【AJCC 2017 予想】戸崎圭太の1月は取扱説明書が必要

スポンサーリンク

こちらのページは、騎手から予想する「 アメリカジョッキークラブカップ 2017 」の予想記事です。

騎手データを交えた予想および見解をお伝えします。

あらゆる角度から、どう扱い判断するのか。騎手のデータから分析・検証を行って予想してみます。

買い目・最終判断につきましては、無料のメールマガジン「キシュランガイド覆面調査」でお伝えします。(レース当日9:00ごろ予定)※代替開催のため、配信については未定です。

皆さまごきげんよう、多幸です。

「騎手で買う」を馬券の収支に繋げられるか・・・を考えるブログより

2017年1月22日分の予想を公開します。

こちらの記事では
アメリカジョッキークラブカップ(中山11R 発走予定時刻15:45)
についての予想および見解をお伝えします。

※メルマガ推奨買い目、先月のおもな的中は香港スプリントを馬連5点予想、◎△で¥4,790が的中。
金鯱賞では▲◎○で、3連複4点予想の1点目で¥6,050的中。

的中報告を読者の皆様から戴きました。的中おめでとうございます&ありがとうございました!
今月もやります!限定企画「中山1200mに賭けろ!」昨年12月には単勝50倍をGetするなどトータル大幅プラスを達成。メインレース以外でこの舞台だからこそ狙ってみたい特注馬を1月7日以降に毎日1頭ずつ推奨しますので、お楽しみに。

1月の成績が伸びないからと言って、買えない騎手と決めるのは早い。

戸崎圭太騎手は昨年こそ1月に固め撃ちを決めて、

ハイレベルなリーディング争いを終始リードする存在になりましたが、

これまでリーディング争いを終盤まで苦しくさせていたのが1月の成績です。

1月に中央競馬に参戦していたころの成績をピックアップしてみました。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年1月 2-8-2-36/48 4.20% 20.80% 25.00% 26 45
2016年1月 18-9-8-59/94 19.10% 28.70% 37.20% 75 64
2015年1月 8-11-10-45/74 10.80% 25.70% 39.20% 53 85
2014年1月 6-9-8-53/76 7.90% 19.70% 30.30% 34 66
2012年1月 2-4-1-15/22 9.10% 27.30% 31.80% 45 66
2010年1月 1-3-1-13/18 5.60% 22.20% 27.80% 74 86

今年の成績は伸びていませんが、だからと言って連対率や複勝率まで壊滅的に悪い訳ではありません。

単に勝率が伸び悩んでいるだけで、それ以外に関しては例年と較べてもそこまで悲観する内容でもないでしょう。

では、今年は昨年と何が違うのか、データを少し掘り下げていきましょう。

昨年は極端に平場で勝っていただけ、その事実をデータで開示する。

平場のみ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年 2-4-1-26/33 6.10% 18.20% 21.20% 38 41
2016年 16-5-4-41/66 24.20% 31.80% 37.90% 99 61
2015年 7-7-5-32/51 13.70% 27.50% 37.30% 67 76
2014年 5-6-6-35/52 9.60% 21.20% 32.70% 42 67
2012年 1-3-1-12/17 5.90% 23.50% 29.40% 35 65
2010年 1-1-1-9/12 8.30% 16.70% 25.00% 111 85

先程のデータを、平場のレースだけに絞って抽出して見ました。

明らか昨年は、未勝利や500万下などで荒稼ぎしていたのかが解かるかと思いますし、

特に中山だけではなく東京競馬場(の2日間)でこのうち6勝を叩きだすなど、2年連続リーディングを獲得した勢いが止まりませんでした。

つまり、今年成績が伸びていないのは「重賞」とか「特別戦」の話しではなく、新馬戦や未勝利戦

そして下級条件の話だったのです。このあたりは明確に、そして間違えないようにして馬券戦術につなげる必要があります。

さて、このデータは芝+ダートで出したものです。

昨年は芝よりもダートで勝っていた戸崎圭太騎手なので、今年の1月は「芝の成績がまるで駄目」なんて言う事は無いでしょうか?

その点を確認したいと思います。

今年は芝で勝てていないのも特徴だが、傾向と対策はある。

芝のレースだけをデータから抽出してみましょう。

やはり毎年そうですが、芝とダートだとダートの方が勝っている印象を強く受けますが、

JRAの騎手になり最初の1月を迎えた2014年以降、それは顕著に現れています。

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年1月 0-6-2-14/22 0.00% 27.30% 36.40% 0 55
2016年1月 6-4-4-28/42 14.30% 23.80% 33.30% 43 55
2015年1月 2-5-8-13/28 7.10% 25.00% 53.60% 23 112
2014年1月 2-4-3-19/28 7.10% 21.40% 32.10% 23 54
2012年1月 1-1-0-6/8 12.50% 25.00% 25.00% 51 52
2010年1月 1-0-0-7/8 12.50% 12.50% 12.50% 167 51

そこで見てもらいたいのが特別戦の成績。

確かに平場のレースでは成績が奮わない分、ダート戦に較べたら芝の成績は決して強調できるものではありません・

芝×特別戦 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
2017年1月 0-4-1-5/10 0.00% 40.00% 50.00% 0 81
2016年1月 1-3-3-11/18 5.60% 22.20% 38.90% 15 67
2015年1月 0-4-4-6/14 0.00% 28.60% 57.10% 0 143
2014年1月 1-2-1-10/14 7.10% 21.40% 28.60% 31 57
2012年1月 1-0-0-3/4 25.00% 25.00% 25.00% 102 45
2010年1月 0-0-0-4/4 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

改めてデータを見てみると、今年も連対率が4割をマークするなど、決して不調ではないのが良くわかります。

昨年あれだけ月間16勝をするなど平場で絶好調だったのに、芝の特別戦では奮わなかった事からも、

今年の成績はそろそろ巻き返してきそうな雰囲気はしっかりと出ています。

あとは勝ちきれていないことを逆手に取った馬券戦術、予想の汲み方をしていけば良いだけ。

きっとダートに凍結防止剤が蒔かれなくなり、桜の開花予想が聞こえてくる頃には、この時期の不調が忘れ去られて居る事でしょう。

結論で言えば3着候補には十分考えられるし、今年の調子なら2着までも一考。

決して調子が悪い訳でもなければ、例年より酷い訳でもないので、

戸崎圭太騎手の成績はそれほど時間を要さずに上がってくるでしょう。

今回は騎乗馬相手の重賞でどうか?と言う点や、他に2着以内に入りそうな馬&騎手が居るのでそちらを上位に取ることにします、

昨年、再逆転でリーディングを奪取したように、きっかけ1つで入線順位をいきなり上げてくることもありますが、

重賞となればそれが通用するほど甘くはありません。

念のため2着にまで喰い込んで来る可能性も考えつつ、3着候補に留めておきます。

ですが、決して勝ち星が伸びていない今年の傾向だけで、嫌う理由にしない方が賢明でしょう。

騎手データで言えば穴っぽいところに妙味がある

この中山・芝2200mでは他のコースとは大きく異なる傾向が出ており、

過去10年の成績から見る中山競馬場芝2200mで強い騎手でも掲載しておきましたが、

騎手の「旬」がモロに出やすいコースとも言えます。

それを補完する為に出しておきたいデータがこちら。

過去3年間の中山競馬場・芝2200mの成績上位5名です。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
田辺裕信 5-6-1-19/31 16.1% 35.5% 38.7% 91 71
戸崎圭太 5-4-2-19/30 16.7% 30.0% 36.7% 68 63
内田博幸 4-4-3-15/26 15.4% 30.8% 42.3% 140 149
吉田豊 3-1-3-17/24 12.5% 16.7% 29.2% 47 60
蛯名正義 3-0-4-19/26 11.5% 11.5% 26.9% 24 114

それまで得意にしていた横山典弘騎手の名前も無ければ、

北村宏司騎手の名前もありません。

最近の勢力図が塗り替えられているのが、如実に出てきています。

さて、このデータを特別戦(重賞を含む)に絞り込むと、もともとレース数が多くないだけに、

更にデータはシビアになってきます。

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
田辺裕信 4-2-1-10/17 23.5% 35.3% 41.2% 158 94
吉田豊 2-0-2-6/10 20.0% 20.0% 40.0% 70 74
内田博幸 2-0-0-6/8 25.0% 25.0% 25.0% 228 66
戸崎圭太 1-3-2-11/17 5.9% 23.5% 35.3% 22 68
柴田善臣 1-1-2-8/12 8.3% 16.7% 33.3% 65 80

これだけシビアな条件になったのに、順位はおろか複勝率まで上げてきているのは吉田豊騎手。

ここ最近は、かつて程勝てていないシーズンこそ続いていますが、昨年も中山競馬場で重賞を勝つなど決して存在感は無視できません。

今年も中山金杯を制しましたが、ペースがそこまで上がらない重賞レースでは強いと言う傾向は、やはり今年も健在です。

思えば昨年の中山牝馬ステークスは、どこかのダート重賞の方が早い勝ちタイムでした。

明け8歳になりながら坂路で自己ベストをたたき出すなど、肉体的にも精神的にもまだやれそうなところを、この中間も示しています。

昨年も前に不利になりやすいシャタリング作業後に開催された秋のオールカマーで4着に粘るなど、

苦しい競馬でも大きく崩れなかったのはプラス材料と考えます。

戦法がある意味自在に取れるクリールカイザーに、かつての主戦級だった「スローペースの鬼」とも言えるこの鞍上、

中山金杯に続く重賞タイトルを掻っ攫っていったとしても、決して不思議ではありません。

2017年のAJCCはこのように評価しました。

***(3つ星評価)

吉田豊騎手

騎乗馬:⑰クリールカイザー

2年ぶりの制覇へ体調も上向き、年齢を感じさせないメンタルの充実度があるのは心強い。苦手な条件だった中山金杯を制するなど、中山の重賞でなら成績をグイッと上げてくる鞍上が、2年前に主戦を下ろされたリベンジに燃えない訳が無い。中団~好位から抜け出す王道のレースで、ダラッと緩んだ流れを味方に付ける熟練の勝負勘に期待。

**(2つ星評価)

V.シュミノー騎手

騎乗馬:⑬リアファル

スローペースから瞬発力勝負でよーいドンは騎乗馬にとってかなり苦しいが、距離や力関係を考えてもこの鞍上がマイナスになるとは考えにくい。自分のペースに持ち込むととにかく粘れるし、フランス競馬界における池添謙一騎手的存在。逆転まであって良い。

*****************************
内田博幸騎手

騎乗馬:①ミライヘノツバサ

中山2200mで3戦3勝と言うコース相性抜群の騎乗馬と、戦法にマッチした豪腕と言う組み合わせが更なる可能性を期待させる。鞍上にとっても7年ぶりのAJCC制覇へまたと無いチャンスだが、12月に重賞を勝つと1月は勝てていないジンクスがだけネック。せめて2着までに入って来られるか。

*(1つ星評価)

戸崎圭太騎手

騎乗馬:⑩ゼーヴィント

重賞でもまずまずやれるところは示したが、セントライト記念組の上位がその後あまり奮っていない点や、前走の内容からレベルが上がる今回は試金石。スロースターター振りが発動しているような鞍上が勝ちきれないままなのも僅かに割り引かないといけない材料、流石に前売りが売れすぎている感。

*****************************

C.ルメール騎手

騎乗馬:④シングウィズジョイ

他の騎手が誰も飛ばしていかないレースなら見直せるが、少しでもペースが上がると脆さが同居するのが気掛かり。ようやくペースが上がってきた鞍上のリズムの良さはあっても、このコースでなかなか勝ちきれていないのも懸念材料。あくまでも相手までなら。

*****************************
蛯名正義騎手

騎乗馬:⑧タンタアレグリア

展開に左右される点はあるが、昨年は天皇賞・春でも4着に健闘するなど実績はこの中に入ってもヒケは取らない。騎乗馬が長期休み明けで、ここ3年では鞍上がかなり苦戦している2200m戦と言うのも割引材料。切れ味勝負に持ち込まれると分が悪くなる。

*****************************
以上、アメリカジョッキークラブカップの予想でした。

当ブログがお送りする無料メールマガジンの御案内

このレースの買い目と最終決断に関しては、キシュランガイド~騎手から予想するブログ~の無料メールマガジンで公開しております。

来週末の土曜も日曜も、中山・京都・中京の各場メインレースの予想を無料でお届けします。。
日曜は東海ステークス(中京)に加えて、AJCC(中山)と京都競馬場のメインレース予想についても、騎手データの攻略法をお伝えします。

ブログとメルマガで推奨する騎手が活躍中。レース展開を騎手のデータで読み解く。

これこそが、騎手買い。

先月の企画では10番人気の単勝が的中するなど、騎手データと騎乗の癖を研究して馬券戦略と結び付けられるよう、皆様にお届けしています。

メインレースを中心に、「騎手で買う」の実化(じつげ)へ挑戦する

無料メルマガ「キシュランガイド覆面調査」へ、騎手買いに挑戦するあなたの登録をお待ちしております。


〔PR〕3連単を少ない点数で、メインレースもバシッと当てる。驚愕の予想指数が登場しました!

こんにちは!長坂です!

競馬を長年やっていると毎週末が楽しみで仕方なくて、
当日になるとメインレースだけでなく平場のレースにも手をだしてしまいます。

みなさんはどうですか?当たってますか?

去年、ちょっとさすがに負け込んだので、予想サイトを初めて利用してみました。
しかし結果はダメ。さらに負けが増えました。

じゃあ次は、システムだ!指数予想だ!と意気込んだものの、
結果はダメ。指数予想といっても、うさんくさい予想提供で指数データはおまけレベル。

じゃあどうやったら勝てるんだよ。と色々調べていると、発見したのが「指数の情報をメインに扱うサイト」。
今まで、指数なんておまけレベルのサイトしかありませんでしたが、ここは指数に特化していました。
初めて見ました。全然、おまけなんかじゃねぇ。

会社情報を見てみると、

=============================================
サイト名) うまコラボ
公式サイト) http://www.collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3325
販売業者) オクリバント株式会社
運営責任) 北条 直人
電話番号)0120-003-190
メールアドレス)support@collabo-n.com
所在地) 福岡県福岡市早良区野芥四丁目18番15号
=============================================

問合せに電話したら、星川って女の子がでました。

この北条さんと星川さんが、うまコラボのサイト内でブログを書いているようですね。
暇な時みてると、相当時間が潰せてよかったです。面白かった。

話を戻しますが、このサイトは競馬サイトの様に「予想を提供する」のではなく、
簡単に言うと、4つのデータ(スピード指数、適正指数、統計データ、血統理論)を掛け合わせて、
毎週末、全競馬場の全レースの「勝つ馬の期待値」を割り出してくれます。
18頭立てだったら、もちろん18頭すべてに期待値を付けてくれます。

これはほんと楽。

今まで自分は血統と馬場状態をチェックして、パドックで自分なりの感覚で
走りそうな馬を見て予想をしてきました。でも、うまくいきませんでした。

これ
http://www.collabo-n.com/lp/opt/?ad_id=3327

このページをみて驚いたんですが、下の方に行くと、ほっぺたを赤くした北条さんがいて、
そのもう少し下にいくと赤字で「あなたには競馬指数を提供します。」とあります。
さらにもう少し下に、「馬柱とコラボ@指数」というのがあるのですが、
それが、うまコラボから提供される指数予想です。

「コラボ@指数」という数値が低いほど、「勝つ期待値の高い馬」になります。
あとで詳しく見て欲しいのですが、驚くような結果です。たぶん、人間にあの予想は無理です。

うまコラボの使用料金はというと、無料では数レースの指数が見れます。

いわゆる「お試し」ですね。
でも普通に当たってました。
基本的には有料なんですが、すごい事を4つ発見しました。

1つ目は、さっきから言っていますが、毎週末、全競馬場の全レースの指数が見れる。
2つ目は、指数だけでなく、買い目提供もしてくれる。これは有料のみでの特権でした。
3つ目は、1,980円しかかからない。一回でなく30日間使いまくって1,980円
4つ目は、的中率、単勝83.3%、複勝93.2%、ワイド81.9%、馬単58.3%、三連単37.2%

レースの情報量ありすぎだし、買い目まで教えてくれる。
普通この量を提供するなら軽く20万くらいは超えますよ。
月にどんだけ使っても1,980円しかかからない。的中率高すぎ。コスパ良すぎ。

30日間(約1ヶ月間)・・・1,980円

90日間(約3ヶ月間)・・・5,480円

180日間(約6ヶ月間)・・・9,980円

半年でも1万もかからないので、今までたったの数レースに5万も6万も情報料払ってた自分が、本当にアホらしく感じます。

指数予想派の長坂、この的中率には驚かされました。

きっとあなたも驚くはずです。

過去2年分の指数が全部チェックできたし、的中率が年々上がってるように思えます。

家で指加えてても的中率は上がらないし、神に頼んでも的中率は上がらない。
だったら2,000円くらいで神主さんにお払いされたと思って、試してみる手はアリでしょう!。

1ヶ月間、当てたい時に当たりまくる。あの体験をあなたにも!

指数予想派の長坂から、おすすめの情報をお知らせしました。それではまた!

スポンサーリンク

予想

Posted by 多幸


PAGE TOP