【ファルコンS 2017 予想】リーディング上位が苦戦するなら?

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 ファルコンステークス 2017」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。あらゆる角度から、どう扱い判断するのかデータから分析・検証してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)
※若葉Sの予想は無料メルマガ限定で配信致します。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年3月18日分の予想を公開します。

こちらの記事では

ファルコンステークス(中山11R 発走予定時刻15:45)

についての予想および見解をお伝えします。

☆最近の的中報告☆
今年はシルクロードステークス◎ダンスディレクターから相手5頭
メルマガ限定配信でしたが、◎△△で的中しました。
馬連2270円、馬単4710円、3連複7860円・3連単40820円とまずまずの配当。

先月は川崎記念で◎オールブラッシュ→○サウンドトゥルーで
馬連1,760円、馬単4,730円を2点でズバリ的中させております。

デイリー杯クイーンカップ、◎△△で3連複1170円、3連単6820円。
続く京都記念はサトノクラウンの連覇と読み、4頭だけ印を打って◎▲△決着。
3連複1880円ながら、3連単は16070円を的中させ・・・
さらに共同通信杯、○△◎の3連複2260円を4点で仕留めました!

チューリップ賞を3連複○▲◎の1点で的中しております。
みなさま、おめでとうございます&ありがとうございます!


何故か苦戦している戸崎圭太騎手と内田博幸騎手

先週は風邪引いてしまいダウンしておりました。

競馬を観ることも出来ないぐらい参ってしまっておりまして、何とか巻き返して生きたいです。

そんな中で、昨年は超絶ワケわからん馬場になった中京コースでしたが、

今年は降水量ゼロ+散水施行と、なんとかごく普通の馬場になってはいますので、予想のし甲斐もありそうです。

さて、中京競馬場の芝1400mコースですが、開催されるレースが少ないと言う点を差し引いても、

実はリーディング上位に食い込んでくる騎手がそれほど得意にしていない、結構特殊な舞台と言えます。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
松山弘平 5-10-3-49/67 7.5% 22.4% 26.9%
中谷雄太 3-2-1-25/31 9.7% 16.1% 19.4%
菱田裕二 3-1-1-22/27 11.1% 14.8% 18.5%
北村友一 2-4-4-30/40 5.0% 15.0% 25.0%
鮫島克駿 2-2-1-29/34 5.9% 11.8% 14.7%
吉田隼人 2-1-4-24/31 6.5% 9.7% 22.6%
武豊 1-3-3-23/30 3.3% 13.3% 23.3%
丹内祐次 1-1-0-7/9 11.1% 22.2% 22.2%
大野拓弥 1-0-1-9/11 9.1% 9.1% 18.2%
秋山真一 0-2-3-17/22 0.0% 9.1% 22.7%
小崎綾也 0-1-2-9/12 0.0% 8.3% 25.0%
横山和生 0-0-2-8/10 0.0% 0.0% 20.0%
柴田大知 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0%
戸崎圭太 0-0-0-9/9 0.0% 0.0% 0.0%
内田博幸 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%

御覧のデータは過去3年間の、中京芝1400mの騎手別成績一覧です。

何でまたこんなのを出すのかと言うと、一番下のほうにご注目。

なんと、戸崎圭太騎手は9戦して0勝。しかも馬券に1回も絡んでいません。

さらに内田博幸騎手。3年前のこのレースをネロで参戦して惨敗しているのを含め、6戦して馬券に絡めず。

騎乗馬の不得意な舞台であった可能性は大いにありますが、それにしてもここまで成績が酷いケースも稀。

これは何か原因があるのかもしれません。

リーディング上位騎手にとっては

これがもともと「他の競馬場でも苦戦しています」・・・って言う並みの騎手なら、

まだ中京の芝1400mが上手くなかったとしても、多少長い目で見ることは出来ます。

しかし、仮にもJRAリーディングジョッキーになった事のある2名の騎手、

ついでに言えば今年は年初から勝ち星を上手く積み上げている武豊騎手にしても、

そこまで強調できる成績ではありません。

まずは美浦の2名から分析してみましょう。

戸崎圭太騎手の場合は、伝家の宝刀を使えず

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
戸崎圭太 18-13-13-73/117 15.4% 26.5% 37.6%
内田博幸 9-6-11-79/105 8.6% 14.3% 24.8%

この2名は東京の芝1400mでは実績ワンツー。

特に戸崎圭太騎手は、過去3年間で91勝を挙げている東京コースでも、かなり良い成績を残しています。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1400m 18-13-13-73/117 15.40% 26.50% 37.60% 81 82
1600m 20-16-14-97/147 13.60% 24.50% 34.00% 98 77
1800m 20-16-15-74/125 16.00% 28.80% 40.80% 64 72
2000m 17-16-9-40/82 20.70% 40.20% 51.20% 89 114
2300m 2-0-1-1/4 50.00% 50.00% 75.00% 92 100
2400m 14-11-6-31/62 22.60% 40.30% 50.00% 122 93
2500m 0-1-1-2/4 0.00% 25.00% 50.00% 0 95
3400m 0-1-0-1/2 0.00% 50.00% 50.00% 0 85

攻略ポイントは無料メルマガで改めてお伝えしますが、戸崎圭太騎手は東京1400mでかなり良い成績を残している。

それなのに中京競馬場の芝1400mでは、過去3年間全く馬券になっていない。

この点だけは、忘れずに抑えておきましょう。

内田博幸騎手の場合は少しケースが異なる

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1400m 9-6-11-79/105 8.60% 14.30% 24.80% 131 73
1600m 12-8-10-106/136 8.80% 14.70% 22.10% 104 71
1800m 6-5-8-91/110 5.50% 10.00% 17.30% 40 54
2000m 7-6-9-50/72 9.70% 18.10% 30.60% 90 88
2300m 1-2-0-3/6 16.70% 50.00% 50.00% 111 163
2400m 6-5-3-37/51 11.80% 21.60% 27.50% 87 97
2500m 0-0-1-4/5 0.00% 0.00% 20.00% 0 48
3400m 0-0-1-3/4 0.00% 0.00% 25.00% 0 85

つづいて、内田博幸騎手のケース。

やはり成績を見ても一目瞭然ですが、スタミナ勝負で優位に立ちやすい2400m戦が得意。

そうなると、短距離は苦手になっていくはず・・・ですが、1400mでも意外に健闘しているのです。

なので、本来ならこの距離でもう少し馬券になってもいいはずなのです。

中京競馬場で負け続けている理由は、実はかなり単純。

それは・・・

勝負どころで相手の方が力が残ってしまっている

これに尽きます。

先程も申し上げたとおり、ほかの馬がバテて内田博幸騎手にとっては「優位に立つ」と強いのです。

しかし、中京競馬場の勝負どころでは相手の馬が優位に立っている。

その為に、東京競馬場で検討している距離でも思うようなレースをさせてもらえていないのです。

ですが、全く同じ手応え=脚色ならアドバンテージになる騎手である事は間違いありません。

(たまに追うリズムと馬のリズムが、岩田康誠騎手じゃないんだから・・・ってぐらいにずれて居る事もありますが)

武豊騎手の場合は、関西圏でないと通用しない

騎乗馬に問題がある(仕上がりとか気性とか)場合も考えられますが、

武豊騎手の場合はもともとマイル以下の距離では安定した結果を残しやすい傾向があります。

しかし、各コースの成績を観てみると、

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
京都・芝1400外 7-6-2-20/35 20.0% 37.1% 42.9% 176 96
京都・芝1600 6-8-8-44/66 9.1% 21.2% 33.3% 34 82
京都・芝1600外 6-8-4-34/52 11.5% 26.9% 34.6% 48 65
東京・芝1600 6-4-4-37/51 11.8% 19.6% 27.5% 77 59
阪神・芝1400 5-9-8-35/57 8.8% 24.6% 38.6% 33 109
小倉・芝1200 5-8-2-20/35 14.3% 37.1% 42.9% 85 81
阪神・芝1600外 4-11-8-63/86 4.7% 17.4% 26.7% 42 60
阪神・芝1200 4-3-4-22/33 12.1% 21.2% 33.3% 44 91
函館・芝1200 4-1-0-16/21 19.0% 23.8% 23.8% 141 57
京都・芝1400 4-0-2-17/23 17.4% 17.4% 26.1% 126 53
京都・芝1200 3-4-3-29/39 7.7% 17.9% 25.6% 61 54
中京・芝1600 3-3-2-21/29 10.3% 20.7% 27.6% 116 75
中京・芝1200 3-0-1-18/22 13.6% 13.6% 18.2% 142 44
中山・芝1600 2-1-1-9/13 15.4% 23.1% 30.8% 173 84
中京・芝1400 1-3-3-23/30 3.3% 13.3% 23.3% 5 51
東京・芝1400 1-3-3-21/28 3.6% 14.3% 25.0% 31 108
札幌・芝1200 1-2-1-5/9 11.1% 33.3% 44.4% 61 70
中山・芝1200 1-1-1-5/8 12.5% 25.0% 37.5% 72 135
札幌・芝1500 0-0-2-3/5 0.0% 0.0% 40.0% 0 114
新潟・芝1200 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
新潟・芝1600外 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
新潟・芝1400 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

良くわかんねーよと言うツッコミが入りそうですが、ざっくり言うと「武豊騎手は、1400mをかなり得意にしている」んです。

しかし、このデータにも出ているように「ただし」の条件付き。

それは、京都と阪神では強いんだけどなぁ・・・と言う事。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1200m 21-19-12-117/169 12.40% 23.70% 30.80% 83 70
1400m 18-21-18-117/174 10.30% 22.40% 32.80% 69 88
1500m 0-0-2-3/5 0.00% 0.00% 40.00% 0 114
1600m 27-35-27-209/298 9.10% 20.80% 29.90% 60 68

過去3年間、武豊騎手の芝・マイル以下の成績は御覧の通りでして、

1400mの成績は決して悪くないどころか、かなり良いです。

マイルよりも高い勝率、連対率、複勝率と実績としてはかなりのものです。

しかし、この1400m戦の成績を競馬場別に観ると、状況は一変します。

たまにしか行かない新潟はレア中のレアですが、それにしても内弁慶過ぎ・・・やしませんかね?

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
新潟 0-0-0-1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
東京 1-3-3-21/28 3.60% 14.30% 25.00% 31 108
中京 1-3-3-23/30 3.30% 13.30% 23.30% 5 51
京都 11-6-4-37/58 19.00% 29.30% 36.20% 156 79
阪神 5-9-8-35/57 8.80% 24.60% 38.60% 33 109

東京競馬場の成績もガクッと落ちますが、中京競馬場の成績もかなりの落ちっぷり。

騎乗馬にしてみれば得意の舞台とも言えますが、当時は松山弘平騎手がごっつぁんで差してきたもの。

騎手のデータで見れば、マイナス度合いは・・・言うまでもないですね。

こうなると、中京競馬場の芝1400mで「もう少しやれそうな騎手」を狙ってみたいものです。

得意な条件になると息を吹き返す、あの騎手に気をつけろ!

まずは、おそらく上位人気になるであろう松山弘平騎手のデータを、基準がてらに観てみましょう。

過去3年間で5勝とコース実績はナンバーワンです。

しかし、特別戦になると少しその勢いにも翳りが出ます。

他力本願な面があると言いますか、良い時は作戦通りに上手く乗りますが、

駄目な時は自滅するケースが非常に多い騎手でもあります。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 5-10-3-49/67 7.50% 22.40% 26.90% 83 84
特別戦 2-3-1-21/27 7.40% 18.50% 22.20% 67 90

勝率こそ殆ど変わりませんが、連対率や複勝率はダウンしています。複勝率の上昇率は82.53%。つまり下落しています。

特別戦の2勝・2着3回と言う実績は、今回の騎乗する騎手でもナンバーワンではありますが、

如何せん騎乗数の27戦もダントツの数字。

2位の中谷雄太騎手が16戦ですから、如何にこのコースでは特別戦に数多く乗っている割には、

数多く負けているのかと言う点は重要です。

今回は、騎乗馬のボンセルヴィーソが昨年末の2歳GIで、

ミスエルテに先着して居る事からも人気を集めてくるでしょうけれども、

松山弘平騎手のデータだけで言えばプラスになれど、舞台は「数多く負けている舞台」に変わりはありません。

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
阪神・芝1600外 1-0-5-23/29 3.40% 3.40% 20.70% 11 77
中京・芝1400 2-3-1-21/27 7.40% 18.50% 22.20% 67 90

騎手にとってはプラス要素があるコースで勝負が出来る!とも言えますが、

じゃあなんでこんなに踏み台にされてんだよって思います。

特別戦の複勝率上位5名はローカル後者のベテランと、若手騎手!

特別戦の複勝率の5位は鮫島克駿騎手。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 2-2-1-29/34 5.90% 11.80% 14.70% 45 45
特別戦 1-2-0-8/11 9.10% 27.30% 27.30% 52 95

中京のキツイ上り坂も斜めに登っていける度胸は、若手では群を抜いています。

その割には複勝率が伸びていませんが、それでも上昇率は185.71%と先輩達を大きくリード。

今回の騎乗馬は小倉向きの印象はありますが、騎手が一発穴を開けそうな雰囲気はあります。


複勝率の4位は小崎綾也騎手。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 0-1-2-9/12 0.00% 8.30% 25.00% 0 153
特別戦 0-0-1-2/3 0.00% 0.00% 33.30% 0 230

ただし、過去3年で勝ち星のないコース。

しかも騎乗馬が、公営の名古屋競馬場で勝ちあがってきたような馬。

パワーがある点は認めますが、芝向きのスピードを兼ね備えているか?となると、どうでしょうか。

雨でも振っていて昨年のような馬場なら一考出来たかもしれませんけどね。


複勝率の3位は、ローカル巧者の吉田隼人騎手。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 2-1-4-24/31 6.50% 9.70% 22.60% 68 56
特別戦 1-1-3-10/15 6.70% 13.30% 33.30% 92 92

先日の小倉開催では、開催リーディングを奪取するなど好調さが目立っていましたが、

中京競馬場でもまずまずの活躍をしています。複勝率の上昇率は147.35%。

しかし、勝率は松山弘平騎手よりも・・・言い換えれば鮫島克駿騎手より低い数字です。

加えてもともと、クラスが上がれば上がるほど成績は伸び悩む騎手ですから、2・3着候補に加えるにしてもかなり厳しいと言わざるを得ません。

ですが、他の騎手よりはまだ「実績でリードしている」事に変わりはありません。

あまりにも差し馬が自滅したり不利ばかり受けて、結果前残りになるグダグダなレースなら・・・と言うところでしょうか。


複勝率の2位は、ローカル巧者の秋山真一郎騎手。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 0-2-3-17/22 0.00% 9.10% 22.70% 0 77
特別戦 0-2-2-7/11 0.00% 18.20% 36.40% 0 129

特別戦における複勝率の上昇率は160.35%。展開が向けばかなり面白い騎手の一人でしょう。

昨年末の中京開催と言い、先日の小倉開催と言い、存在感を示しつつあります。

カタカナ名前の騎手が参戦してこない今回は、久し振りの重賞制覇のチャンスとも言えそうです。

騎乗馬のメイショウオワラは、降雪による開催順延で代替開催となった月曜日。

緩くなった馬場がピッタリ合っただけかもしれませんが、中京のマイルコースで快勝しています。

ペースが上がった時にどうなのか?と言う点はネックになりますが、溜めればそこそこ脚を使える面白い存在です。

前走勝ったことによりメンタル面は充実してきており、調子の良さは今回のメンバーでも屈指です。


複勝率の1位は、実は横山和生騎手

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
中京芝1400m 0-0-2-8/10 0.00% 0.00% 20.00% 0 98
特別戦 0-0-2-1/3 0.00% 0.00% 66.70% 0 326

今年の成績も相変わらずしょーもないレベルではありますが、この中京芝1400mではなかなかの好成績。

特別戦における複勝率の上昇率は、別次元の333.50%。

つまり、チャンスと観て出走してきたケースでは、キッチリ結果を残しているのが大きな特徴です。

前走は最低人気を覆し距離短縮で一変する内容でしたが、もともと浦和競馬場の800m戦でデビュー勝ちしているように、

1800mが長すぎていただけだったのかもしれません。

ワンターンの1400mなら距離はピッタリだと前走後にコメントしているように、小野次郎調教師もチャンスはあると踏んでいる点も魅力。

ただし、問題は重賞実績のある馬ではない事+芝の重賞ではさっぱりの騎手と言う組み合わせ。

しかし、中京競馬場は(ダートではありますが)唯一重賞で馬券になった、ゆかりのある競馬場でもあるのです。

その当時は、父が騎乗していた馬から乗り替りによる起用でしたが、今回も親子揃って起用されているトーセンの島川オーナーの所有馬。

しかもトーセン×トーセンの配合ですから、余程普段から交流するなど思い入れのある騎手を起用してくるはずです。

そこにこの特別戦実績。コーナリングでロスがあったときに脆さがあるのは否定しませんが、一発を狙うならここではないでしょうか。

2017年のファルコンステークスはこのように評価しました。

***(3つ星評価)

横山和生騎手

騎乗馬:⑮ライズスクリュー

末脚の切れ味を発揮すればまとめて相手できるだけの能力があり、脚の使いどころの難しさ・追っても全然効果がない騎手との組み合わせは正直人気になるわけがないのでハイリスクではあるものの、中途半端な距離の短距離戦なら重賞でも実績のある厩舎だけに軽視はできない。騎手実績どおりにすべてが噛み合うようなら。

**(2つ星評価)

秋山真一郎騎手

騎乗馬:⑭メイショウオワラ

力の入る芝で実績のある馬なので、高速決着となったときの脆さは承知の上で。これだけ重賞制覇のチャンスがある場面もそうそう滅多には無いこの騎手にとっては、大きなチャンスを活かしてきたとき用にマークしておきたい存在。同じ騎乗仲介依頼者グループが集まっているレースだけに、恩恵を受けるのはこの人である可能性も。

*****************************
内田博幸騎手

騎乗馬:③ジャッキー

あくまでも他力本願の2着狙いならと言う存在だが、結構早めのペースだった中山の芝1200mを好位追走→抜け出して快勝と言う芸当はフロックでは出来ない事。比較的マイルで実績を残してきた馬が多いので、ややスプリント能力を問われるような展開になればかなり怖い存在。鞍上の成績はサッパリだが、周りが苦にする展開になれば話は別物。

*(1つ星評価)

鮫島克駿騎手

騎乗馬:⑧ディスティニーソング

小倉の1200mで内容のある勝ち方をしたように、騎乗馬の実力に関しては重賞でも決して見劣りはしないレベルにある。騎手にとっては実績面でも決してマイナスにはならないコースだし、重賞で馬券になった実績があることを考慮しても人気以上に良い成績を残せる余地は十分。切れ味勝負に持ち込まれなければ、際どいところまでは行けるかも。

*****************************

中谷雄太騎手

騎乗馬:⑫ナイトバナレット

前走の勝ちっぷりがインパクト十分だがスタミナ較べを耐え忍んだ結果であって、切れ味勝負になると苦しいのは変わらず。しかし、相手の自滅待ちでまずまずやれるところは示しただけに、同じ1400mでもタフなレースになりやすい中京なら、割引を少しに留めて相手まで評価する事も不可能ではない。取りこぼしが多い鞍上だけに、勝負どころでスムーズな競馬が出来るかどうかがカギ。

*****************************

丹内祐次騎手

騎乗馬:⑯エントリーチケット

大外枠は決してプラスにならないし鞍上にとっても中京がプラスになるわけでもなく、評価としてはあくまでも3着候補ではあるが、中京コースで押し切った実績&1400m通過タイムだけなら下手な条件戦より早かったチューリップ賞に出走していた騎乗馬だけに、相手が楽になって・・・と言うケースは考えておきたいところ。

*****************************
以上、ファルコンステークスの予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

今週末の3日間開催も、中山・阪神・中京の各場メインレースの予想を無料でお届けします。。
日曜は阪神大賞典の最終判断に加えて、スプリングステークスについても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

今年は1月にシルクロードステークスで◎△△が的中しました。更なる的中を目指し、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


来週の注目騎手・展望をお届けするメルマガも創刊しました

メルマガ登録・解除 (ID:8805534)


〔PR〕あなたを競馬の悩みから開放させてくれる指数が登場

中山、阪神、中京、全レース予想!!
そしてスプリングステークス(G2)の◎はこれで決り!!

最近登場した「うまコラボ」という競馬サイトが利用者急増中とのこと!

利用者急増中ということは、みんなが使っているということの裏返し。
みんなが競馬で勝ちたいと思ってるし、その手段は問わないってことです。

自分の力だけで予想をするよりも、
他の手段を使って予想した方が効率が良いってことに気付き始めましたよ。

では、人気になっているうまコラボの何が凄いの?

それは、高確率で的中を持ってきてくれる点です。

基準値としてわかりやすく三連単を見てみます。
競馬市場的に、三連単の平均的中率は10%と言われています。

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:83.3% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:94.4% 三連複:33.3%
三連単33.3%

=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:80.6% 複勝:97.2% 馬連:63.9%
ワイド:86.1% 三連複:41.7%
三連単41.7%

=========================================

市場の3~4倍の的中率をたたき出し、
実に3回に1回は三連単が当たっています。

これは、うまコラボだけの特別な強みと言ってしまっていいでしょう。

【三連単が3回に1回当たるサイト、うまコラボ】
→ http://www.collabo-n.com/

■サイト運営者・重賞予想解説者:北条直人

こんな感じのよくわからない競馬オタクが運営しているサイトの様だが、

・もっと楽しみたい。
・勝ちたい。
・的中させたい。
・もう一度的中の興奮を味わいたい。
・競馬の相談が出来る頼れる存在が欲しい。

競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことへ答える為に、
土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

じつはすごい人かも北条直人!
確かにこんなサイトは今までありませんでした。
TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

今週のスプリングステークス(G2)予想に至っては、
サイト内の北条ブログで週末無料公開予定との事で、
間違いなくチェックすべき内容です!

無料予想だけで充分すぎる内容なんですが、
月額で1,980円のみの有料メニューの提供もありました。

週末全レース72レース分の予想を見れた上に、
「 買い目付きの予想と考察・その根拠 」が提供されるので、
購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を
知ることができるます。

もっともっと稼ぎたい人には最高の特典かもしれませんね!
プロの予想に数万円かけて購入するより、
この実績が明日から自分のものになると考えると、
これからの競馬シーズンも含めて、ずっと勝てる、楽しい競馬ができそうですね。

まっ、無料予想で十分勝てるし儲けれますので、
まずは無料でどんどん当てまくって下さい!こちらからどうぞ!

→ http://www.collabo-n.com/

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP