【青葉賞 2016 予想】一戦必勝で権利を狙うあの馬から

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年4月30日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • テレビ東京杯青葉賞(東京11R 15:45発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

本番は度外視して、勝っておきたい馬を選ぼう

青葉賞で好走した馬がダービーでも好走するケースは出ていますが、今年は皐月賞が非常に速い時計で決着したのもあり、現時点で時計面だけを比較すると太刀打ちできそうなほどの馬は居ません。

唯一候補に挙がるとすれば、非常にハイレベルなレースだった共同通信杯で3着に好走したメートルダールぐらいでしょう。

本番が漁夫の利で良いなら、この馬が青葉賞組出走登録メンバーでは最有力とも言えます。

しかし今回は、共同通信は嫌皐月賞の様に、リスペクトアースがハイペースで引っ張ってくれる訳ではありませんし、末脚勝負でのし上がってきた馬が相手となります。

ここは本番の事は考えずに、青葉賞で権利を取らないと後が無い馬を中心にして馬券戦術を組み立てて行こうと考えます。

断然の実績を残す余地があるC.ルメール

そんな中、注目してみたいのがトライアルレースで強さを発揮しているC.ルメール騎手です。

昨年もシーンこそ違いますがタッチングスピーチでローズステークス、リアファルで神戸新聞杯を勝っています。

今年も弥生賞をマカヒキで、先週もフローラステークスをチェッキーノで勝つなど、GIのトライアルレースでの強さは際立っています。

2着で良いのであれば根岸ステークスのタールタン、阪神牝馬ステークスのミッキークイーンと実績を残して来ていますし、連軸にするのであれば最適ではないでしょうか。

青葉賞はこの様に評価しました

***(3つ星評価)

C.ルメール騎手

騎乗馬:⑬レーヴァテイン

2400mで勝った経験もあり距離に不安はない。血統面でもマイナス材料が少ないのでトライアルで成績を残している騎手の実力を持ってすれば、勝たないといけないレベル。

**(2つ星評価)

内田博幸騎手

騎乗馬:⑥ヴァンキッシュラン

2400m勝ちの経験が繰り下がりを含めて2度ある点は非常に優秀だが、母父がサドラーズウェルズ系で芝刈りを行って高速化しやすい週で若干割り引く。騎手のリズムも波が大きいため2着や3着など取りこぼす可能性も。

*****************************

田辺裕信騎手

騎乗馬:⑨アルカサル

前走の内容を考えれば差の無い競馬は可能だが、差し馬の目標にされやすい戦法で良さが生きる点だけがネック。前が止まらない様な馬場に豹変した場合は押し切りが得意な騎手だし逆転や圧勝も可能。

*(1つ星評価)

戸崎圭太騎手

騎乗馬:⑫プロティガルサン

兄の戦績を考えれば足踏みをしている場合ではないが、本番では足りるだけの走りにはレベルが届いて来ないはずなのでここを目標にしてきた感が強く、相手として考える。

*****************************
四位洋文騎手

騎乗馬:④レッドエルディスト

今年の大寒桜賞のレベルは高かったのかと言われると疑問は残るが、同じようなコース形態で実績を残してきた点は無視できず。四位騎手が応じるぐらいなのでGIの水準程度に実力はあるはず。

*****************************

H.ボウマン騎手

騎乗馬:⑪メートルダール

昨年末はホープフルステークスでハートレーを勝たせるなど、若駒でも実績は残している点では狙い目に入れられる。香港でGIを勝った勢いがあり、馬の実力以上に走らせる可能性に注意。

以上、青葉賞の予想でした。

*****************************

無料メールマガジンの御案内

買い目に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP