25.00% 25.00% 50.00%

結論を言えば「買えない訳ではない」が、1着固定はかなり危険。

さてと、一旦まとめてみましょうか。

横山典弘騎手の成績は、基本

中山よりも東京が優秀。

牡馬よりも牝馬が優秀。

しかし、レースのカテゴリ別に考えると近年は

横山典弘 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中山マイル 7-15-12-55/89 7.90% 24.70% 38.20%
特別戦 4-5-1-32/42 9.50% 21.40% 23.80%
牝馬 2-10-6-26/44 4.50% 27.30% 40.90%
牝馬×特別 1-3-0-16/20 5.00% 20.00% 20.00%

中山のマイル戦では、牝馬の特別戦はかなり見劣る。

これが現実です。

今回人気しているために若干下駄を履かされていますが、騎手のデータからしても強調できる点は探しにくいです。

追記できるとすれば「これが未勝利や、500万のレースならもっと信頼できる」と言う事。

なのでいくら1番人気でも、勝率がたったの5%で甘んじている条件で、強力に推すことは厳しいと考えます。

せめて相手までに留めておきましょう。

戸崎圭太騎手の外枠は、牡馬と牝馬で使い分けが必要

戸崎圭太騎手は年初からなかなか勝てていませんが、

そろそろエンジンも掛かりだして来るはず。

過去3年間の成績を中山の芝・マイル戦に限定し、枠順別に纏めてみました。

まずは参考までに、牡馬(セン馬も含む)の成績を見てみましょう。

牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1枠 0-0-0-5/5 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
2枠 1-1-1-2/5 20.00% 40.00% 60.00% 30 74
3枠 3-1-0-4/8 37.50% 50.00% 50.00% 158 86
4枠 2-3-0-3/8 25.00% 62.50% 62.50% 50 90
5枠 4-2-3-7/16 25.00% 37.50% 56.30% 117 95
6枠 0-1-1-3/5 0.00% 20.00% 40.00% 0 98
7枠 3-1-0-3/7 42.90% 57.10% 57.10% 331 135
8枠 3-1-0-9/13 23.10% 30.80% 30.80% 57 46

牡馬の成績では7枠が優秀ですね。

回収率も非常に素晴らしい。

8枠も3勝と、かなり良い成績を残していますね。

でも今回は、牝馬のレースです。

牝馬でも外枠の成績は良いのでしょうか。

牝馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1枠 0-0-3-5/8 0.00% 0.00% 37.50% 0 75
2枠 0-2-0-1/3 0.00% 66.70% 66.70% 0 253
3枠 0-0-1-6/7 0.00% 0.00% 14.30% 0 20
4枠 1-1-0-4/6 16.70% 33.30% 33.30% 73 118
5枠 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 37
6枠 0-1-0-5/6 0.00% 16.70% 16.70% 0 26
7枠 2-1-0-5/8 25.00% 37.50% 37.50% 58 65
8枠 2-2-0-3/7 28.60% 57.10% 57.10% 350 224

なんと牝馬では、8枠の成績がダントツ!

黙って買えって位に良い成績です。

これなら・・・とは思いますが、あくまでもこれは未勝利や平場のレースを含めた話しです。

もう少し掘り下げます。

中山のマイル×特別戦なら、8枠の成績が格段に良い!

特別×牝馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
新潟 0-1-0-0/1 0.00% 100.00% 100.00% 0 200
東京 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 70
中山 1-2-0-1/4 25.00% 75.00% 75.00% 570 365
中京 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
京都 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
阪神 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 60

戸崎圭太騎手の成績は、確かに外枠であった方が良いのは事実です。

牝馬の成績を過去3年間の特別戦で見ると、上に掲載した表のようになります。

中山のマイルでは複勝率が75%。他のコースより8枠で馬券になる確率が上がります。

一時期外枠が不利と言われていたコースではありますが、戸崎圭太騎手に関して言えばそれは関係ない模様です。

ちょっと気になる関西馬の不振、これでは戸崎圭太騎手でも厳しいか。

気になるのはこのフェアリーステークスで、関西馬の成績がなかなか伸びていないことです。

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
美浦 8-8-5-99/120 6.70% 13.30% 17.50% 195 93
栗東 1-1-4-18/24 4.20% 8.30% 25.00% 18 67

こちらは過去10年に範囲を拡げてデータを抽出したものです。

複勝率こそ関西馬は健闘していますが、

勝率や連対率が関東馬に較べてかなり劣っています。

人気別の成績を観ても・・・

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1番人気 1-0-1-2/4 25.00% 25.00% 50.00% 112 80
2番人気 0-0-1-1/2 0.00% 0.00% 50.00% 0 80
3番人気 0-0-0-3/3 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
4番人気 0-0-2-2/4 0.00% 0.00% 50.00% 0 137
5番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
6番人気 0-0-0-3/3 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
7番人気 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
8番人気 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 300
9番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
10番人気 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
11番人気 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
12番人気 0-0-0-2/2 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

関西馬で勝ったのは1番人気のみ。

いくら戸崎圭太騎手の得意な条件と言っても、1着固定にするには少し心許無いのが正直なところ。

今回2番人気ではありますし、騎乗馬のキャスパリーグなんて相手にはもってこいの存在だとは思いますが、

逆転候補を他から探したほうが良さそうですね。

データが奮わない騎手の逆襲が多い3歳春

昨年は石橋脩騎手が、およそ3年8ヶ月ぶりの重賞制覇。

さらに、一昨年に至っては黛弘人騎手が初重賞制覇を成し遂げるなど、

重賞成績なんてもはや関係ないような騎手が、成績を残してきているレースでもあります。

3年前も10番人気だった騎乗馬を、G.ブノワ騎手が豪快に2着に好走させるなど、人気薄にする騎手にもチャンスはあると思います。

そこで注目してみたいのが、人気上位の各馬よりも前で競馬できる可能性のある騎乗馬。

そして、それまで中山の実績が壊滅的にダメではない騎手が騎乗しているケースです。

残り3ハロン地点まで最速で行けたケースは

アロリエット   (サフラン賞)前半5ハロン=59.3
キャスパリーグ  (秋明菊賞) 前半4ハロン=47.7※推定5ハロン=59.4
コーラルプリンセス(新馬戦)  前半4ハロン=47.7※推定5ハロン=59.8

上位人気の各馬のタイムを考えると、前半5ハロンを60秒を切る程度で行けた時に、

そこそこ良い競馬をしていた馬が候補になりそうです。

一応各馬のタイムを芝1400m以上のレースで、

前半5ハロン地点最速・位置取りを挙げてみるとこんな感じで・・・

  • ②ツヅク      (アルテミス)前半5ハロン=61.1・先頭
  • ④ブラックオニキス (阪神JF) 前半5ハロン=59.6・10番手
  • ⑤ジャストザマリン (阪神JF) 前半5ハロン=59.3・5番手
  • ⑥ヒストリア    (アルテミス)前半5ハロン=62.0・7番手
  • ⑦キュイキュイ   (2歳未勝利)前半5ハロン=61.5・7番手
  • ⑧モリトシラユリ  (2歳未勝利)前半5ハロン=60.9・6番手
  • ⑨ポンポン     (阪神JF) 前半5ハロン=59.8・15番手
  • ⑩スノードーナツ  1400m以上経験なし
  • ⑪メローブリーズ  (2歳500万) 前半5ハロン=61.2・5番手
  • ⑫アルミューテン  (葉牡丹賞) 前半5ハロン=61.0・先頭
  • ⑬パフォーム    (2歳未勝利)前半5ハロン=59.9・4番手
  • ⑭アマノガワ    (2歳未勝利)前半5ハロン=58.7・3番手
  • ⑮ライジングリーズン(新馬)   前半5ハロン=61.1・7番手

何頭かは、まずまず流れたペースで競馬をした経験があるようですね。

そこで経験のある各馬の内容をもう少し振り返ってみましょう。

  • ④ブラックオニキス (阪神JF) 前半5ハロン=59.6・10番手

これだけペースが流れるとちょっと厳しいのか、推定59.8で運べたファンタジーステークスほどの伸び脚は無く12着に惨敗。
マイル以上の距離では札幌2歳ステークスのように、もう少しゆっくり運べるレースが理想。1400m以下ならこれぐらいのタイムは実質スローになるのでまだマシ。

  • ⑤ジャストザマリン (阪神JF) 前半5ハロン=59.3・5番手

このあとバッタリ脚が止まってしまうことに。途中まではこのペースでしっかり上がっていけたのですが、そこで脚を使いきってしまった&一気の相手強化で気負ってしまった感じ。

  • ⑨ポンポン     (阪神JF) 前半5ハロン=59.8・15番手

この位置から伸びてくれば話は別だったんですが、溜められずに伸びずでピックアップは厳しい。未勝利を勝ったときが正直かなり恵まれていた。

  • ⑬パフォーム    (2歳未勝利)前半5ハロン=59.9・4番手

上がり35.1でまとめて快勝した実績を持っている。気性面の課題があってやや前半抑え気味に行っているが、これがあまり良くない気も。
むしろ行けるならより前に行く姿勢が欲しい。

  • ⑭アマノガワ    (2歳未勝利)前半5ハロン=58.7・3番手

確かに馬場の良い時期の中山ではありますが、好位から上がり36.1でまとめて2着に粘る。スピードだけなら上位人気馬にもヒケを取らないし、前で粘れる力があるところは見せています。

こうなると、アマノガワに騎乗する柴田善臣騎手の成績が気になります。

柴田善臣騎手は決して強調できる成績ではありませんが・・・

昨年は2歳の重賞で活躍するなど実績はありましたが、その他がサッパリの成績でした。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2016年 36-48-41-463/588 6.1% 14.3% 21.3% 55 78
2015年 45-42-54-442/583 7.7% 14.9% 24.2% 101 82
2014年 48-44-57-446/595 8.1% 15.5% 25.0% 79 102

まぁ、大ベテランですから年々成績が上がったら恐ろしいですよ。

ただ、昨年は後半だけで25勝を挙げるなど、巻き返しはなかなか見事でした。

決して一年間ずっと不調だった訳ではありません。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2歳 37-31-32-265/365 10.1% 18.6% 27.4% 79 92
3歳 49-58-75-519/701 7.0% 15.3% 26.0% 103 92
4歳 20-26-23-211/280 7.1% 16.4% 24.6% 51 79
5歳 16-15-12-173/216 7.4% 14.4% 19.9% 75 127
6歳 3-6-6-107/122 2.5% 7.4% 12.3% 16 40
7歳 4-0-4-61/69 5.8% 5.8% 11.6% 75 30
8歳 0-0-0-15/15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

過去3年の成績を見ると、2歳馬での成績も優秀ですが・・・3歳馬で最多の49勝を挙げています。

まずは第一段階はクリアしてくれたようです。

続いて3歳の春シーズンの成績を、過去3年の芝レースに限定して観てみましょう。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
3歳の春 15-11-18-118/162 9.30% 16.00% 27.20% 216 87
牡馬 5-7-13-64/89 5.60% 13.50% 28.10% 290 106
牡馬×特別戦 2-3-3-20/28 7.10% 17.90% 28.60% 40 57
牝馬 10-4-5-54/73 13.70% 19.20% 26.00% 126 64
牝馬×特別戦 2-0-3-13/18 11.10% 11.10% 27.80% 35 52

注目して欲しいのは、牡馬よりも牝馬の方が成績が良いこと。

そして、牝馬の特別戦は全体の成績よりも上回っている事です。

春シーズンは1月から6月までを集計していますが、なかなかのものです。

最後に、3歳牝馬で狙えそうなデータをもう少し出してみます。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
全牝馬の成績 36-47-39-487/609 5.90% 13.60% 20.00% 60 73
3歳牝馬 19-28-19-221/287 6.60% 16.40% 23.00% 58 68
3歳牝馬×特別戦 3-2-4-33/42 7.10% 11.90% 21.40% 56 50

実は柴田善臣騎手に関しては、他の年代よりも3歳牝馬の特別戦は、勝率が良い傾向があります。

また、他の観点から見ても3歳牝馬の特別戦の成績は・・・

3歳牝馬×特別戦 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
新潟 0-0-0-2/2 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
東京 1-0-0-11/12 8.30% 8.30% 8.30% 36 14
中山 2-0-2-9/13 15.40% 15.40% 30.80% 279 103
中京 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
京都 0-0-0-0/0 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
阪神 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

中山競馬場で狙えそうなのが、過去3年間のデータからも出てきています。

騎乗馬の実力がしっかり出し切れば、低評価を覆し前走からの大逆転も可能かもしれません。

むしろ騎手の実績は全然ダメでも構わなかったのですが、案外やれそうなデータが出てきました。

外枠で揉まれない利点を上手く使えた時は、かなり面白い存在だと思いますよ!

2017年のフェアリーステークスはこのように評価しました。

***(3つ星評価)

柴田善臣騎手

騎乗馬:⑭アマノガワ

中山競馬場で好走歴があり、その時の走破タイムは今回の上位人気と比較しても決して引けは取らない。スムーズなレースをするためにも外枠・後入れの偶数枠は大幅なプラスだし、鞍上も2歳牡馬ほどではないにしても3歳牝馬で全く駄目と言う訳ではない。全てが噛みあえば好位置から押し切ることも可能になってくる。

**(2つ星評価)

戸崎圭太騎手

騎乗馬:⑯キャスパリーグ

関西馬がやや苦戦しているレースに、どちらかと言えば2・3着に着実に持ってくる騎手の組み合わせ。1着で狙えるだけの実力を持っているようで、詰めが甘く500万で苦しんで居る事からも、重賞でいきなり大きく前進とは考えにくい。

*****************************
横山典弘騎手

騎乗馬:③アエロリット

複勝圏内には十分考えられるが、やや人気を被り過ぎている点は気掛かり。そして騎乗馬の気性がカッとなりやすく、ペースが落ち着きすぎた時もマイペースで運べたときも、気性面で当てにしづらい点を残している。騎手の実績は1着では狙いづらいが2着・3着ならと言うところも減点材料。

*(1つ星評価)

大野拓弥騎手

騎乗馬:⑪メローブリーズ

あくまでも想定よりスローペースで流れたとき用ではあるが、夏場の函館ではぶつけられる不利がありながらの重賞4着。メンタル面だけでなくフィジカル面でももう一段成長が欲しいところだが、直前の動きから充実振りが感じられる。騎手のデータは過去3年で4位の7勝と、可もなく不可もなく。

*****************************

吉田豊騎手

騎乗馬:⑧モリトシラユリ

前走ダートで快勝したために嫌われやすい騎乗馬だが、かつては芝でまずまず好走していただけにズブズブの展開になったら侮れない実力は持つ。騎手の成績は中山・芝のマイルでは勝率2.2%と壊滅的ではあるが、年初から好調をキープしており度外視する手も。

*****************************
丹内祐次騎手

騎乗馬:⑬パフォーム

下級条件でしか実績を残せていない騎手に、気難しい騎乗馬。しかし、全てが上手く嵌まれば通用する下地は残してきており、如何にして気分良く走らせられるかがカギを握る。3年連続で美浦の中堅が波乱の決着を演出するか。

*****************************
以上、フェアリーステークスの予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末・土曜は東西両メインを。
日曜はフェアリーステークス(中山)に加えて、シンザン記念と京都競馬場のメインレース予想についても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

先月の企画では10番人気の単勝が的中するなど、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


【PR】2017年はもっと競馬で勝ってみたい!・・・なので本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか、調べてみた

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

皆さんいきなりですが、最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね~

正直これだけ沢山のサイトがあるので何が本当に使えるかわからんわい!笑

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

そりゃーそうです!

だって世の中にこれだけの情報が溢れかえっているのですから。。

その中で色々な読者の方にお声を頂くのですが

「どれが本当に良いのかわからない!!」

「本当に情報として使えるサイトはどこなの?」

という声をお聞きするんですよね。

と言うことで今回は無料で使えておすすめ出来るサイトを紹介いたします!

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

「無料でもなかなかの情報を出してくれる」

この3点を中心にランキングを付けてみたので参考にしてみてくださいね。

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで

見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂1】勝馬伝説

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.l-horse.com/
【おすすめポイント】
無料情報だけでも万馬券を量産しまくっているサイト。帯封超え(100万)も連発で的中を出しているし、登録は完全無料で的中実績も豊富で無料方法も充実しています。

【殿堂2】チェンジ

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.5il.org/
【おすすめポイント】
専属馬券師の数は業界最候補の216人!2ヶ月連続で16レース連続的中させた強者も揃っているサイトで今なら無料予想もGET出来ます!

【第1位】すごい競馬
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://www.shopwin.biz/
【おすすめポイント】
「お客様に利益をお届けする」ことを最重要課題として7名のプロによる極上情報を提供しているサイト。創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上超えの名前負けしていないサイトです。
【第2位】情熱競馬

【おすすめ度】★★★★★★

【URL】http://www.jn-keiba.com/


【おすすめポイント】

確固たる情報ルートを持ち合わせた先鋭馬券師と専属契約を結んでいるサイト。更に競馬ライフ盛り上げる多彩なイベントも多数開催しているサイトです。

今回ご紹介したサイトはどれも当然ですが無料登録可能なサイトです!

まず無料でしっかりとサイトの情報を手に入れてみて、

気に入ったサイトを使っていくというのが良いのではないでしょうか?

おすすめの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトの情報を見てみる事!

これなら迷惑メールなどが来ても心配は無いですし、本当に使える情報を選別して

その後でメインアドレスで受信するという手法も取れますよね!

私、竹下もそのようにして情報を選別してこのサイトに辿り着きましたので

まずは無料で皆様も活用してみてくださいね~♪

以上、「本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか調べてみた!」でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP