【エプソムカップ 2016 データ】戸崎圭太で勝負出来るのか?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

重賞レースの注目ジョッキーにスポットを当てて検証してみます。

今回は、6月12日に東京競馬場で行われるメインレース、エプソムカップに出走予定で上位人気が予想される「ルージュバック」に騎乗予定、戸崎圭太騎手のデータにスポットを当ててみたいと思います。

昨年は牡馬相手に芝1800mきさらぎ賞で勝利、東京競馬場ではオークスで2着と、活躍したルージュバック。

東京競馬場の芝1800mはいつも以上に好走出来そうな要因が多いのですが、今回は騎手にとっても有利な条件なのでしょうか?

データを少し詳しく観てみましょう。

(使用するデータは2010年以降、東京競馬場・芝1400m~2000mに限定したものです)

東京競馬場の成績はもちろん優秀ですが、ひとつ引っ掛かる事が・・・

戸崎圭太騎手はもともと南関東(大井)の所属でJRAの試験を受験し3度目の正直で合格。

2013年3月から通年免許で騎乗しているので、2010年以降のデータで見ると、他の美浦所属騎手に比べて乗り鞍の数が少なくなっています。

芝のレースでは横山典弘騎手と遜色ない勝率・連対率・複勝率をマークしており、トップランクに居ると言って差し支えないでしょう。

しかし、今回のエプソムカップには勝利度数トップテンの中に勝率・連対率・複勝率で敵わない、福永祐一騎手が参戦を予定します。

戸崎圭太騎手が掴み掛ける重賞制覇のチャンスも、奪い取れそうな実績を誇る騎手が居る以上は、福永祐一騎手だけでなく他の騎手にも付け入れられる隙があるように思います。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
蛯名正義 121-88-90-637/936 12.90% 22.30% 31.90%
北村宏司 99-94-89-670/952 10.40% 20.30% 29.60%
横山典弘 98-82-68-486/734 13.40% 24.50% 33.80%
内田博幸 87-77-72-520/756 11.50% 21.70% 31.20%
戸崎圭太 81-73-56-412/622 13.00% 24.80% 33.80%
三浦皇成 66-66-58-612/802 8.20% 16.50% 23.70%
田中勝春 59-57-55-573/744 7.90% 15.60% 23.00%
吉田豊 57-37-50-661/805 7.10% 11.70% 17.90%
福永祐一 54-39-36-202/331 16.30% 28.10% 39.00%
田辺裕信 49-54-66-517/686 7.10% 15.00% 24.60%

短~中距離重賞では、実は少しだけ分が悪い

未勝利や500万下を含めた成績でも付け入る隙はあったのですが、戸崎圭太騎手の成績はツワモノ揃いの重賞ではどう変化するのでしょうか。

東京競馬場で行われている芝1400m~2000mの重賞では、戸崎圭太騎手も健闘していますが、他の騎手も結構良い成績を残していて団子状態。

どちらかと言うと1600mまでの距離に勝ち星が集中している傾向が観られます。

今回は重賞での成績がかなり近い岩田康誠騎手も参戦してきますし、東京競馬場で日本ダービーを制するなど実績があるM.デムーロ騎手も参戦してきます。

迷わず消せると言う事は無いのですが、だからと言ってアドバンテージを奪っているような状況でもありませんね。

重賞 着別度数 勝率 連対率 複勝率
蛯名正義 14-10-5-62/91 15.40% 26.40% 31.90%
横山典弘 11-2-6-58/77 14.30% 16.90% 24.70%
福永祐一 9-7-8-31/55 16.40% 29.10% 43.60%
岩田康誠 7-8-4-36/55 12.70% 27.30% 34.50%
戸崎圭太 6-8-1-35/50 12.00% 28.00% 30.00%
内田博幸 6-4-6-53/69 8.70% 14.50% 23.20%
田辺裕信 5-4-4-35/48 10.40% 18.80% 27.10%
ルメール 4-4-3-10/21 19.00% 38.10% 52.40%
浜中俊 4-3-1-27/35 11.40% 20.00% 22.90%
武豊 4-1-2-37/44 9.10% 11.40% 15.90%

芝1800mと言う距離自体も、やはり少しだけ分が悪い

重賞で分が悪い距離と言える芝1800m。単に重賞だけデータが良くないって事も考えられますので、重賞以外のレースも含めてデータを見てみましょう。

ここでも着度数のトップは、復帰に向けて再度休養に入っている北村宏司騎手が君臨。

騎乗数も勝率も蛯名正義騎手がリードしているような状況ですし、勝率や連対率は相変わらず遠征してくる福永祐一騎手がデータでは圧倒。

武豊騎手は今回参戦してきませんが、それにしても芝1800mと言う距離ではあまり良い所がありません。

1着を狙える騎乗馬と参戦していますが、重賞勝ちの舞台である京都1800mとは勝手が違うようです。

1800m 着別度数 勝率 連対率 複勝率
北村宏司 37-25-20-150/232 15.90% 26.70% 35.30%
蛯名正義 31-26-26-154/237 13.10% 24.10% 35.00%
横山典弘 24-17-17-129/187 12.80% 21.90% 31.00%
内田博幸 20-24-18-133/195 10.30% 22.60% 31.80%
福永祐一 19-13-5-55/92 20.70% 34.80% 40.20%
戸崎圭太 18-15-19-104/156 11.50% 21.20% 33.30%
田中勝春 18-14-18-136/186 9.70% 17.20% 26.90%
三浦皇成 15-14-23-151/203 7.40% 14.30% 25.60%
松岡正海 13-15-11-160/199 6.50% 14.10% 19.60%
武豊 13-9-5-41/68 19.10% 32.40% 39.70%

芝1800mの重賞だと、一気に劣勢になってしまう

芝1800mの重賞成績は2010年以降勝ち星がなく、2着になったのも牡馬での成績であるため、いくらルージュバックの様な実績馬であっても信用を置くには・・・。

未勝利戦や下級条件戦ならもちろん狙いどころはいっぱいありますし、東京競馬場での成績も優秀な騎手ですから、これから新たに重賞実績を牝馬で作ってくる事も考えられます。

しかし現状ではかなり割り引いて考えた方が良さそうです。

戸崎重賞東京 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1400m 2-1-0-4/7 28.60% 42.90% 42.90% 615 217
1600m 4-2-0-20/26 15.40% 23.10% 23.10% 258 104
1800m 0-2-1-10/13 0.00% 15.40% 23.10% 0 86
2000m 0-3-0-1/4 0.00% 75.00% 75.00% 0 235

状況としてはかなり不利なのは否めませんし、いろいろとデータを別の角度からも見てきました。

ですが、牝馬の重賞では成績が本当に壊滅寸前状態。

牝馬重賞で勝ったのはストレートガールで連覇したヴィクトリアマイルだけ。2着になったのはオークストライアルで1度だけありますが、それ以外は馬券になっていません。

牡馬との混合重賞でも、ジェンティルドンナで挑んだ天皇賞・秋で2着したものしかありません。

牝馬のGIで差の無い実績馬・ルージュバックなら、まだ活路は見出せるのかもしれません。

それでもここまでデータが壊滅的だとせめて3着、全てが上手く行って2着あたりを確保するので精いっぱいではないでしょうか。

重賞成績 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
牡・セン 4-6-1-21/32 12.50% 31.30% 34.40% 245 157
2-2-0-14/18 11.10% 22.20% 22.20% 176 69
混合戦牝馬 0-1-0-2/3 0.00% 33.30% 33.30% 0 60
牡・センGⅡGⅢ 3-4-1-13/21 14.30% 33.30% 38.10% 234 173
牝GⅡGⅢ 0-1-0-11/12 0.00% 8.30% 8.30% 0 14

結論としては3着候補、1着候補は他の馬・騎手を選定してみては?

馬の実力が一枚も二枚も抜けているのであればまだしも、別定戦で54kgで臨める有利さがありながらも、今回は騎手のデータがアシストするとは考えにくいです。

唯一の重賞勝ちであるきさらぎ賞のメンバーも、その後伸び悩んでいます。オークスで3着以下だった相手も、牝馬同士の重賞ではなかなか歯が立っていません。

今回はかなり健闘したヴィクトリアマイルから中3週の間隔で臨みますが、デビュー以来最も感覚が詰まっているローテーションでもあります。

マーメイドステークスならハンデが重くなるのでしょうけど、茨城県の美浦から兵庫県まで遠征をしなくてはいけないと言う点もありますから、今週レースに出ると言う決断事態がそもそもかなり苦しいようにも思えます。

取りこぼした着順を考えれば騎手のデータからしても3着が良い所ではないでしょうか。臨戦過程も厳しいですし重賞勝ち経験のある牡馬相手ですから、馬券圏外に沈むと言う事も考えておきたいところです。

以上、エプソムカップのデータ特集「戸崎圭太で勝負出来るのか?」でした。

予想の見解につきましては日曜朝に発行予定、無料のメールマガジンと、エプソムカップの予想記事(土曜夜以降にアップロード予定)にて公開致します。

スポンサーリンク

データ

Posted by 多幸


PAGE TOP