【アンタレスステークス 2016 予想】アウォーディーを脅かす騎手は?

スポンサーリンク

皆さまごきげんよう、多幸です。

2016年4月9日分の予想を公開します。

こちらの記事では

  • アンタレスステークス(阪神11R 15:30発走予定)

についての予想および見解をお伝えします。

やはり武豊騎手が優勢

1番人気のアウォーディーに騎乗する武豊騎手。

コース実績は断然ですし馬の力も抜けている様な所がありますので、ここは勝って賞金を上積みし更に強い相手と勝負が出来るようにしたいところでしょう。

アンタレスステークスのデータ分析記事でも書いておりますが、余程のハイペースで逃げ切るような馬が居ない限りは、粗探しをする方が大変な程に状態も充実しているようです。

上位人気で堅い決着が濃厚

騎手のデータでは半信半疑の部分がありますが、太宰啓介騎手が騎乗するアスカノロマンも成長著しく、初挑戦のGIでも距離が短いと言う不安視されていたにもかかわらず3着に粘り込んできました。

モーニンとノンコノユメに続く着順と言うのは素直に評価して良いと思います。

また、僅差の敗戦となったのは横山典弘騎手が騎乗するロワジャルダンも同じ。

ともに1800m戦の方が良い競馬が出来るでしょうし、上位人気で堅い決着となりそうな実績ある馬が出走してきました。

あとは騎手のデータが今まで勝てなかっただけと考えるのか、2着3着は波乱の余地があると考えるかで、回収率が変わってくるでしょう。

他の馬も早めに勝負を仕掛けるなら、2着3着に穴っぽい候補を入れてみましょう

今回穴っぽい所で狙ってみたいのは、ハイペース気味の展開だと突っ込んでくる武士沢友治騎手です。

騎乗するサンマルデュークも中山競馬場で準OP・OPと2連勝する力がありましたし、重賞でももう少しやれても良いはずです。

前走こそ他の騎手が乗っていた為に上手く作戦はハマらなかったと考える事も出来れば、見直しも可能です。

ただし、武士沢友治騎手も阪神競馬場での実績が良い訳ではありませんので、人気にならずマークが薄くなっている点に「周りが脚を使ってバテる展開待ち」なところは否定できません。

あくまでも穴っぽい馬で大勝負するのではなく、堅い馬券をしっかりと獲れるように買ってみる方が良いと考えます。

アンタレスステークスはこの様に評価しました

***(3つ星評価)

武豊騎手

騎乗馬:⑨アウォーディー

前走の名古屋競馬場で後続を一気に突き放した脚は本物、阪神競馬場で成績が安定しており今まで以上の強い勝ち方も可能。不安要素は潰しに掛かる馬が現れるかどうかだけ。

**(2つ星評価)

太宰啓介騎手

騎乗馬:⑯アスカノロマン

強くなっている段階でGI3着と言う成績は立派だし、距離が短いとされていた1600mでのものなので1800mで行われる今回は更なる前進が期待できそう。騎手の実績が無いだけ。

————–

横山典弘騎手

騎乗馬:③ロワジャルダン

馬場が渋れば尚信頼度は上がるが1800mに距離が延びるのはプラス、騎手が余程の事が無い限りはしっかりと仕事をしようとするだろうし、納得行くレースになる可能性が高い。

*(1つ星評価)

武士沢友治騎手

騎乗馬:⑤サンマルデューク

他の馬がバテるようなタフな展開で準OPやOPを連勝した勢いはまだあるはずで、騎手の実績が無くて狙いづらい以外は力を付けてきたところを見せてくれそうな期待感が大きい。

————–

M.デムーロ騎手

騎乗馬:②サージェントバッジ

重賞で即通用するほど楽では無いレースになりそうだが、次走が得意としている京都のはずなのでここは恰好だけでもつけておきたいところ。鞍上強化もプラス材料。

————–

田辺裕信騎手

騎乗馬:④イッシンドウタイ

他の馬のペースに左右される脆さもあるが、手が変わってもう一度ギアが入りなおった感じもあり注目したい存在。昨年末には上がり最速を計時した事もある阪神で見直し。

以上、アンタレスステークスの予想でした。

買い目に関してはキシュランガイド~騎手から予想するブログ~のメールマガジンで公開しております。

登録はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP